2014年08月01日

京都と辻堂の委託系古本市(フェア)に参加します

おわあ、こんばんは。
夏はバテ猫。大暑のころはさらなり、立秋に至りても、棺より出ることあたわず。
・・・って、どんな化け猫か。

テンションの低いバテ猫にピッタリ、いえ、受け入れてくださるイベントがありまして。
暑い時期、東西二つの店内古本市に出店させていただくことになりました。
委託です。駄々猫はおりませんので、ご安心(?)下さい。

●レティシア書房一箱古本市●

期間:2014年8月5日(火)〜17日(日)
場所:レティシア書房 (→
住所:京都市中京区高倉通り二条下がる瓦町551
電話: 075-212-1772


月曜定休、営業時間は、12〜20時です。

駄々猫舎、冬の奈良に続き、夏の京都デビューです!
この時期の京都は、下鴨古本まつりも開催されますし、関東の古本者たちも大挙して押し寄せているのでは?
京都へおいでの際は、是非、レティシア書房さんにも足をお運び下さい。

「どこにでもいますね」的な方もいらっしゃいますが(人のことは言えん)他ではなかなかお目にかかれない店舗さんや素人古本屋さんも出店されますし、レティシア書房さんの棚自体が個性的で見ごたえあります。

店主さんのおめがねにかなったリトルプレス系が多く置いてあり、アートやネイチャー(自然)系に強い印象でした。
関東で言うと、私の大好きな「しまぶっく」のネイチャー度とガーリー度をあげて、洋書絵本と均一を引いた感じ、かな。(個人的見解です)

駄々猫は、相変わらずの・・・ではなくて、ちょいと気合入れて、「レティシア書房に置きたい本」を厳選して送りました。
ルーキー率高し(今まで他の古本市に出していない本が多い)です。

レティシア書房さんの近くには、古本屋さんも多いですし、ブックカフェ「月と六ペンス」、京都の新刊書店といえばの「三月書房」(『本屋図鑑』掲載店)、ロシアケーキの「村上開進堂」などもあります。
今更私が言わんでもな名店ばかりですが、今年2月に立ち寄り、いずれも満足度の高かったお店ということで。
あ、村上開進堂さんは、10日から夏休みなので、行きたい方は9日までに!


●こわい本フェア@tinyzoo●

期間:2014年8月7日(木)〜31日(日)
場所:えほんカフェtinyzoo(→
住所:藤沢市辻堂元町3-15-29
電話:0466-36-3553


火曜水曜定休、営業時間が不規則なので、詳しくはサイトをご覧下さい。

タイニーズーさんは、絵本のブックカフェ。
サイトを見ていただければわかりますが、全体的に可愛い印象のお店です。
なにがどうしてそこで「こわい本フェア」かといえば、実は、店長さんが怖い本好き。
ブックカーニバル鎌倉で、可愛い女子なのに怖い本ばかり!?な、ちのり文庫(鎌倉)さんと意気投合し、「こわい本だけの古本市をやりましょう!」って話になったとか。

「こわい本フェア」の案内記事は >>> コチラ

こ、これは、「旅猫雑貨店に猫企画!」レベルの「店舗の雰囲気と並んでいる本のミスマッチ度が素敵」なフェアになるのでは?
もちろん、ちのり文庫さんがメイン出店者ですが、なぜか私も巻き込まれ・・・というか、たまたま企画をお聞きした頃に怖い本を読んでいたのでした。
「怖い本、苦手です、ホラー映画、見ません」と言ってる割には、東雅夫編のアンソロジーなど意外と読んでいて。
キープしたくないからさっさと手放したい>出品数少ないけど参加、というわけです。

メンバー的には「いつもの皆さん」ですが、「こわい本」という括りは珍しい。
水木しげるやせなけいこは「想定内」ですが、たとえば、たけうま書房さんが心霊系とか出してきたらビックリしますよ、似合わなすぎて。

タイニーズーさんはカフェですが、ドリンク注文なしで本だけ購入でもOKとのこと。
今まで「絵本だけじゃなあ」とか「本は見たいけど、飲食は結構、時間もないし」と避けていた「古本だけ命!」な方々、チャンスですよ!

*****   *****   *****

というわけで、西は京都、東は辻堂に、駄々猫本が出張しております。
ついでに、こじんまりとですが、神保町のカフェヒナタ屋さんでは「酒本フェア」中です。
『文士料理入門』なども混じっていますので、お立ち寄りの際には是非ご覧下さい。

西池袋ますく堂さんでは、近々「え?ますく堂でガーリー?」コーナーを設置予定です。
なかなか準備が進まないのですが、設置完了次第、またご案内します。
(果たしてニーズはあるのか・・・?)

「そんなにあちこちに出して、秋の古本市で売る本、なくなっちゃうんじゃない?」と思われるかも知れませんが。まだまだ出てくるんですねえ、これが。
ダンシャリして、猫を迎えて、自宅で読書会開催、までの道は遠い・・・。

posted by 駄々猫 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403026629

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。