2014年04月25日

4月27日、BOOKDAY富山一箱古本市に委託出店します

猫の古本市が終了し、名古屋・岐阜旅から帰って、ホッと一息ついたところで、風邪をひきました。
旅猫さんに言われるまでもなく「きょ、虚弱・・・」ええ、低体温なもので。

そういえば、昨年もこの時期に風邪をひき、昨年のしのばず一箱出店中に声が出なくなるという事態に陥ったのでした。

いくつかの予定をキャンセルor延期させていただき、何とか復活。
今日は必死に箱詰め作業。
今年は、しのばず一箱古本市には出店しないのですが、27日(日)開催のBOOKDAY富山に一箱出品することに。

昨年は6月開催で、ますく堂さんと夜行バスで富山に行ったっけなあーああ、富山、懐かしい、行きたい、箱だけでも・・・とか言ってみたら、今年から(たぶん)実行委員に加わった、古本ユニットriccaのお一人、Mさんが「私が箱の面倒見るから、委託でも良いよ。」と言ってくださったのです。

そんなわけで、今回の出店と相成りました。Mさんに感謝猫
残念ながら 遠隔操作 委託出品ですので、本人はおりません。
あしからずご了承下さい。

富山の皆様、この時期富山に行かれる皆様、他にも面白そうなイベントてんこ盛りのBOOKDAY富山ですが、一箱古本市も覗いてやって下さいまし。
どうぞよろしくお願いします。
牧野氏の絵画教室、行きたかったなあ。しのばずでやってくれないかしら・・・。

詳しくは公式サイトへ >>> BOOKDAYとやま

あ、今、「看板入れ忘れた」ことに気づきました。
えーと・・・まあ、riccaさんの本みたいな顔しててくれた方が売れそうな気もするからいっか。
スリップには「駄々猫舎」マークがありますので、価格と一緒にチェックしてみて下さい。


posted by 駄々猫 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

4月6日は 池袋みらい館大明一箱古本市(さくらまつり同時開催)

池袋のみらい館大明で、初めて開かれる一箱古本市、4月6日(日)開催です!

時間:11:00〜16:00 雨天の場合は、屋内での開催になります

古本市開催は初めてで、募集も告知もネット上ではあまりされていないようですが。
まったくの外部からの人はともかく、敷地内にブックカフェがあって、普段からイベントやワークショップが開催されているので、ご近所の本好きな方たちがいらっしゃるはず。

さくらまつりと同時開催で、屋台やら、パフォーマンスやら、ワークショップやらありますし、天気さえ良ければ人出は多そうです。

個別の出店場所は当日決められるようですが、みらい館の敷地内ですし、その中でも点在型ではなく、「一箱古本市エリア」が決まっているようなので、見渡せばわかるでしょう。

出店者紹介が見当たらないのですが、私が把握しているだけで、ますく堂さん、幻影文庫さん、レインボーブックスさん、ひつじ図書さん、先日コメントを入れてくださった QueenlyReelさん、屋号がわからないのですが、しのばず助っ人&店主のSさんなどが出店予定。

駄々猫は「駄々猫舎」ではなく「ゆず猫舎」として出店します。
盟友、ゆず虎嘯のNさんとのコラボです。今回、Kさんはお休みです。

元祖しのばず系の「一箱古本市」で、マニュアルには、一箱の大きさが明記されていましたが。
一店舗に与えられるブースの大きさは1.5×1.5と広めで、本を入れた箱以外のスペースで、雑貨や手作り品を販売しても良いとのこと。

この際、本はNさんにお任せして、雑貨・フリマ担当としてパパグッズだのチャームだのを販売しようかと思っております。(現時点で何の準備もしていないという・・・あああ)

相変わらず配布物があるため、陣地にいないこともあるでしょうが、まあ、みらい館大明の敷地から出ることはないでしょうから、駄々猫に御用の方は、携帯メールか電話でご連絡下さい。
(ツイッター、FBメッセは見られません)

さくらまつりの詳細は >>> コチラ

晴れますように!!

posted by 駄々猫 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

3月23日は第24回 鬼子母神通りみちくさ市!

今年初の鬼子母神通りみちくさ市、3月23日(日)開催です!

時間:11:00〜16:00 雨天延期ですが、大丈夫そうですね。

駄々猫舎の出店場所> 3.渡辺事務所横 

出店者一覧とアピール文、場所の写真は >>> コチラ

都電の鬼子母神前駅から目白通りに向う通りの左側です。
ここ何回かはずっと、都電の線路を挟んで反対側に出店していました。
ちょっと飽きたので(<嘘)、初めての場所を希望してみました。

古本猛者エリアなので、今回、絵本、チャーム、シールは「なし」です。
雑貨類は少々ありますが、古本がメインで、やや渋め。
現在、物置一号を掃除中なので、上の方の箱や袋から出してきた本たち中心。
お父さんの靴下は・・・みらい館のお楽しみに取っておきます。

そして、相変わらず「チラシ配布」に忙しい駄々猫のために、サポーターズを招聘。
みちくさ市常連出店者でもある、雑司ヶ谷つーしんさんと、ポエカフェ仲間のM氏です。

なるべく陣地にいようとは思っておりますが、12時〜14時半ぐらいまでは出たり入ったりになるかと。
駄々猫に御用の方は、携帯メールか電話でご連絡下さい。

(ツイッター、FBメッセは見られません)

お隣では、渡辺事務所の皆様が、毎回、激安本と服や食器の販売をされています。
私もよく、ちょっと古めの時代物文庫本を購入しています。
よくよく眺めると、社会派系もかなり多いので、そういう方面がお好きな方は是非。

そして、ジモトワカゾー野菜市、トークショー、ブング展&ワークショップ、手創り市も同日開催。
ゆっくり廻っていたら、半日コースですね。

みちくさ市の全貌は >>> コチラ

*****   *****   *****

今回のみちくさ市も、常連さん多めですが、みちくさ市デビューというか、お客さんから古本市デビューを果たす「古書 眠りこんだ冬」さんをご紹介します。

出店場所 > 5.キク薬局前

アピール文 > 初めての出店です。今まで読んできた本を並べます。エッセイなどが多いと思います。みちくさ市へはずっと前から来ていて、馴染みがあるので、楽しみです。

高校生の頃から、静かな佇まいと品のある所作で、みちくさ市店主間で話題になっていたM君。
私も参加している、pippoさんのポエトリーカフェの常連さんでもあります。
息子のような年頃なのに、(文芸という偏りがあるとはいえ)あまりの博識ぶりに、いつも驚かされています。
「見た目は大学生だけど、中身は(知識の蓄積がされているという意味で)50代ぐらいなのでは? 実は、お父さんと入れ替わっちゃったとか(『秘密』(東野圭吾)か!)」と思うこともあるぐらい。

大学生になり、アルバイトも始め、スナックますく堂にも参戦し、満を持しての(?)出店です。
値付けについて聞かれたので「皆、M君価格で買うから、強気で大丈夫だよ」と助言しました。
皆さん、年若い真面目な学生さんの本を値切るなんてことは決してしないで下さいね。

また、同じキク薬局前に出店される「紫哲文庫」さんですが、どうも聞き覚えがあり、調べてみました。
そうそう被る店名でもないので、ひょっとして広島一箱に出店されていた方?
広島でご挨拶したか覚えていませんが、「東京での再会」であれば嬉しいです。
広島一箱の時は、渋めの箱だったと記憶しています。

とういわけで、サポーター到着次第、私はまず、キク薬局前に走ります。(野菜も買いたいのだけれど、ちゅうた便が使えないからな・・・)

持ち帰り荷物を減らして野菜を買いたいので、たぶん、14時半ぐらいから割引セールを開始するかと。
早い時間の来店はもちろん大歓迎ですし、欲しい本が手に入る率は高いと思いますが、トークの後にもまた覗いていただければと思います。
posted by 駄々猫 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。