2009年06月02日

想い出本5☆『耳なし芳一』

先日、いかにビビリで「怖いのがダメか」を書きましたが。

たぶん、そうなった最初の要因は、2年生ぐらいで読んだこの話にある、と思う。




当時は青い鳥文庫はなかったけれど、小学校の図書室で、児童用の「日本の怪談集」みたいな本を借りて読んだのです。

子供の頃からビビリで、「夜中、図書室のモナリザの絵の目が動く」なんて噂を本当に怖がって、昼間でも絵を見ないように努力していたぐらいなのに。
叔父宅のどっぽんトイレや、昼でも暗い蔵なんかを真剣に怖がっていたのに。

なぜか、怪談関連の本は好きだったようで、外国の怪談集も含め、次々に借りて読んだ覚えがある。

そんな中でも、最高級に怖かったんだよね、これが。
だって、別に悪いことしてないのに、なんで耳ちぎられるのか???

四谷怪談とか雪女は、怖いけれど因果応報ぽい話で、自分が悪いことしたり、約束破らなければ大丈夫って思った。
ポーの黒猫だって、猫を殺さなければ良いのだと思った。

でも、芳一は、頼まれて琵琶を弾きにいっただけなのに・・・好奇心に負けたわけでも、お金につられたわけでもないのに、こんな目に遭うなんて酷いじゃないかって。
子供心に、琵琶法師にだけはなるまい、と思いましたさ。(<なれねーよ!)

今思えば。
亡霊、死者という謎めいた存在が怖いということ以上に、親切心が仇になることがあるってことを読み取って、怖かったのかも知れない。

無差別攻撃で、理由もなく自分が傷つけられることもある、なんてことを考えて、怖かったのかも知れない。
あと、即死できるわけじゃなく、耳をちぎられるなんていう酷い痛みに耐えねばならないってことも。

そんなわけで「トラウマになったじゃん、小泉八雲のばか〜!!」って思っていたのですが。
よく考えれば、自分で選んで読んだわけで、因果応報系なのでした。

でもって、松江に行った際には、いそいそと小泉八雲記念館に行ってしまった私です。

この頃の怪談ブームが一段落してからは、怖い系との触れ合い?は、もっぱら「うっかり漫画で」「うっかり映画で」で、本で読むことはなくなったような。

その内、「うっかり」の何かをまたご紹介するかもです。
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(8) | 想い出の本・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

想い出本4☆『戦争と平和』

本に限らずですが、想い出って、良い想い出ばかりとは限りません。

今回は、「何度かチャレンジしたが、毎回挫折した」という苦い想い出本。
でもって、いまだに完読できていない、古外人(西原さん談)の大作。



表紙で選んで新潮文庫版にしてみましたが、私が実際に手にしたのはどの版だったのか覚えていない。単行本だったと思うのだけど・・・それでも、2,3冊あったと思う。

最初のチャレンジは、中2の時。
児童書以外は和書ばかり読んでいた私に、「たまには外国の名作も読みなさいよ」と母。

学校の図書室で、どれにしようと迷った結果、「どうせなら分厚い本を」と背伸びしたのが失敗だったふらふら

しかも、ロシア文学を選んでしまったせいで、長い名前につっかかり、人物関係がわからなくなるという挫折も経験。
でもって、100ページぐらいで「もうダメだ、おもろない、これ以上無理」と放り出した。

これが、たぶん、生まれて初めての「読書挫折体験」

おかげで、それ以来「外国文学は苦手」という意識が染み付いてしまい・・・いまだに拭いきれず。
だから、いわゆる世界の名作も、翻訳の多いミステリやSFも、ほとんど読んでいない。(少年少女版は別)

その後、何度かチャレンジしたものの、やっぱり途中で投げ出したので、この本と私の相性は最悪なのかも。
母には「最初の方は我慢して読むの。段々面白くなるんだから。」と言われたけれど、短気なもんで、我慢できねーexclamation×2

何故この時、せめて英・米文学を選ばなかったのか、もうちょっと短めの本を選ばなかったのか?

気を取り直して、他の名作古典にチャレンジしてみれば良かったのだけど、結局しないまま今日に至る。

でもって、いまだに、なかなか翻訳本に手が出ず、和書中心の読書生活です。
いわば「つまづきの石本」としての想い出本なのでした。

いつか読めるかなあ・・・一生読めないかもな。
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(5) | 想い出の本・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

想い出本3☆『アストロ球団』

想い出本の3回目は、初めて自分のお小遣いで買った漫画本。

『アストロ球団』

我が家は、基本的に漫画禁止だったので、こっそり従弟の週刊少年ジャンプを読ませてもらっていました。

これは、当時ジャンプで連載していた超人野球漫画。
今ではすっかり興味なしですが、当時は野球も好きだったから、すごく興奮した。
私が最初に嵌って、ジャンプコミックスに開眼した記念すべき漫画。
これのおかげで、少女マンガの方を置き去りにしてしまったのだ。

全部集めた、と、思う。
途中から買い始めたし、全部新刊を買えるほどのお小遣いはなかったので。
もしかすると、最初に古本屋で自分で買った本(漫画)でもあるかな?

球一から球九郎まで9人が、発見されたり、ライバルとして登場して試合をしたりしながら、段々と集まって一つの球団になっていくのだけど、いやあ、キャラも濃かったし、内容も凄かったな〜。

今思ったけれど、なんだ、子供の頃から「ありえねー!」系が好きだったんじゃないか、自分。
チャウ・シンチー『少林サッカー』『カンフー・ハッスル』のような「ありえねー!」系映画が大好物なのです)

でもって、一番お気に入りのキャラが、球七だったんだけど、脇役で小柄なのね。

脇役といっても、主人公の球一の次ぐらいってんでもなくて、微妙に薄い・・・9人の中では、6,7番目ぐらいの薄さって感じの脇役。

子供の頃から、微妙な脇役スキーで(たとえば、ゴレンジャーなら「ミドレンジャーが好き」)、小柄な男性が好きだったのか。

その昔、3高って言葉がありました。
女性が男性を選ぶ基準で、「給料・背・学歴が高い」ということ。

給料は意義なし。学歴もわからなくはないけれど、「え?なんで?背が高かったら(見下ろされて)怖いじゃん」と思っていました。
実際、背の高い人とおつきあいすると、視線が上から来るので、なんか落ち着かなかったなあ。

映画や舞台で見れば、そりゃあ上背がある俳優さんはカッコイイけれど、日常的に接する相手は、背が低い(同じぐらい)の人の方がなんかホッとします。

これって、もしかして、球七さん刷り込み・・・?

そういえば、すごい髪型の男性も好きかも・・・(球七の髪型は「ありえね」かった)

ああ、なんか久々にすんごく読みたくなってきた・・・大人買いしちゃったらどうしよう。


アストロ球団 (第1巻)
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(8) | 想い出の本・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。