2014年06月07日

6月8日は ブックカーニバル in カマクラ

お天気が心配ですが、ブックカーニバル in カマクラ、明日、6月8日(日)開催です!

時間:10:00〜16:00  室内なので、雨でも開催

駄々猫舎の出店場所> 由比ガ浜公会堂 (鎌倉駅から歩いて8分ぐらい) 

ブックカーニバル in カマクラの公式サイトは >>> コチラ

*****   *****   *****

昨年、モンドブックスさんに誘っていただいて出店し、とても楽しく充実していたので、今年も出店することにしました。(昨年のレポート→

川口一箱の後、己のダメさ加減に激しく凹みましてふらふら
脳内会議の結果、エースおよび大型新人投入に踏み切りました。
うららさんのお友達、まいてぃまうすさんから「手放し力」を注入していただいたからかも!?

自力で持っていくには限度があるので、ベンチ入り数も絞込み。
並び、相性も考えつつ「本関係」と「飲食関係」を中心に組み立てました。
猫毛まつり宣伝もするので、福猫袋含め、猫本も10冊配置。
昨年、惨敗したけれど、しつこく「鎌倉関係」も。(ふっ・・・また惨敗かも知れんがなたらーっ(汗)

野球にたとえてしまうのは、野球好きというより「アストロ」のせい・・・。

エース>値下がりしていない「大人の本棚」、今年2月刊行の『書物愛』(署名入)、等
大型新人>昨年〜今年購入したもの、鎌倉の有名カフェH氏の本、京都の有名書店H氏の本、読み終えたばかの文藝コミック、等

更に、久しぶりに布など持ち出し、ディスプレイのリハーサル

1406鎌倉準備1.jpg

これでも「多い」ですが、相当絞り込んでいるのです。
当初「候補」に選んだ本の1/3・・・ったく、どんだけあるのか。

昨年、数冊持っていった絵本が完売したのですが、今年は販売される方が多いようですし、思い切って外しました。
更に、重さやバランスを考えつつ、フランス、コーヒー、アート、自然、民俗を外し。
ただ、あまりカッチリとテーマ絞りにしてしまうのはツマラナイので、文庫で少し遊んでいます。

1406鎌倉準備4.jpg

雑貨類も、ブックカバー少々と、紙関係に絞込み。
「コケーシカ」さんを意識して、こけし(友人依頼品)とマトちゃんを「店員」的に配置

マステのストックがありすぎるので、「マステくじ」も作ってみました。
ゲームっぽいものもあると楽しいかなーとるんるん

それから、ずっと前に、しましまさんに依頼して作っていただいた、京都の喫茶店、六曜社のオリジナルペーパーのラミネート栞(ペラペラじゃないので、長く使えます)も発掘。

む、ドーナッツ柄の部分がある・・・1/6ドーナッツさん、来ないかな。
コーヒー豆柄の部分もあるな・・・ナインブックス&コーヒーさん、来ないかな。
マッチ柄の部分も・・・ひつじ図書さん・・・知り合いに売りつけてどうする!

ここまで気合入れたのは、えーと・・・昨年の西荻以来? (遠い目)
忘日舎さま、鎌倉には来ないでしょうが、「駄々猫の本気の箱」(パターン1)でございますよ。全部「読了」しております、はい。(<かなり忘れてますが)
(パターン2)は、9月のみちくさ市で・・・たぶん。

今回は、「どんな方がこの本を手にされるか」がとても気になるラインナップなので、なるべく陣地にいようと思っております。ランチ抜けもしないように、お弁当も頼みました。
が、長谷会場に知人が出店しているので、挨拶には行きたい。

スタジオワタリのコーヒーは諦めて、一時間ぐらいで済ませようと思っております。
サポーターはおりませんが、モンドブックスさんが3人参加ということで、助けていただけるはず。

駄々猫に御用の方は、できれは事前に、携帯メールか電話でご連絡下さい。
(ツイッター、FBメッセはなかなか見ません)

心配なのはお天気ですが、今日中に降り終えてくれないかなあ。
自宅を出る時間帯に雨が降っていたら、「濡らしたくない」ので、持ち込む本の冊数を減らすかも知れません。
その場合、エースを置いていくことになりますが(元値が高い美品ゆえ)、あしからずご了承下さい。


*****   *****   *****

ブックカーニバル in カマクラ は、古本市以外にも多くのイベントを開催しています。

本談会は人数限定で予約制ですが、おはなし会や展示など、気軽に参加、見学できるものも。
スタンプラリーに参加すると、可愛い柄のオリジナルエコバッグがもらえますぴかぴか(新しい)

1406鎌倉準備6.jpg

クラウドファンディングに参加したので、1枚、送っていただきました。
写真の新書は、大きさの目安に。(読んでいる、にゃう)

柄と色違いで8種類?あるみたいで、紺色柄違いが欲しいけれど、たぶん、ラリー参加は難しい。
昨年は、14時過ぎには「なくなっていた」ので、欲しい方はお早めに。

では、皆様、8日は「いざ、鎌倉!」
雨でもお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願いします。


posted by 駄々猫 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

2014年6月〜の古本フリマ・古本市(一箱古本市含)スケジュール

6月になったので、開催情報まとめも更新。

7月のイベント予定も入ってきています。「夏と冬は、古本市ない」というのは昔の話? 皆様、情報は積極的にお寄せいただきたく、お願い致します猫
もっとも、私、夏に弱くて、暑いと引きこもりになってしまい、PCに向かう時間も短くなるので、更新もままならないかもですが。

2014年6月〜の古本フリマ・古本市(一箱古本市含)の開催情報まとめ。
この記事は、新情報が入り次第、追加編集します。

公式サイトや、情報が多く載っている主催者ページに★リンクをかけておきますが、ツイッターでつぶやかれただけでブログ記事は古いまま、FBページだけ先に更新ということもあります。
また、予定変更もあるかと思いますので、正確な情報は主催者さんに直接お問い合わせ下さい。
定期的に★ページを見ていただければ、募集開始時などに更新されていくはずです。

サイト、ブログ、Twitter、FaceBookなど、私のわかる範囲で情報を拾いましたが、拾いきれないイベントもあると思います。
主催者さんはじめ、各地での古本市系のイベント開催をご存知の方、関わっておられる方、いらっしゃいましたら、コメント、メール、DM、FBメッセなどで教えていただければ助かります。

また、日程が決まっていても、諸々の理由で「まだ発表できない」場合もあります。
そのイベントに関しては、発表される場(サイト、ブログ他)のリンクだけにしておき、「OK」になってから、編集します。

店舗内で開催される、長期型委託系古本市も増加していますが、ここでは「素人も参加できるタイプの、基本的には対面販売型で、1〜3日以内開催の古本フリマ・古本市(一箱古本市含)」だけを載せています。

レジ当番方式だったり、半数以上はプロだったり、本と雑貨が半々だったり、飲食も混じっていたり、大きなイベントの一部だったり、5箱ぐらいまでOKだったりしますが、規模も含め、その辺はあまり問いません。
最近は、ブクブク交換やビブリオバトル、トークショーなどと一緒に開催されることも多いようです。

*****   *****   *****

<6月〜の一箱古本市開催情報>

■6月■

6/1(日) ・京終まほろばステーション一箱ふるほん+あるふぁ市(奈良) > 

6/1(日) ・ホンツヅキ一箱古本市(三重) > 

6/8(日) ・ブックカーニバル in カマクラ(神奈川) > 

6/8(日) ・一箱古本市 in 現代市(新潟) > 

6/15(日) ・金沢一箱古本市@よこっちょ(石川) > 

6/21(土)・しまもと・夏至の一箱古本市(大阪) > 

6/22(日) 同上

6/22(日) ・古本波止場@大磯市(おおいそいち)(神奈川) > 

6/28(土) ・book book sendai一箱古本市(宮城) > 

6/28(土) ・七曲り古本市(山形) > 

6/29(日) ・book book Okitama一箱古本市(山形) > 

6/29(日) ・小田原ブックマーケット(神奈川) > 

6/29(日) ・大門玉手箱(奈良) > 


■7月■

7/6(日) ・白石一箱古本市(竹林嘉子版画展開催委支援)(宮城) > 

7/20(日) ・一箱古本市を大村で(長崎) > 

7/20(日) ・とれたて古本朝市@池袋三丁目商店街スイカ割りイベント(東京) > 

 ・詳細不明ですが、ますく堂さんに聞けば良いようです。

7/26(土) ・第3回石巻一箱古本市(宮城) > 

7/27(日) ・しょうない一箱古本市 (山形) > 

 ・庄内には大切な友人が複数おりまして、プライベート旅行に何度も行っているのですが。(そういえば、夏も行ったな、加茂水族館でくらげアイス食べたっけ)
今年の夏は「無理!」です、残念ながら。一回で終わらないことを願います。


夏開催は東北地方が多いの、わかる気もしますが、暑くないわけじゃないのに・・・元気ですねえ。
小さな規模も含めてとはいえ、山形が急激に増加。
数をこなす虹の人(まるしーますく堂さん)や、東北一箱制覇中のバッタリ君は大忙しなのではなかろうか。


<その他の開催予定>

 現時点で情報なし


*****   *****   *****

ほぼ毎週、どこかで開催されているような状況ですが、これからもっと増えるかも知れません。
引き続き、情報募集中です。

繰り返しになりますが、この記事だけを見て、航空券の予約などされるのはお止め下さい。
雨天中止や延期の場合もありますし、責任を持てません。
必ず、事前に主催者情報(一次情報)を確認の上、出店申込みをする、遊びに行く、などして下さいね。

あと、主催者さん、読んでないかもですが。
小規模開催などで、あまり広める気がないならわかりますが。
イベントを大きくしていきたいとか、少しでも集客を増やしたいのであれば、できればサイト(Jimdoとか簡単です)せめてブログを作成していただきたいです。

「フェイスブックだけ」とか「ツイッターだけ」の情報公開は、オープンなようであって、まったくオープンじゃないです。「登録していなくても見られる」設定であっても、検索に引っかからないし。
そもそもSNSは「自分と周囲のお友達(またはファン)」だけのためのもので「公」ではありません。

自分が利用していると忘れがちだし、ユーザー数を見ると、誰もが利用しているように思えますが、それは間違った感覚です。
情報発信をする立場の方は、「やっていない」人のことも頭に入れておくべきでは?
もちろん、ネットだって「やっていない」人は大勢いるので、「チラシ」や「DM」、可能であれば「新聞広告」「地域フリペに載せてもらう」等々も大切でしょう。

だいたい皆さん「手弁当」での開催で、それぞれ忙しい中で時間をやりくりしておられることと思います。
なので、「できる範囲で」は当然ですが、どうもここのところ、フェイスブックのイベントページやツイッターでしか情報開示(または更新)されていないことが増えてきたようなので、苦言を呈してみました。

最初から、あれもこれもは難しいでしょうし、立ち上げ時期は特に「周囲の人を巻き込む」ことが大切でもあるので、FBやTWで「仲間だけで盛り上がる」のも有効だと思いますが。

SNSはいわば、常連さんの居心地が良い、喫茶店や飲み屋のようなもの。
一見客(外側にいる人)は入りにくいということも、追々考えていただければと思います。


posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

第2回川口一箱古本市★参加レポート(後編)

第2回川口一箱古本市の参加レポート、後編=お客編です。
繋がっているので、未読の方は、前編=出店者編(→)からお読み下さい。

●お客としての雑感●

・自分の荷物が重たくて「増やしたくない」気持ちが強く、私にしては数多く買えずに悔しかった
・あまり古本市に出てこない、私の好物(いまどき本、ビジネス本、いまどきコミック)が結構あったのに・・・翌日になって激しく後悔

・お店によって、価格設定に結構差があって面白かった。強気の方もいれば、安すぎでしょって方もいた
・昨年出店された店主さんたちと「一年ぶりですね〜」と再会を喜び合えて嬉しかった
・めちゃ混みではなかったので、店主さんたちと比較的ゆっくり話せた

332-2.jpg

「安行キチゾウ」のお二人(後から一人増えた)がかぶっていた「派手派手アフロかつら」をかぶらせてもらって、おしゃべりして楽しかった。「私たちは見た目だけ」「アンチソーシャル」等々、次々に名言が飛び出す。本を見るのは忘れたが・・・

・ディスプレイが素敵なお店が多かった、参考に写真を撮らせていただくが、いつになったらそれを生かせるのか・・・物量問題がある限り難しいと思った

339.JPG

南陀楼賞の「NINE BOOKS & COFFEE」さん

343.JPG

冊数的に真似できませんが、私の理想「yohakubooks」さん

345.JPG

冊数があっても、綺麗に分けられていて見やすかった「無聊ブックス」さん

338.JPG

箱でアピールするのも良いなと思った、実行委員の店「メディアセブンこ」さん

・フリペは少なく、フリペスキーとしては淋しかったが、「ハコノモリ堂」さんの立派な印刷の俳句フリペがいただけて嬉しい
・一人店主で「開店休業状態」というか、「お店の人はどこへ?」ってなブースもあった。私は、地元民ではないから、実行委員にはなれないが、「当日、店番代わるだけの助っ人」ならできるかも

・やっぱり、出店者に地元の人が多いって良いなーと思う、「よそから来た人」ばかりだと、地域カラーが出ないんじゃないか
・自分があっちこっち出ていて何だけど、一年に一回か二回、「地元にしか出ない」店主さんもいてくれた方が、お客としては楽しい

・猫屋号ハンターとして、「キジトラの事務所」さんをハント。猫屋号店主がいて嬉しいにゃ猫
・なぜか、何人もの店主さんに「しのばずにも出てくださいよ」とか「みちくさ市も良いですよ」などと言い、勝手に広報活動



358.JPG

戦利品

いつもと違い、珍しく少ない一般購入者レベルなので、紹介してみる

『猫ピッチャー』 キジトラの事務所さんより
猫屋号ハントしながら購入。その場で読んだ、可愛くて面白かった。
『猫ラーメン』も結構好きだったっけ

『東京風景印散歩365日』 うらら屋さんより
私が風景印を集めだしたことを知っているうららさんが、持ってきてくれた
図書館で長く借りていたが、良心的価格だったので購入

『40代、職業・ロックミュージシャン』 河馬書房さんより
大槻ケンヂの文章が好き。古本市で読んでない本を見つければ、だいたい買う。
割とすぐ手放すのだが、古本市では正直売れにくい。

『存在と時間 上』 無聊ブックスさんより
「上だけなんで、50円」「だいたい、上を読んで、下はいいや、と思う人多いですよね。だから、だいたい上の方が出回っていますよね」「読んでいいなと思ったら、下を買うって感じでどうでしょう?」 という、店主の素晴らしいトークに負けました。これ、版違いで、探せばあるんだけどね、たぶん。

「W.W.W.」 にがうり文庫さんより
好物の「私の知らない小冊子(zine)」だったので。渡辺啓助、渡辺温、渡辺濟兄弟について、渡辺東氏がまとめ、ギャラリーオキュルスが発行。渡辺兄弟のファン、昔の探偵小説好きなら嬉しい内容かと。タコシェさんで売っているようです。オマケのにがうり栞も嬉しい。

ミニブック(豆本)的なもの にがうり文庫さん、すみれ堂さんより
安かった・・・少難ありとはいえ、安かった・・・早速活用させていただきます、ありがたや、ありがたや。


え、これだけ? まじで? どうしちゃったの、駄々猫?
だから、重たかったんですよ、荷物が! 減らないし。
実は、盛岡一箱、みちくさ市でも、あまり買えませんでした。
少しずつ「モノを減らしている」からかも知れません。

そういえば、懇親会で、忘日舎さんから「駄々猫さんの本気の一箱はいつ見られるんですか?」と聞かれました。
間に合えば、鎌倉で。まあ、本気といっても、しょせん雑食読みですし、高額本の収集癖もないので、たいしたことはないのですが(笑)

posted by 駄々猫 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。