2014年03月29日

〔猫ノフルホン市〕出店者紹介■古書錆猫さん

お待たせ致しました。ようやく出店者紹介に入ります。
まずは、私が「猫屋号の店主での古本市をやりたいな」と思いたち、一番最初にお誘いした「古書錆猫」さんをご紹介します。

0528古書ほうろう錆猫箱.JPG

昨年(2013年)、古書錆猫さんが、しのばず一箱で「古書ほうろう賞」に輝き、古書ほうろう店内で一ヶ月間本を売ることができる権利を得て出店した時の写真。

*****   *****   *****

出会ったのは、2011年か2012年のみちくさ市でした。
店主紹介を読んで、「2匹の猫を飼っている」ことを知り、ツイッターでフォローして。

みちくさ市当日にご挨拶をして、本を買い、錆猫通信をいただきました。
錆猫通信はとても素敵なフリペだったので、それからあちこちに紹介したような。

その後、みちくさトークで声をかけてもらったりして、段々と親しくなっていきました。
まあ、基本、古本市でしか会わないし、隣同士になることもなかったし、一人店主同士でもないので、いきなり一対一でお茶する、なんてことはなかったのですが。
顔を合わせれば挨拶をしたし、お互い出店時には、訪問しあったり、本を買いあったりしていました。

で、昨年、確か5月のみちくさ市でお会いした時に、「猫店主の古本市をやりたいと思っていて」「旅猫雑貨店さんで開催したいと思っているのですが」とお話したのでした。
「まだ先になると思いますけど、お誘いしたら、出店してくれますか?」に対して「はい、是非」と答えていただいたことが、一つのきっかけになりました。

素人さんの場合、出店といっても、そんなに本があるのか、という問題がありますが、錆猫さんは何度も古本市に出店しているし、古書ほうろう賞を受賞して、一ヶ月間の委託販売という実績もあるので、その点の心配がなかったことも安心ポイントでした。

計画が動き出してからは、DMデザインを引き受けてくださり、とても素敵な、特に女性から「欲しい」と言われる率の高いDMを作ってくれて、半分「運営側」になってくれています。ありがたや。

さて、錆猫さんの箱はどんな感じかといえば、「渋めスタイリッシュ」な印象です。
ジャンル的には、「飲食」「芸能」「民俗」「文芸」「アート」でしょうか。
現代小説のベストセラーや女性向け生活本はなかったように思います。コミックもあまり見覚えがありません。
単行本の方の『ブンブン堂のグレちゃん』を錆猫さんから購入しましたが、その時も他にコミックはほとんどなかったような。(あっても渋めだったかと)

私は気分屋なので、やたらきっちりまとめたラインナップの時と、「適当にあるもの持って来たでしょ」な時があるのですが、錆猫さんはいつも安定している印象です。
均一とか、超安売りもせず、丁寧に一冊一冊を選んで売っている感じです。

そんな錆猫さんが、猫ノフルホン市用にどんな本を選んでくれるのかわかりませんが、イメージとして「旅猫雑貨店」さんの雰囲気にすごく合うような気がしています。

錆猫通信(ブログ) > 

*****   *****   *****

猫ノフルホン市、開催情報は、こちらの記事をご覧下さい > 

情報の拡散を希望しています。
Twitter、Facebook、mixiなどのSNS、お持ちの方は、HPやブログでも取り上げていただけますと幸いです。
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫ノフルホン市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。