2014年06月03日

猫毛祭りin ヒナタ屋(神保町)のお知らせ

おわあ、こんばんは。
先日購入したコミック、『月に吠えらんねえ(1) (アフタヌーンKC)』に影響されて、やたらと「おわあおわあ」鳴いている駄々猫です。
朔太郎が主人公で、犀星、白秋が脇を固めていて、中也、啄木、子規・・・近代詩好きにはたまらんのですが、それはともかく。

古本市ではないのですが、神保町のカフェ、ヒナタ屋さんで開催されるイベントに便乗し、「ミニ・猫本棚」を作らせていただきました。

以下、イベント情報のご案内。

●猫毛祭りin 東京・神保町 〜旅する猫毛〜●

会期:6月4日(水)〜28日(土)11:30〜22:00(日・月休み)
場所:神保町、カフェ ヒナタ屋(→


住所:千代田区神田小川町 3-10振天堂ビル4F
電話:03-5848-7520

詳しくは「猫毛祭り」サイトの記事をご覧下さい >>> コチラ


140603猫毛1.jpg

140603猫毛2.jpg


ヒナタ屋店内のあちこちに、「旅する猫毛(作品)」の写真が展示されています。
白、黒、三毛・・・それぞれの猫毛人形たちが、お城と一緒に写っていたり、ひまわりのそばにいたり、高いところから下界を見下ろしていたり。

眺めている間に、羨ましくなってきました。
私は、ookamigokkoさんの巻きぐるみ「セルゲイ」と旅や散歩に出て、彼と景色(看板なども)の写真をFBアルバムに載せているのですが、セルゲイの出番は「寒い時季のみ」なのです。
マイ猫毛がいればっ・・・季節関係なく、かような写真が撮れるではないかっ!

猫毛フェルト作品を手作りできるキット、完成作品などの販売もあるのですが、自分で作れたら、可愛さも倍増なのでは?
とまあ、マイ猫もまだなら、手先も不器用で、フリペ作る作る詐欺中でありながら、10年計画TODOリストに「猫毛指人形を作る」と書き込んだのでありました。

140603猫毛3.jpg

展示されている写真他、旅する猫毛たちのポストカードが充実しています。
毛フェル座のメンバー猫さんたちもおられますし、なにやら秘密めいた小箱も。
猫毛フェルター蔦谷Kさんの本の販売もあります。

140603猫毛4.jpg

そして、ゲスト作家、海津研さんの「猫毛nude」ポストカードも!
海津さんとは、ポエカフェ仲間なので、「こんなとこでも繋がりが」とびっくりするやら、嬉しいやら。

140603猫毛5.jpg

「猫古本屋」コーナーには、駄々猫とやまがら文庫さんの猫本が並んでおります。
福猫袋(猫本1冊と、猫のポストカードが入っている)も新たに用意しました。

猫好きさんはもちろん、手芸、写真、旅、に興味がある方なら、それぞれに楽しめる展示だと思います。
神保町へ行かれた際には、是非、足をお運び下さい。


委託販売なので、駄々猫はおりませんが、「行ってみたいけど・・・一人で行くのはなあ」という方は、ご連絡いただければ、日程を調整します。

8日のブックカーニバル鎌倉の後は、9月のみちくさ市までひきこもり予定ですが、ヒナタ屋ランチorお茶のお誘いであれば参りますので、よろしくお願いします。


posted by 駄々猫 at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 駄々猫舎ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

第16回しのばず一箱古本市(祝☆10周年!)4/27の雑感(後編)

あまりに長いので、2記事に分けました。
いきなりこの記事にアクセスした方は、4/27の雑感(前編)(→)からお読み下さい。

スタジオトンブリンで生き返り、へび道を早足で歩いて千駄木界隈に戻る。

■com SO Koya■
・陽射しが厳しすぎる場所だが、避難できる日陰があっただけ良いのか?
・こちら台東区岡倉天心記念公園前書店、出品点数少なめな上に、ニッチすぎて手が出せず
・たけうま書房は店舗があるのでスルー
・林檎文庫、お久しぶりですとご挨拶し、文庫2冊購入。林檎さんは、長く出店されていても、低価格と選書にブレがない。初回は「値付けが安くて良いな」と思う店主さんでも、出店頻度があがってくるとだんだん高値設定になったり、セドラーぽくなってしまう人も見受けられるので(それも有りだし否定はしません)、いつも感心している。
誘われて、尺八に挑戦、穴を押さえるだけでも指が届かなくて辛い。谷根千ウロウロさんに写真を撮られたが、どんなに息を吹き込んでもまったく音が出せず、情けない
・その姿を、善ちゃんとたけうまさんが心のフィルムに焼き付けてくれたそうだ・・・嬉しくないっす

■アートスペースゲント■
・ここも陽射しが厳しい、どなたかが日傘を調達してきていたが、日傘をさしながらの接客というのも何だかなあ、まあ、雨よりはずーっと良いのだけど
・山羊屋とひつじ図書が並んでいたので、「チーム偶蹄目!」などと言う(現在は分類が変わって「鯨偶蹄目」だそう。しかも間違って発音していた、恥)
・山羊屋、本が少ない。「いくらでもいい〜あげてもいい〜」などと言っている。すごく欲しい本はないが、読んでみてもいいかなって文庫を100円にしてもらって購入、入浴剤をいただく
・ひつじ図書で岡崎武志氏がおもちゃを購入、急に羨ましくなる(なんで人が買ったものって欲しくなるのだろうか)、「猫の恩返し」で絵本1冊購入
・すずめも生き物だねという話から、あんとす堂さんが「私も、一応、あんと>あり、ってコトで・・・」と訴えて可愛かった
・古書すずめは邦画に特化しており、あんとす堂は残っていればな〜という小冊子が売切れで大判の雑誌が目立ち、どちらも買えず
・冊数多く買う身には、雑誌もなかなか辛い。大きくて重いから、余程欲しくない限り手が出ない
・「今年は絵本がないわね〜」と言っている女性がいたが、私も一日目はそう感じた。絵本って、出店場所によっては売れないし、値付けが高いと売れにくいし、なかなか難しいジャンルですね、しのばず一箱では。みちくさ市に出店している店主さんは、絵本はみちくさの方が売れるって知っているから、しのばずには出さないのかも

■貸しはらっぱ音地■
・坂の上に位置するので、大荷物を抱えての登りはキツかった。同じ日に、しのばず通りを挟んで、坂の上の場所が二方向に展開するのは結構辛い。
・ひょうたんぼ、冊数少な目、単行本中心で文庫に欲しいものがなく諦めた
・レプリコーン、安田邸のH-imagineと同じく、大型本多め。坂の上の出店でこのサイズ出す勇気に乾杯。しかし、重さと価格、こちらはジャンル的にも歯がたたない
・Queenly Reel、ミステリ中心だが、さほど珍しくない本にプロ価格が残念。探せば均一にあるだろうなと思いつつ、初しのばず出店祝いに文庫1冊購入。
・古書さすけ堂、一箱では滅多に見かけない、ハーレクインではないがロマンス恋愛系の文庫があり、目を引いた。何となくあっぱれな気がして文庫1冊購入。店主不在で、出品本について話せなかったのが残念。絵葉書をいただく(選べる方式)
・しまばななと火星、単行本と文庫と迷った末に、珍しく、大きくて高い方(単行本)を選択。食がテーマなだけあり、この会場ではダントツで私好みの本が多い箱だった
・榊翆簾堂、「文士の家族」というテーマは興味深いのだが、想定内というか、あまり驚きがなかった点が惜しい。「え?この人とこの人が家族?」的な驚きのある選書があると、もっと面白かったのでは?文庫2冊で迷い、隣にいた助っ人さんに「あなたならどちらを?」と聞いて選んでもらった、谷崎松子と赤塚不二夫で、赤塚氏の勝利

■リカーズのだや向かい■
・だるま書房、本が5冊程度しか残っていなかった、散歩堂さんに「(最初から冊数が)多くもなかったし、めちゃ安」と聞いて悔しがる。最初の箱写真を見たら、「これが安けりゃ、そりゃあ買うだろうよ」と思う本が並んでいた。しつこく書くが、悔しい(安く買えなかったからではなく、その箱を前に店主と会話できなかったことが)
・散歩堂、図書館で借りて読み終えられずに返した本を発見して購入。モンガ堂に棚があるから(そこで買えるから)いいかとも思ったが、西荻で涙目(<嘘)なところを救われたので、恩返し。
・神崎屋紫堂、重たい本は嫌だなあと思っていたが、「猫の恩返し」で、あえて難あり単行本を選ぶ。以前手放したが、好きな本(装幀も)なので、また読みたくなったというのも一つの理由。
・私の中で「恩返し買い」はほとんどルールになっているようだ。それでも、どうにも欲しい本がない時は無理してまでは買いませんが。

■戸野廣浩司記念劇場■
・ほくろ堂、以前かけてもらったオリジナル書皮が素敵で気に入っているので、また欲しくて本を物色し、カバーをかけてもらう。本選びに夢中になって、差し上げる予定で持参した手拭いを渡しそびれる
・嫌気箱、コシヅカハムでアメリカンドッグを頬張っていたら、塩山御大に「ここってスポットじゃなかったっけ?」と聞かれ、なぜかスポット案内をする。「退屈が店番してっから行ってくれ」と言われ、素直に従った。手に取った文庫を見て、退屈さんが「その本、手に取る率高いんですけど、皆置いていくんですよねーなんでかなあ」と言ったので、そのまま買ってみることに。その本>『オーランドー』(V.ウルフ)
・モリブロブースで、てくり木村さんに「モリブロ出ます!」とご挨拶
・北書店ブースで、つばめコーヒーのドリップパック2袋購入、パンケーキミックスは買い忘れる(激しく後悔)
・モロ古書店、だいこん洞、これといった1冊が選べず。だいこん洞の「ねりまクイズ」(当たると50円引き)には、練馬区民として参加したかったのだが・・・先にクイズに答えて、50円引きの権利を取得してから、本を選んでいる人がいた、マクドのクーポン方式?(先にクーポン券を配布して来店を促す)
・カンツメ文庫、店主さんの声が可愛らしく(男性でしたが)羨ましくなった、この日一番嬉しかった1冊を1000円で購入
・黒猫リベルタン文庫、いつも華やかな印象のpippoさんが静かに坐っていた、「新しく投入した本から売れちゃったからさ〜たぶん、見たことあるのばっかりだよ」と言うので、自家製詩集「リベルテ」だけ購入。『中野鈴子全詩集』があったので、岐阜の徒然舎さんで購入したことを話す

■花歩■
・m&m書店、モンガさんが目をそらすが、強引にフリペ「モモイトリ」をいただく。お買い上げ特典にチョコエッグ(懐かしい!)のカエルがあったので、それ欲しさに文庫1冊購入。風太郎さん、カエル譲ってくれてありがとう。いや、家中探せばあるんだけどね、たぶん。(<チョコエッグ集めた人)
・しんや万象、だいぶ売り切れで選択の余地がなく、フリペだけいただく。だるま書房と同じく「最初の写真」を見ると欲しい本が並んでいて悔しい。でも、これもしのばずの醍醐味で、ルート選択(優先順位)は重要なのです!

■古書ほうろう■
・津軽鉄道777=レインボーブックスさんが、メーテルの格好をしていなかったので、ガッカリする。せめて車掌さんのコスプレして欲しかったな〜鉄道テーマだったので、女子と鉄道や廃線系がないかと思ったが、なくて残念、レアなのは最初に売れちゃったとか
・マキ文庫、ろじうら、ちどり文庫、雰囲気からは買えそうなのだが、なぜか欲しい本が見つけられない。結構、持っている本もあった
・紫哲文庫、宇都宮からの参戦なので、何か1冊と思ったが、ディープな「歴史」好き店主さんでハードルが高すぎた、歴史系でも、もうちょっとソフト系というか入門編ぽいものや物語系があれば買うのにと伝えておく(私の歴史系好物は、戦国時代の武将伝や城に関する本!)
・古書わたる、結構売れている印象だったが、一箱系でなかなか見つけられない「犯罪」「殺人」系ドキュメンタリーの文庫が残っていて、ほくほくと購入
・FIAT LUX、今日はあまり見かけなかった、カフェ系本を購入
・一番買えなかったスポットになったが、たぶん、遅い時間(15時過ぎ)で、めぼしい本が売切れていたからではないか。「最初の写真」を見ると、「これが残っていたらな」と思う本が結構見つけられたので。

■タナカホンヤ■
・まずは最後のスタンプをもらい、無事、景品のノートをゲット!
・かまねこ文庫、迷った末に、猫の絵本を購入、そろそろ目が疲れてきていているなあと感じる、50店でも多いのに、56店ですからね・・・その割には、少数出品店主さんが多めで、全体の冊数は少なかった気もする
・もす文庫、バッジを2個、残り少ない文庫から1冊選ぶ。値付けが安くて買いやすいのだが、結構「持ってる」「読んだ」本が多い、読書傾向が似ていると逆に買えないパターンかも
・Homeless Bob、洋書絵本があって手に取るが、猫ではなく犬の絵が表紙。「猫はないですか?」と聞いたら、ページをめくって「ここに猫が!」と探してくれた&あまりの安値に思わず3冊購入
・スタンプラリー最終地点の人が次々にやってくるが、ラリーに参加しているだけで、あまり箱(本)を見ていかないように思えた
・残り時間15分ぐらい、タナカホンヤが最終地点の知人が何人かいて雑談
・「なんとなく、すごく売れている箱と、あまり売れていない箱の落差が激しかったような気がする」「欲しい本がやたらとある箱と、全然ない箱があった」「初出店の人が多いせいか、余り本を適当に持って来たんじゃない?って箱を久しぶりに見た」などという感想が出た

■終了後■
・かまねこ父娘と地下鉄で千駄木へ、近場の珈琲店に入る。散歩堂さんも駆けつけ、休憩しつつモリブロ行きの相談
・3人を見送り、古書ほうろうで古本友2人と落ち合って、夕飯店を探すが苦労する。動坂食堂、深センが休みで泣く。キッチンマロが開いていて本当に良かった
・食事をしつつ「お客」としての感想を言い合う
・欲しい本があれば大量買いをするDさんが「今日、6冊しか買えなかった」と嘆く。ネイチャー系全然なかったね、民俗系も少なかったね、旅本とかドキュメンタリーもあまりなかったんじゃない?という話になる
・水木しげるとかつげ義春じゃないイマドキのコミック、女子向け生活本(カフェ本とか雑貨の本とかガーリー系)、新潮クレストブックスみたいな外文もなかったねと話す
・逆に、ミステリやSFは、以前よりだいぶ多かった気がした
・56箱あっても偏るんだねえ、面白いねえと話し合う
・Nさんは「私は3スポットしか廻ってないんだけど、結局古書ほうろうで2冊買っただけ」
・店主さんによって価格設定にずい分と差があったんじゃないか、という話も出た
・全員がではないが、常連さんの方が「安め本とやや強気値付けの本」をうまくミックスして出品している気がする
・人出はすごく多かったけれど、一箱古本市のお客さん(スタンプラリーだけの人じゃなくて、本を買う人)自体はどうなんだろう?
・学生、20代ぐらいの人、イマドキ本を読む感じの人、子連れの人をお客さんとしてあまり見かけなかった
・同じ「本を読む人」でも、ブクブク交換や読書会に参加しているタイプの人をあまり見かけなかった
・欲しい本がないからそういうお客さんが来ないのか、そういうお客さんが来なくて売れないから、その手の本を出さなくなるのか、ニワトリタマゴ問題があるような
・何はともあれ10年続いたってことは凄いことだし、地域に根付いてきているのは確か、これからどんな方向に進んでいくのだろう?ずっと関わっていけると良いなと話す
・少し暑すぎたし日焼けしたけれど、晴天で気持ちよく歩きまわれたのは幸いだった
・沢山買っていると「仕入れですか?」と聞かれるけれど、私は何より「読者」なので「全部読みます」
・自分が読んだ本で、人にお薦めしたい(自分の箱に並べたい)本が安く売っていれば買うこともあるので、「仕入れ」がないわけじゃないけど、しのばずでは「自分が読みたい本」だけで手一杯で、そっちまで買う余裕がない

■勝手な評価■

・一番嬉しかった釣果>カンツメ文庫で見つけた『茸日記』

KC4A2400.jpg

為書入り痕跡本だが気にしない。転売するわけでもないし、むしろ嬉しい。

・一番欲しい本が多かった箱>くものす洞

まあ、最初に見たからってこともありますが、ご本人が購入して読んだ「新らしめの本」がてんこ盛りだったので。打率9割以上も当然でしょう。
しのばずには、ここ数年刊行の、自分が新刊で買って読んだ本を出してくれる出店者さんが何人かいるけれど、ほとんど全部がそうって人は少ないし、4/27は5/3に比べて「最近刊行された本」が少ない印象で、余計に人気が集中したのでは?

・一番気に入った箱>まだら箪笥

雑食ぶりに親近感を抱いたし、まだらっぷりが見事だった。
あと、全部ご自分が読まれた本だろうなと思えたので。

・ディスプレイが素敵>Homeless Bob

053.JPG

大量投入派の自分には絶対できないディスプレイ、憧れます。

・団体賞を差し上げるなら>アートスペースゲント

生き物つながり(?)の4店がバランス良く並んでいて和気藹々としていたし、皆さん本の冊数も控えめで、「売ったる!」的なギラギラ感がまったくなかった

更に、5/3前編に続く。


posted by 駄々猫 at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 駄々猫舎ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

11月17日は鬼子母神通りみちくさ市!

鬼子母神通りみちくさ市、11月17日(日)開催です!

時間:11:00〜16:00 雨天延期>23日

駄々猫舎の出店場所> 14.西参道薬局前
 tinyzooさんと共同出店ぴかぴか(新しい)

出店者一覧とアピール文、場所の写真は >>> コチラ

都電の鬼子母神前駅から鬼子母神に向う通りの左側です。
絵本の委託販売でお世話になっている、辻堂の絵本cafe、tinyzooさんと隣同士での出店です。

加えて、駄々猫舎サポーターズ(?)を招聘しました。
姉妹ユニット、ユタカタのナツコちゃんと、CD「On Shinobazu Book Street」を発売したばかりの、吉上恭太さんです揺れるハート

恭太さんは、CD試聴ができるように、プレイヤーも持ってきてくださるとか。
22日(金)の晩には、千駄木の古書ほうろうでのライブが決定していますが、なかなか聴く機会のない方は、試聴のチャンスです。
是非お立ち寄り下さい。

お隣に甘夏書店さん、その隣にドーナッツブックスさん、お向かいにはゆず虎嘯さんと、仲良しさんも近いので、終日、楽しく過ごせそうです。

今回は、ジモトワカゾー野菜市が16日開催なので、少しは落ち着いて店番ができる・・・かな!?

トークショー、ワンコイン落語会、ブング展&ワークショップもありますので、たとえ古本に興味がない方でも、丸一日楽しめます。
鬼子母神、大鳥神社境内で手創り市も同日開催なので、そちらも是非。

みちくさ市の全貌は >>> コチラ

手創り市の出店者一覧は >>> コチラ

9月にやろうと思っていた「1冊でも2冊でも100円」企画は、コンビニコミックをかなり捨ててしまったため断念しますが、販売価格は50円〜です。

今回、絵本はtinyzooさんにおまかせってことで、福猫袋(冬バージョン)、最近読み終えた本&発掘された本たち、雑貨(鮭ロック含め)、ますく堂さんからの預かりもの(雑誌と小冊子)、どすこいフェスティバルさんからの預かりもの(チャイティ絵葉書&ポチ袋)等々を並べます。

余裕がない&重さに負けるため、「購入者特典」の配布はありません。
ヒナタヤ四季報(秋版)はまだありますので、お持ちでない方はお手に取って下さい。
チラシ、フライヤーなど、駄々猫に配布手伝いを依頼したい方は、ブースまでお持ちいただければ、適宜配布させていただきます。(無料ですが、おやつを与えると張り切ります)

★切手払いOK! <古本よあけさんのアイディアを真似しました

額面は合計額があっていさえすれば7円とか半端でも構いません。
記念切手だと嬉しいですが、普通の切手でも構いません。
ただ、送付するのに失礼でないコンディションのものに限ります。
リサイクルした糊なし、日焼けが酷いもの、折り目がついているものなどはご遠慮下さい。

西荻でやってみたら、2名利用していただけたので、引き続きやります!
「切手たくさんあるけど、使わないんだよなあ」という方は、是非ご利用下さい。

★ひとりブクブク交換

基本的に300円以下の本に限らせていただきますが、ブクブク交換にも応じます。
お手持ちの本や小冊子(zine)と、駄々猫が販売している本を交換しましょう。
ただし条件があります。

・交換できるのは、駄々猫の本のみです(ナツコちゃんの本や、ますく堂さんの委託本はダメです)
・駄々猫が交換したいと思う本じゃないと、取引は成り立ちません
・小冊子(リトルプレス、zine)、珍しいフリペ、大歓迎♪

わざわざ持ってきていただいても、「ごめんなさい、それはもう読んだので」「持っているので」とお断りすることもある、と。
無料で手に入れたフリペでも、私が持っていなくて「それ、是非とも欲しい」と思えば、交換可能である、と。
zineやフリペ制作者の方は、是非、ご自分が作ったものをお持ち下さい。

なんて書いてみたけれど、こんなんやる人いるのだろうか?
まあ、どっちにしても本を持ってくる出店者さんの中で、ゲーム感覚で「交換」を楽しんでくださる方がいればな〜ぐらいの気持ちでおります。

今年最後のみちくさ市、楽しみましょう猫

時間未定で、ご挨拶に行ったり、手創り市に行ったりしているので、御用の方は事前に携帯メールにてご連絡願います。
10:30ぐらいから準備を始めますが、スタートすると、私はツイッターなどまったく見なくなります。
ながら族ができないので。
@やDMでご連絡くださっても反応できませんので、ご了承下さい。

*****   *****   *****

今回のみちくさ市は、常連さん多めですが、みちくさ市デビューされる、ぼちぼち堂さんをご紹介します。

出店場所 > EX.個人宅シャッター前(キク薬局ガレージ本部そば)

アピール文 > 今まではお客の側で楽しんでいましたが、ぼちぼちと初参戦。夫婦でテイストの違う本を並べる予定です


先月の会津一箱が「一箱デビュー」で、父母娘がそれぞれ本好き、というご家族です。
奈良の大門玉手箱主宰のぼちぼち堂さんとは別の方です。

家族出店って、小学生までぐらいのお子さんと両親とか、母娘、兄弟姉妹というパターンは結構ありますが、成長した娘さんと父母というパターンは少ないように思います。
家族とはいえ趣味が違う3人が、それぞれ選んだ本を持ち寄り、一箱の中でも「誰の本が一番売れるか」という戦いが繰り広げられるそうです。

素敵な本好きご家族なので、購入はともかく、是非お三方との「会話」を楽しんでみて下さいるんるん
猫の本も用意すると聞いたので、私も早めに駆けつけなくっちゃ。

*****   *****   *****

近くのイベント案内をば。私は明日、16日に参上予定♪

●佐藤ジュンコ個展@貝の小鳥●

・11月9日(土)〜24日(日) 11〜18時 火曜定休

タイトルは「フルーツケーキと青い凧 〜海の匂いを聴いた夜から」

秋の展示は、なんといっても芋煮が気に入りましたが、冬の初めはどんな世界が展開されるでしょうか。
オリジナルグッズや仙台のジャム屋salzさんのジャム販売もあります。

詳しくは > コチラ


●「レトロと民芸品 ふたたび」@旅猫雑貨店●

・11月15日(金)〜24日(日) 12〜19時(日・祝11〜18時) 期間中無休

前回も大好評だった、Ω社(オームしゃ)のアイディアと空想から生まれた、愉快で面白い架空品の数々が並びます。
架空広告ポストカードには新作も! 一筆箋やメッセージカードなども登場。

民芸品は定番のひとびっと、つかるこけしシリーズに加え、初お披露目の新作がズラリ。
一点モノあるそうなので、興味ある方はお早めに!

詳しくは >>> コチラ

みちくさ市と同日にも廻れると思いますので、少し足をのばして、雑司ヶ谷〜目白散歩をお楽しみ下さい。

posted by 駄々猫 at 19:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 駄々猫舎ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。