2010年10月02日

105円の愉しみ4:『地球を斬る』★佐藤優

みちくさ市で、あまりの安さに驚き、相方用に購入。




購入場所:みちくさ市 店舗名失念(すみません、第二会場の方) 購入額:50円

文庫が出ているから、この価格にしたのかなーとも思いましたが。
それにしても安っ・・・みちくさ市は、「処分目的」の地元の方もよく出店されるので、(渡辺くみ子事務所さんでは、文庫3冊100円なんて時もあるし)全体的に価格が下落傾向にあるような。

「眠い」だの「面倒臭い」だの、文句言いつつ店番をしてくれていた相方が、とても喜んでくれたので、良かった。お買い得でしたってことで、このコーナー(?)に挙げてみた。

私は読みません、たぶん。佐藤氏の『国家の罠』だかは面白かったけれど、政治分野に強くないし、専門用語を読み解くのに疲れるのだ。なんだか暗澹たる気分になるしね。
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 105円の愉しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

105円の愉しみ3:『江口寿史の爆発ディナーショー』★江口寿史

サンシャインブックオフは、105円単行本がほとんど200円になってしまい、足が遠のいていたのだけど。漫画は時々安売りをするので、懐かしさも手伝ってつい買ってしまう。




購入場所:ブックオフ池袋サンシャイン店  購入額:90円

『すすめ!パイレーツ』ジャンプ連載当時からファンだった江口さん。
今でも覚えている、どうでもいいシーンがたくさんありますが。
(M78星雲農作物なんとか会議の模様とか、九十九オーナーのタンツボとか、本宮ひろ志氏との仲良しバトルとか)

ジャンプ離れと共にすっかり遠い存在に。
久しぶりに手に取った「文庫作品集」だけど、これがまた面白かった!

理想の父、母、息子シリーズやわけわからん投稿漫画への突っ込みも面白かったけれど、何より「ねじ式」と「ハートカクテル」のミックスギャグ作品が可笑しくて可笑しくて・・・ちょうど前日に「ねじ式」を再読していたせいもあって、とにかく笑えた。

笑いは人を幸せにします。江口ギャグ、万歳!
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 105円の愉しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

105円の愉しみ2:『グールド魚類画帖』★リチャード・フラナガン

とりあえず、一回で終わらなくて良かったわーい(嬉しい顔)

先日行ったイベント「ふるほんばし」で見つけた一冊。




購入場所:ふるほんばし@深川 「本toちば」  購入額:100円

外国文学は余り読まない上に、厚みがあって重たい本なので、100円という安さにもかかわらず、少々迷いました。

でも、表紙とタイトルにとても惹かれて・・・店主さんがページをめくって、中に描かれた「魚のカラー画」を見せてくれたので、どうしても欲しくなってしまった。

内容的には「軽く読める」印象ではないので、しばらくは「ツンドク」でしょうが。
ぱらぱらめくって「魚の絵」を眺めるだけでもかなり満足。
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 105円の愉しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。