2013年04月25日

第15回しのばず一箱古本市に出店しますが・・・ごめんなさい

え〜、毎度ご無沙汰です。
今年もやってきました、しのばずブックストリートの黄金週間。
一箱古本市だけでなく、多くの魅力的なイベントが開催されています(すでに!)ので、谷根千地域に行かれる方は、しのばずブックストリート公式サイトをチェックして下さいね。

で。駄々猫、最初に皆様に謝らねばなりません。
毎年、しのばず一箱には、テーマを決めて、気合を入れて臨んでおりました。
今年はネタ切れということもあり、家族を巻き込むことにして、店名も「O(オー)家の本棚」としたのですが・・・。

あまりにも私の体調が悪くて、3日前だってのに何もできとらん! のです。

「家族の本を出すの?」「いつもと違うラインナップが期待できるのっ?」とご期待くださった方、本当に申し訳ありません。
父も母も乗り気で、あれこれ選んでくれたのですが、私の準備が間に合わず・・・秋(は、出ない可能性が高い)か来年か、他の開催場所でリベンジするつもりです。

「また何かの100冊やるんでしょ?」と思われた方も、申し訳ありません。
作る作る詐欺状態のフリペも、本気で期待してくださっていた方がいらしたら、ごめんなさい。

申し込み時点では、頑張れる気がしていたのですが、本当にしんどくて。
誰か出店料2000円くれて、代わりに出店したいってんなら、今からでもそうしたいぐらいです。
(この弱気自体が、すでにいつもの駄々猫ではない・・・)

今回は全面的に無理だっ!!

なので、かつてないほど「いい加減な箱」になることでしょう・・・冊数も「持っていけるだけ」にします。スリップ書くだけで精一杯です。
本当に現在へろへろ状態のため、接客もグダグダになると思います。
もう、なにもかもごめんなさいです。
なので、今回は申し訳なさすぎて「是非おいで下さい」と書けません。

あと、過去に、差し入れをくださる方がいらしたので、書いておきます。
「今、飲食制限多すぎて、たぶん、いただいても喰えません!」
差し入れ、しないで下さい。勿体無いからマジで。
動物園の「餌を与えないで下さい」みたいな感じで「駄々猫に餌を与えないで下さい」
元気になってから、一緒にお茶でもして下さいまし。

他の参加者の皆さんは、気合を入れて出店されると思いますので、私以外のお店で楽しんで下さい。
後ほど、駄々猫勝手にお薦め店を書かせていただきます。

とはいえ、一応告知をば。

★しのばずブックストリート第15回一箱古本市★

日時 :4月27日(土) 11:00〜16:00 雨天決行

駄々猫(O家の本棚)出店場所 > 貸はらっぱ音地+香隣舎 コチラ> 

愛知県犬山市からいらっしゃる五つ葉文庫さん
私も一応メンバーの、東北(石巻中心)に本を送るグループ一箱本送り隊さん
SF・ファンタジーといえばの七星文庫さん(同じ場所3回目、どんだけ仲良し?)
昨年の南陀楼賞の雲雀洞さん
存じ上げませんが、店名からしていけてる、伊藤石油店さん(ライターとか売ってたら買ってしまいそうだ)

が、いらっしゃいます。

五っ葉文庫さんは、午後から「痕跡本ツアー」に出かけるので、(はっ!仕込みしておかな)、「店主さんに会いたい!著書にサイン欲しい!」って方は、午前中か終了間際にいらっしゃるのがよろしいかと。

*****     *****     *****

出店日は、他のお店に遊びに行くことが難しく、毎年悔しい思いをしています。
今年も「ああ、3日出店だったら、ここには是非行きたかった」というお店がいっぱい。
買う側に回った時は、「いずれ転売できるか」などとは考えず、常に「自分が読みたい!」という読者目線で本をチェックする私が、27日出店の皆様の中から「3店しか行けないと仮定して選ぶなら」という視点で勝手にお薦め。

●駄々猫勝手にお薦め店コーナー●

A.根津教会前「よたか堂」さん > http://blog.livedoor.jp/kaizuken1/

「生き物の本や民俗学、美術、日本各地の暮らしなど、どこかに出かけたくなるような本をいろいろ並べようと思います。」

深川いっぷく一箱古本市に出店されていて、もの凄く好みのラインナップでした。
古書店でも、●ックオフ系新古書店でもあまり見ないな、と思われるような本が多くて。
個人蔵書からの出品らしく、状態も良く、価格も良心的でした。
文芸系ではないので、いわゆる古書好きな方々の趣味とはちょっと違いますが、特に民俗・自然科学系の本をお探しの方は、きっと掘り出し物が見つかるでしょう。

B.特養ホーム谷中「散歩堂」さん > https://twitter.com/sampodow

「上方落語と文楽を愛しています。本は大阪関連から上方落語と文楽関連から漫才や文学芸術、それに近畿の風土物中心で固めてみたいと思っています。」

助っ人集会でお見かけしたと思いますが、直接の知り合いではありません。
落語にも文楽にもさほど興味はありませんが、近畿の風土物が気になります。
何より「行ってみたい」と思わせるのは、ツイッターアカウントの画像が「センガイ」なこと。
この絵、私もお気に入りなもので。

C.戸野廣浩司記念劇場「くまぐす堂」さん

「動物や鳥、虫など「いきもの」をテーマにして、写真集やアート本を中心に出品します。持って嬉しい、観て楽しい本を個人の蔵書からひねくり出しますので、お楽しみに!」

いきもの・・・たまらん。店名も・・・たまらん。水玉女王から拝受した、粘菌絵葉書なんぞ置いてあったら、同志愛を感じることでしょう。たぶん。
あ、まったく存じ上げない方です。男性か女性かもわかりませんが、絶対に欲しい本が見つかりそう。

以上、勝手にお薦めでした。


5月3日は、午後から助っ人任務(@往来堂前)なので、フリータイムは午前中のみ。
しかし、あぶらあげの里帰りはマストだし、弱っているので、全スポットは廻れないでしょう。
無念ですが、スタンプラリーは早々に諦めました。

今年は、買い物もあまりする気がなく、初出店の方々の箱を拝見するだけ(もちろん、欲しい本があれば買うのだが)にしようかと。
常連さん方には不義理致しますが、昨年の雨中全店チェックで死にかけた(嘘)ので、なにとぞご容赦下さい。
なんつって、3日には超元気になってたりして。(そうなりたいよー!)


※この記事は拡散希望です。ご自身のサイトやブログでの紹介、リンク歓迎します。
はてなブクマ、ツィッター、フェイスブックで応援してくださる方は、↓のボタンからお願いします。
posted by 駄々猫 at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
駄々ちゃんこんばんは。お加減いかがですか?しのばずは、相当無理しての出店だったようですし、3日の助っ人大丈夫?27日会えなかったし気になっていたのですが、また長々書いたりすると、かえってお疲れでしょうしなどとしょうもないこと思っていました。わめぞ・川口もすぐですね。復活できそうですか?
調子よくなったら、お茶飲みながらおしゃべりしたいです。
Posted by 榊翆簾堂 at 2013年05月01日 00:41
ご心配ありがとう。だいぶ元気になってきましたよ。食道炎は相変わらずだけど、昼ならコーヒーも飲めます。2杯までだけど。
私もゆっくりおしゃべりしたいです☆
お互い全国ネットだから、情報交換も半端ない量?になるよねー(笑)
Posted by 駄々猫 at 2013年05月07日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/357084328
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。