2012年04月26日

第14回しのばず一箱古本市:4月28日に出店します

ブログ書きに疲れ気味で放置していたら、シーサーブログの作成画面が変更されており、軽くショックを受けている駄々猫です、こんばんは。

久しぶりに書くのは、年に一度の重大イベント参加告知のため。
元祖・一箱古本市=しのばず一箱古本市に、今年も「店主」「助っ人」「お客」として参加します。
開催日は4月28日と5月3日ですが、28日が店主、3日が助っ人兼お客、です。
駄々猫の一箱を見てくださる方は、28日においで下さい猫

一箱古本市に関する細かな情報、どこにどんな店主さんが出店するか、実行委員のおすすめルート、一箱古本市以外のイベント企画等々は、公式サイト「不忍ブックストリート」をご覧下さい↓
http://sbs.yanesen.org/

今年は、2回に分けてお伝えしたいことを書きます。
「28日:店主として」&「3日:お客および非公認プレゼンテイターとして」です。
まずは「28日:店主として」

●しのばずブックストリート、第14回一箱古本市●

4月28日(土) 11〜16時 雨天決行

駄々猫舎の出店場所は >>> 古書ほうろう前


古書ほうろうは、千駄木駅または西日暮里駅からのアクセスが良い、しのばず通りに面した会場です。
出店者数も多いので、駄々猫箱には欲しい本が見つからなくても、他の箱で見つかる可能性も高い。
&古書ほうろう店内は宝の山なんだぜ、ベイベー。

思い返せば、初めてお客としてしのばず一箱に行った際、古書ほうろう店内で本を購入しています、私。
その時は、まさかこんなに古本市に嵌るとは思ってもみなかったがく〜(落胆した顔)

ついでに、昨年大好評だった「ヒトハコ時報」(毎時フリペをその場で発行する)の発行所も古書ほうろう前です。
出店者インタビューやら読み物やらあって、すごーく面白いフリペなので、是非ともゲットすべし。

さて、あちこちで本以外のモノを売ることが増え、古本屋というよりフリマ屋になっている駄々猫舎ですが。
しのばず一箱では、「Yonde!? 駄々猫舎の100冊」という選書で、毎回古本のテーマ出店をすることにしています。

今回、第4弾のテーマは↓

「ごっぱさん、見てやって!」 > 今をときめく「痕跡本」特集

昨年、愛知県犬山市で古書店を営んでおられる、五っ葉文庫さんが「痕跡本ツアー」というイベント(?)を開催していて。
「面白いな」と思ったと同時に「私も好きだなそういう本。結構持ってるし、そもそも自分もフセン貼ったり、線引しちゃうこと多いし」と共感を覚えました。

五っ葉文庫さんのキャラクターに惚れ込んだこともあり、「来年の春のテーマは痕跡本にしよっかなー」と何となく思い、その後、痕跡本を見つける度に、楽しみながら集めてきた次第。

そんなところに、今年の初め、五っ葉文庫さん(古沢さん)の痕跡本に関する著書が出版され左斜め下



便乗したっぽいですが、プロ古書店主でもない私が、そんな短い期間で「痕跡本」を集めるなんてこたーできません、一年かけていますし、以前から持っていた本もあります。

このテーマを選んだ理由はもう一つ。
「なんか、学祭ノリで、阿呆みたいなことやってみたい」と、思ったから。
痕跡本特集が阿呆ってことじゃなくて、自分の気持ちの持ち方として、利益とか売上冊数とか関係なく、お客様は神様というわけでもなく、出店者として身勝手に遊びたくなった。

痕跡本って、楽しめる人と、そうじゃない人がいると思う。基本的に古書店では「線引き」とかあったら安く売ったり破棄するわけだし。だから、人によっては「こんな落書きがあるのに、お金とるの?」と思われることでしょう。
まあ、五っ葉文庫さん主催の「痕跡本ツアー」御一行様に楽しんでもらえれば良い、興味がある方だけ見てくれれば良い、というスタンスです。

痕跡といっても色々で、あまり価格が落ちない「痕跡」もありますよ。
挟込み、とか、蔵書印、とか、署名(サイン)、とか。署名(サイン)なんか、むしろ高くなったりもするよね、宛名がなければ。そんな本も混じっています。

120425_1110~0003.jpg120425_1105~0001.jpg120425_1104~0002.jpg120425_1106~0003.jpg120418_1137~0001.jpg120418_1139~0002.jpg120425_1103~0001.jpg120425_1123~0001.jpg

左上から、「書込」「書込」「挟込への書込」「挟込」「署名」「署名」
他に「線引」「落書」「彩色」「記名」「蔵書印」などあり。
右下2枚は、私の突っ込み一言フセンです。

痕跡の中で、ダントツに面白いのは「書込」だと思いますが、私は結構「挟込」が好きです。
本との相性で「この本にこの栞は似合うが、この本にこの領収書は変じゃないか?」とか、「どんな人が読んだのか、なぜこれを挟んだのか」に妄想が拡がるから。

署名は、古書店購入と新刊購入のものがあります。新刊購入本は、欲しくて定価で購入したわけですが、その後、宛名付きで署名をいただくことができたりして、「まあ手放しても良いか」などと思った次第。あと、プレゼント用に買ったのだけど、相手がすでに持っていたとかね。
今年発売された新刊本は、正直、定価で売りたいぐらいなのですが、同じ作家のファンの方との交流目的で、「この本買おうと思っていたんですよー、署名入とは嬉しいなあ」と言ってもらいたいがために出品する次第。

なので「署名いらないから、もっと安くならないかな」って方にはお売りできません。(以前、そういう方がいらっしゃいましたが、それなら他で探して。)

●身勝手な注意事項●

・100冊の中には、「非売品」「応相談品」が含まれます

 古本市なのに売らない(笑) 見せたいだけ&本気で欲しい人にしか売りたくない、という本が少々。 

・スリップ裏に「条件付割引」記載がある本があります

 「痕跡本ツアーの方、半額」とか「学生さん100円引」とか。条件外の方は腹立たしいかも知れませんが、ご了承下さい。
 
・痕跡本ツアー御一行様が来店するまで、出せない本があります

 だって、五っ葉さんに見せる前に売れちゃったら困るんだもの。

・購入店スリップや価格表記をあえて取っていない本もあります

 それも一つの痕跡としてお楽しみ下さい。

・やや高めの本は、お客さんの「欲しい度」によって割引します

 セドラー対策で高めにしているだけなので、本当に欲しい方は「読みたい」アピールしてね。けど、50円〜300円の本の割引交渉はご遠慮下さい。

そんな感じで、人によっては「まったく楽しめない」店になりそうなので、痕跡本やサイン本に興味のない方にも楽しんでいただけるよう、自腹を割いて↓こんなん主催します

南陀楼綾繁氏公認「駄々猫的★しのばず一箱古本市クイズ」


3択10問、記述10問、○×式10問、合計30問。
28日の一箱古本市開催中に、駄々猫舎まで答案?を提出していただき「全問正解」した先着2名様に、500円分の図書カードをプレゼント! 

コピー代がかさむので、配布は100枚まで。
当日、駄々猫舎にて配布しますが、実は前日に手に入れられる方法が一つだけ。

27日、田端の石英書房さんで開催中の、不忍ブックストリートweek参加企画「旅がしたくてたまらない」へご来店・ご購入(旅本に限りません)の方は、問題用紙を受け取ることができます。(<28日、石英さんにご協力いただくため、個人的協賛)

なので、本気で図書カード欲しいって方は、そちらで受け取って予習して下さい。
放浪書房さんの「旅ぶくろ」はじめ、乗り物本や旅エッセイ、手に入りにくい「旅雑誌」などが充実していましたよ。私、電車マグネットなんぞも買ってしまいました。(最近、ちょっと鉄濃度がグッド(上向き矢印)

ちなみに、問1〜20に関してはテキスト左斜め下に書いてあります。



駄々猫舎でも「駄々猫がクイズ作成に使った、フセン付き(痕跡)の一冊」を販売します。クイズ回答に有利な一冊(たぶん)
「売っちゃうのかよ」と思ったそこのアナタ、新刊で2冊買ったんだよ!

ちなみに、保身(何から?)のために書いておきますが、駄々猫痕跡本として出品する、トロさん本も財津さん本も、新刊で2冊ずつ買ったんですよ。自分用キープ本は別にある。(財津本はサインも入ってるし)

あ、毎度お馴染み100冊記載の「お品書きボード」は用意しますが、配布は「痕跡本ツアー参加者の方のみ」とさせていただきます。ただ、今回「発見場所」記載があるので、どんなところで痕跡本を見つけたのか興味がある方には、メールアドレスを教えていただければ添付します。(オープンオフィスだけどな!)
あと、購入者プレゼントは、飴ちゃんです。しょぼくてすみませんが、クイズや駄々猫舎賞(非公認・詳しくは次の記事で)の方に予算を取られたもので。

それでは皆様、28日(土)、古書ほうろう前でお待ちしております。小銭とエコバッグの用意をお忘れなく。(万札のお釣りはないから〜!)
posted by 駄々猫 at 01:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさ!元気そうで何より。

28日は行けるかも・・・まだ未定ですけれど。

このイベント終わったら、少し時間あるのかな〜。メールください♪
3月は日程まで聞いておきながら、ごめんね。

ところで・・・痕跡本って何?
古本界では常識?
恥ずかしながら初耳です。
Posted by ぱるぱる at 2012年04月26日 14:26
>ぱるぱるさん
まあ、無理のない範囲で。一箱は重量的余裕がないので、ぱるぱるさん用は持って行けないのだな・・・それはまあ別の機会に。

痕跡本とは。古沢氏の「痕跡本のすすめ」を読んでいただくのが早いけど(図書館にもありそうよ、なかったらリクエストして!)、要するに「書込み」とか「線引き」があったり、写真や私信や押し花が挟んであったりする「以前の持ち主の痕跡が散見される本」です。人によっては「そんな本は買わない」でしょうけれど、私は面白いと思うんだー。
Posted by 駄々猫 at 2012年04月26日 23:10
おはようございます。神崎屋紫堂です。

・100冊の中には、「非売品」「応相談品」が含まれます

・やや高めの本は、お客さんの「欲しい度」によって割引します

私も似たようなことを考えています(笑)
明日は晴れの予報。お互いよい1日になりますように!
Posted by かんざき しおん at 2012年04月27日 08:47
痕跡本、なるほど〜。
古本の楽しみ方も鉄ちゃんの楽しみ方(乗り鉄やら撮り鉄やら)のように、いろいろあるのね〜。

私は悪い?痕跡本(切り取られている、答えが書いてあるなど読む気を失うもの)にあたることが多かったな〜。

明日、無理しないから、安心して〜。
たくさん売れますように!
Posted by ぱるぱる at 2012年04月27日 10:42
駄々猫のご活躍をコンクリートジャングルより願ってまっす☆駄々猫泣けば福来るで楽しんで来てね♪♪☆
Posted by どんぐりころころ at 2012年04月27日 21:11
>かんざきしおんさん
同じような考えの店主さんがいて嬉しいです。
人それぞれとは思いますけどね。
お身体は大丈夫でしょうか。明日一日、大過なく、気持ち良く過ごせますように。

>ぱるぱるさん
そうなの〜新しい価値観ですね。
いつも応援感謝。

>どんぐりさん
応援ありがとう。鳴くのは良いけど、泣くのは嫌だなあー。まあ、楽しめればヨシだ。
Posted by 駄々猫 at 2012年04月27日 23:40
クイズむずかったでし〜@@ 挫折!
Posted by 七星 at 2012年04月28日 22:45
>七星さん
カルトすぎましたね・・・来年は、もうちょっと簡単に、10問ぐらいの「谷根千おしょくじクイズ」を考えています。(って、来年もやるのかよ!)
まあ、そうすると、正解者プレゼントは「うまい棒」レベルになるでしょうが(笑)
Posted by 駄々猫 at 2012年04月30日 08:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/266889346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。