2013年06月07日

ブックカーニバルin鎌倉、9日開催!

ブックカーニバルin鎌倉、明後日9日(日)開催です!
天気は大丈夫そうですが、雨天でも屋内なので「決行」です。

詳しくは >>> コチラ

駄々猫は、第一会場、由比ガ浜公会堂に、どんぐり書房さんと一緒に出店します。
が。
あまりにも魅力的なイベントが多々あり、あまりにも覗きたい出店者さんが第二会場に集中しているため、手が空き次第、脱走するでしょう。
駄々猫に確実に会いたい方は(いるのか?)、開始直後(10時)か14時頃を目指していらして下さい。

今回の出品は「雑多箱脱出!」するは予定が、現在、選書に悩み中。
売れるとしたら鎌倉だろうという洋書や、アート系の本を選んでみたのだが、重いんだよね・・・。
内容的には、アートと女子系古本、鮭ロック手拭い、ポストカード、雑貨少々、です。

先ほど入った情報によりますと、更に魅惑的なイベントが。
阿佐ヶ谷の料理書専門古本屋onakasuitaさんが、食堂コバカバさん前で、古本と雑貨フリマをするそうです!
うぉ〜行きたい〜ついでにランチしたい〜。
川口一箱でも、自分の場所にいたのは正味2時間ぐらいでしたが、鎌倉も危ういな。
まあ、鎌倉では「店番代行」はしないと思いますが。

ついでに。8日(土)は、七星文庫さんが出店する西荻一箱古本市があります。
SF娘が「写真」テーマで勝負をかけるそうですよ〜面白そう。

残念ながら、私は、しのばずのミスター鉄=I氏引率のもと、大人の遠足で鉄道博物館へ参りますので、西荻には行けませんが。
8、9日と高円寺の古書会館で「均一祭」も開催されますし、中央線沿線の方は古本ハシゴも可能ですね。

詳しくは >>> コチラ

*****   *****   *****

<読んだ本>



夢屋エレジーさんのお薦め本を図書館で借りた。
児童書なので、難しい漢字に戸惑うこともなく、わかりやすい文章でさーっと読めた。
連作短編集で、クリーニング屋のももやまさんと店にやってくるお客さん(人とは限らない)とのやりとりを中心に、温かみのあるファンタジーが展開する。
飄々としているようで、熱い想いも抱いている、ももやまさんの佇まいが好ましい。
その感じを裏切るというか、最後の一篇で「え?」という展開になるところもニクイ。
「いえで」というタイトルの一篇が、特に気に入りました。
金色のまるいものと銀色のまるいものが、私のコートのポケットにも入っていると良いな。


posted by 駄々猫 at 21:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 駄々猫舎ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

第19回、鬼子母神みちくさ市に参加します

やっぱりギリギリ告知になりました。
どうも、後手後手ですみませぬもうやだ〜(悲しい顔)

第19回、鬼子母神通りみちくさ市に参加します!
一人出店は一年ぶり、みちくさ市自体は、夏に雑司ヶ谷つーしんさんとご一緒して以来です。

★第19回、鬼子母神通りみちくさ市★

日時 :3月16日(土)、17日(日) 11:00〜16:00

駄々猫舎は17日(日)のみの出店ですが、16日も開催しています。
わめぞのプロ店主さんたちの棚もありますし、ゲストの蟲文庫さんも出店されますし、トークあり、ブングテンあり、近隣イベントも同時開催という盛りだくさんな感じ。

2日間まるまる楽しめますよ!
16日には、副都心線が東急東横線に乗り入れ、渋谷を越えて横浜まで繋がります。
神奈川方面の方のご来場もお待ちしております。

詳しくは >>> コチラ

さて、駄々猫舎の出品内容ですが。

昨年同様、ごちゃ混ぜ状態になりそうです。
古本フリマの「フリマ」部分が大きい、かな?

本たちも、「このジャンル中心」というものがなく、「持てるだけ持ってきました」状態かと。
価格も、ちょい高め本もあれば、50円本もあります。

手づくり市が同時開催なので、昨年好評だった、チャーム2個100円を、今回も出させていただきます。
(あれからあまり減っていない)

ちょっと弱っていますので、いつもの元気や大声はないかと思いますが、お時間ある方、遊びにいらしていただければ嬉しいです。

*****     *****     *****

出店はしていませんが、深川での本関連イベントをご紹介。

★第3回 ふるほんばし★

13日から、深川いっぷくでの一箱古本市が始まっています。
近隣の古書店やアートスペース、カフェなども巻き込んでのイベントで、3月末まで、お店の前に一箱が出ていたり、ビブリオバトルがあったり、その他色々な企画が開催されます。

詳しくは、深川いっぷくさんのブログをご覧下さい >>> コチラ

いっぷくさんでの一箱古本市に、早速行ってきましたが、箱数も多く、ジャンルも多岐に渡っていて面白かったですよ〜。17日までです。

みちくさ市の駄々猫舎ブースにて、「ふるほんばし」チラシを配布しますので、入り用の方はお声かけ下さい。周辺地図がついているので、会期後にも利用できます!

※この記事は拡散希望です。ご自身のサイトやブログでの紹介、リンク歓迎します。
はてなブクマ、ツィッター、フェイスブックで応援してくださる方は、↓のボタンからお願いします。



posted by 駄々猫 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄々猫舎ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

石英書房市にてお店番&旅の報告トークのお知らせ

ご報告が遅くなりましたが、9泊10日の長旅より帰還しました。
旅の間お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

あれからもう一週間か・・・年末に近づくにつれ、時の流れがより早く感じられるなあ。
予想通り、メールがすごいことになっていたり、色々と「ああ、すみません」なことも多く、「今日しかない」ことも多く、相変わらずバタバタと過ごしております。

ブログでの報告はいつになるかわかりませんが(松山もまだだし)、とりあえずは石英書房店番デーに「しゃべる」ことにしました。

日時:11月28日(水) 16時頃〜 1時間半ぐらい
場所:石英書房さん(田端)
話し相手:やまがら文庫さん(しのばず一箱実行委員)


一人でダラダラしゃべっても1時間はしゃべれそうだな〜と思いつつ、軌道修正ができずに世間話に終始する可能性もあるので、質問役というか、お相手をしていただく方をお願いした次第。

やまがら文庫さんのブログ記事は >>> コチラ

今回の旅は、甥っ子に会うとか、趣味の「お城訪問」なども重要案件で、古本や本だけに的を絞った旅ではありませんでしたが、このトークでは、本関係の話をしようと思います。

●今回の旅における、本関係のあれこれ●

・呉駅の新刊書店内にある、神鳥書店出張古書コーナーを訪問
・呉の一箱古本市に出店
・別府の一箱古本市にお客として参加
・博多のジュンク堂で「ブックオカ限定ブックカバー」やブックオカ冊子をゲット
・熊本のまるぶん金龍堂(熊本一箱開催地)、長崎書店(いずれも新刊書店)を訪問
・鹿児島文学館(黒田三郎展)を訪問
・鹿児島のつばめ文庫(古書店)を訪問
・ゼンリン資料館、松本清澄記念館、北九州市文学館(北九州の職場雑誌展)を訪問
・福山文学館を訪問
・広島の古書店>アカデミイ書店、ぶんろ、景雲堂書店(古本オーロラ)を訪問
・ブックス広島一箱古本市に参加(手伝い&出品)

本関係だけでも、結構盛りだくさんでしたな・・・未報告の、9月の松山(一箱参加、古書店2店訪問)についても語るかも知れません。

日本全国、あちこちの一箱古本市に一番足を運んでいるのは、もちろん、ミスター一箱、南陀楼綾繁氏に相違ありませんが、私もそれなりに遊びに行っています。
とはいえ、半分以上は未踏なので「地方の一箱は〜」なんて語るつもりはありませんが。
ゲストになることも多く、いわば「公人」である南陀楼氏とは異なる視点で、「一出店者」「一般客」として経験した「あちこちの一箱古本市」に関して話せれば良いな〜なんて思っています。

それから、この時間帯でなくても、28日にご来店の皆様には、お土産として「旅で集めまくったフリーペーパー」を差し上げます。(先着順1部ずつ)

004.JPG

005.JPG

006.JPG

007.JPG

興味ない方はスルーしていただいて結構ですが、古本好きな方や小冊子好きな方なら「お、いいな」と思うものがあるんじゃないかなと。
無料ですが、「その地域」に行かないと手に入らないものもあるし、期間限定的なものもあり、欲しいと思ってもすぐに手に入るとは限らないのがフリーペーパーというもの。

収集にご協力いただいた、くれ一箱古本市の皆様、鹿児島のつばめ文庫さんに特に感謝します。


また、トークの間につまむ用「ご当地スナック」(甘くない系)を用意しましたので、そちらもお楽しみに!
飲み物の準備はありませんので、飲料はご自分で用意下さい。(古書店ですので、地震などの際にもこぼれにくい形状推奨)

平日の夕方ですので、なかなか参加しづらいとは思いますが、皆様のお越しをお待ちしております。
また、営業・店番は20時までしておりますので(余ればお菓子配布も)、お仕事帰りにでもお立ち寄りいただければ幸いです。

posted by 駄々猫 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄々猫舎ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。