2014年04月12日

〔猫ノフルホン市〕明日13日(日)15時から店番します

「猫ノフルホン市」、昨日11日から開催中です。
すでにお運びいただいた皆様、ありがとうございます猫

全国を股にかけて、ほぼ毎日、古本屋へ足を運び、その様子を細かくレポートすることで有名な、古本屋ツアー・イン・ジャパンさんも、初日にいらしてくださいました。> 

猫本が目立たなかったようですが、猫本づくしの吾輩堂さんの出品本も含め、100冊以上はあると思います。
稀少本から、割と良くみかける本まで、絵本、写真集、コミック、エッセイ、小説、リトルプレスのようなもの、とジャンルも色々なのですが、なぜか町田康の猫本がやたらと被っているという(笑)

それぞれの店のカラーがある棚になっており、本以外の雑貨もあれこれ揃っていますので、猫本ハンターの方も、猫本には興味がないという方も、本自体に興味がない方も、それぞれ楽しめると思います。

再掲になりますが、日時等のご案内。

旅猫雑貨展 其の二十伍「猫ノフルホン市」

日時:4月11日(金)〜20日(日) 12〜19時(日曜11〜18時) ※14日休み
場所:旅猫雑貨店
(→

住所:〒171-0032 豊島区雑司が谷2-22-17(弦巻通り・雑二ストア入り口)
電話:03-6907-7715  メール:info@tabineko.jp

猫市写真1(旅猫撮影).jpg

撮影:金子佳代子(旅猫雑貨店)

通常は、旅猫さんいらっしゃいますが、明日、13日(日)の15時から、横浜のきじねこ堂さんと私めが店番をさせていただきます。
きじねこ堂さんに会ってみたい方、駄々猫に御用の方は、明日の15時過ぎにご来店下さい。

*****   *****   *****

猫ノフルホン市、出店者情報等は、こちらの記事をご覧下さい > 

情報の拡散を希望しています。
Twitter、Facebook、mixiなどのSNS、お持ちの方は、HPやブログでも取り上げていただけますと幸いです。



posted by 駄々猫 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫ノフルホン市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

〔猫ノフルホン市〕出店者紹介■招き猫製作所 ほたる庵+前日アピール

出店者紹介、10店目。

招き猫製作所 ほたる庵さんは、DM制作に入る頃に、旅猫さんから「古本じゃないんだけど・・・」と相談されました。
雑貨まで拡げると収拾がつかないというか、フルホン市だからと雑貨系の方にはお声かけせずにいたのですが。

雑貨や文具を出品されるお店もあるし、「猫ノフルホン市の時に、古本の隙間に一緒に置きたい」という旅猫さんの要望で、出店をお願いすることにしました。
HPを見て、私も、ユニークな造形や何ともいえない猫たちの表情に一目惚れしてしまいましたし、旅猫さんには「うちの店にこれは置きたい。これは置きたくない。」というハッキリした主張があって、その審美眼は確かなので、きっと古本に馴染むであろうと。

047.JPG

こんな感じで、古本の間に、ほたる庵さん作の猫たちが並びます。
似たようなテイストの子もいますが、基本的には一点ものなので、気に入った猫を見つけたら、即決断を!

招き猫製作所 ほたる庵HP > 

「猫ノフルホン市」の記事をブログに書いてくださっています > 

*****   *****   *****

さて、前日アピールです。
「猫ノフルホン市」明日、4月11日(金)12時から開催です。

日時:4月11日(金)〜20日(日) 12〜19時(日曜11〜18時) ※14日休み
場所:旅猫雑貨店
(→

先ほどまで、旅猫雑貨店にて、設営のお手伝いをしてまいりました。

各店舗さんの写真は、明日から旅猫さんが店番がてらツィートしてくださる予定ですが、猫本エリアその1の写真だけ。

034.JPG

いや〜、猫本、いっぱいあるものですねえ。置ききれずにエリア2も作りました。
ちなみに、吾輩堂さんの本は「すべて猫本」なので、別エリアにございます。
三箇所に展開する猫本の数々と、企画者の目論み通り「あまり一同に介することがなさそうな本の並び」をお楽しみ下さい。
また、出店者さんの雑貨に加え、猫の観察ノートや豆本、はがきや手拭い、置き物等、猫雑貨も普段よりたくさん用意されていますので、そちらもあわせてご覧下さい。

旅猫さんが頑張ってくれて、猫店主による猫本紹介フリペを作成しました。

026.JPG

ご来店の方に配布しますが、数に限りがありますので、「お友達にあげたい!」場合も、お持ち帰りはお一人様2部程度にとどめていただけますようお願いします。
これまた見事に選んだ猫本がバラケていまして、楽しいフリペになりました。

「猫ノフルホン市」は委託系古本市になりますので、店主さんが在店しているわけではないのですが。
私、駄々猫と、横浜のきじねこ堂さんは、13日(日)15時〜18時まで店番をさせていただきます。
きじねこ堂さんや駄々猫に御用の方は、その時間にいらしていただければと思います。
また、「この日に行くから、案内して」というお友達は、メールかツイッターDMで連絡下さい、プリーズ。

それでは皆様、猫ノフルホン市へのご来場を心よりお待ちしております。

企画者としては「私の本はどうでもいいから、遠方から参加してくださっている店主さんの本を買って下さいまし」と声を大にして言いたい、です。
10日間、どうぞよろしくお願いします。

*****   *****   *****

猫ノフルホン市、開催情報は、こちらの記事をご覧下さい > 

情報の拡散を希望しています。
Twitter、Facebook、mixiなどのSNS、お持ちの方は、HPやブログでも取り上げていただけますと幸いです。



posted by 駄々猫 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫ノフルホン市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔猫ノフルホン市〕出店者紹介■古本 海ねこさん

出店者紹介、9店目。

古書 猫額洞さん、古本 海ねこさんには、顔見知りである旅猫さんからお声かけしていただきました。
海ねこさんといえば、ネット販売も長いですが、自家目録が素敵だと評判です。
目録自体が有料ですが、貴重な古書の書影を眺めるだけでも眼の保養になるので、固定ファンも多いのです。

海ねこさんのお名前はかなり前から知っていたのですが、初めて棚(箱?)を見たのは、やはり2011年、神戸・海文堂で開催された「女子の古本市」で、でした。
その後、2012年2月に、神保町の古書会館にて海ねこさん主催の「2階の古本市」というイベントがあり、そこで初めて目録を買わせていただきました。

海ねこ目録.jpg

有料の古書目録を購入したのは、これが人生初。
ちなみに、2階の古本市では、心惹かれるお品は多々あれど、お値段もそれ相応でなかなか手が出せず。
古い手作りかるたと、ペーパーバック絵本を1冊だけ購入しました。

魅力的なデザインで眺めるだけでも楽しいHP > 古本 海ねこ

*****   *****   *****

ひとまとめに古本屋といっても色々なお店がありますが、海ねこさんの目録には、「古本屋さんごっこ」を楽しむ程度の素人からすれば桁違いの数字が並んでいます。
「世界が違いすぎる・・・3桁の品なんかないのでは・・・お誘いして良いものだろうか・・・」と迷いつつ旅猫さんに相談してみたところ「海ねこ姉さんはたぶん大丈夫。目録に載せないような小物もあるし、考えて出してくれるよ」と。

海ねこさんと旅猫さんは旧知の仲だったので、あっさりOKをいただけたとか。
旅猫さんは、私の交友関係を褒めてくださいましたが、私からすれば、ここまで猫店主が集結できたのは、やはり旅猫さんあっての、だと思います。

目録やHPでは、稀少で高価な洋書絵本や昭和初期の本などが目を惹きますが、「猫ノフルホン市」には、一般客にも手が届くような本を送っていただけるようです。

海ねこさんは催事にも積極的ですし、三鷹の事務所を曜日限定オープンされていますが。
催事などになかなか行けない方や、開店日に出かけられない方には、海ねこさんの本を直接手に取るチャンスです。

古本 海ねこHP > 

古本 海ねこブログ > 

*****   *****   *****

猫ノフルホン市、開催情報は、こちらの記事をご覧下さい > 

情報の拡散を希望しています。
Twitter、Facebook、mixiなどのSNS、お持ちの方は、HPやブログでも取り上げていただけますと幸いです。


posted by 駄々猫 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫ノフルホン市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。