2012年01月10日

第1回鬼子母神通り外市★店主編

1月7、8日、寒いけれどもお天気に恵まれた、第1回鬼子母神通り外市、無事終了しました。

主催のわめぞメンバー&スタッフの皆様、会場提供してくださったキク薬局さん、名取ふとん店さんはじめ商店街の皆様、遠方からゲスト出店の店主さん&みちくさ市枠の店主さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。
ご来場ご購入くださった大勢の知人の方々、ご近所のお客様、新聞などを見てわざわざ来てくださったお客様、ありがとうございました!


ヘタレな私を支えてくれた相棒水玉さん「青秋部withアジアンビューティー」所属なのに、2日間ずーっと手伝ってくれたやまがらさん、何かと助けてくれたご近所?のますく堂さんと雑司が谷つーしんさんに深く感謝します。

皆さんが心配してくれた体調ですが、イベントが始まってしまえば忙しく&楽しく、なんだかんだでほとんどの時間、店番をしているか、お客としてうろうろしていました。
さすがに、日が翳ってくる夕刻になると、寒さもあって体力消耗を感じ「早く帰って横になりたい」なんて思いましたが。

とにかく、筋肉痛は残っているものの、昨年のように「大風邪で寝込む」こともなく「頑張れて良かった」という感じです。
やはり「会場が自宅から近く、馴染んでいる場所」なのは色々な意味で楽。
いざとなったら「すぐ帰れる」し、どこで休憩したら良いかもわかっているし。

最近ずっとサボっていた「終了後のまとめ」ですが、どうせまた長くなるので、2回に分けます。
まずは「店主編」

水玉さんがじゃんけんに勝って、一番端っこに陣取ることができました。
均一本棚やフリマグッズがあるので、中央だと他店の邪魔になる可能性大なため、端っこになれて良かった。
お隣は「青秋部withアジアンビューティー」、アジビュー(省略形)メンバーは、しのばず界隈の美しい女性だけかと思っていたら、男性も含まれており、10人ぐらいの合同出店ということでした。
「アジア」がテーマの、まとまった美しいディスプレイ。

水玉さんの「うち、なんかごちゃごちゃしてる・・・」発言はごもっとも。
私のフリマグッズのせいです、すみませぬふらふら
その部分を除けば、結構綺麗に並べたと思うけど!?

駄々猫舎フィーチャリング水玉 (写真提供:水玉さん)

外市01071.jpg

←この横に、フリマグッズと均一本棚がありました。
自宅で均一本棚に本を詰めてみた図↓

120105_1239~0001.jpg

「1冊でも2冊でも100円」という安売り棚を作るには、少し抵抗がありました。
一冊一冊の本に対して、また、きちんとした値付けをされている店主さん方に申し訳ないというような。

でも、古本者にアピールするような内容ではないから「強敵」にはならないし、実店舗がないから「店頭均一」するにもこういう場しかないし、やはり私の中で「手放そう」と決めた本たちだったので、並べてしまった。

結果的には、一日目にぎっしり詰めていた本の半分が引き取られていき、補充した二日目もそれなりにはけて、100冊5000円分ぐらいは売れました。
以前、みちくさ市で一度、同じことをやっているのだけど、その時よりも売れたのは、やはり純粋に「本」を求めて来られたお客様が多かったからかな。

ものすごい掘り出し物はなかったと思うけど、お一人で10冊以上買われた方もいれば、「これがこの値段で買えるとは嬉しい」と言ってくださった方もいて、新しい居場所が見つかった本たちに「良かったね」と言ってあげたくなりました。

「1冊でも2冊でも」なので、欲しい本を1冊見つけた後、何とか2冊目を見つけようと必死に探しているお客様も大勢いらして、なんだか微笑ましかった。

特に印象に残ったのは、中高生ぐらいの女の子が、一冊の本を「あ!これ!」って感じで本当に嬉しそうに棚から取り出して胸に抱えて。
「もう一冊」がなかなか見つからなくて、長い時間探していて、最終的にはお母さんに声かけて、たぶんお母さんが読みたい本を選んだんだけど、その間ずーっと先の一冊を大切に抱えていたこと。

探していたのか、目にして「欲しかった」ことを思い出したのかわからないけれど、こういうお客さんの姿を見るのが本当に嬉しい。

安売り棚を作ると「まともな値の本」が売れないかもなーという心配もありましたが、そんなこともなく。各日25冊ずつぐらい旅立ってくれました。

自分が好きな作家さんの本を、お客さんが手にとってくれるのも格別な喜びがあります。
今回のラインナップでは、須賀敦子、多和田葉子、堀江敏幸、岡本太郎、E・ゴーリーなど。

フリマ系は、みちくさ市よりは食いつきが悪かったけれど、パパ靴下は今回も完売。
北方人さんが、シャツを一枚買ってくださったのが嬉しかったぴかぴか(新しい)

50円均一雑貨は大盛況で、ストック袋まであさって大量買いをした方がいたとか。(留守中だったので、詳しくは、やまがら文庫さんの記事をご覧下さい>コチラ
岡崎御大も雑貨を買ってくださいました、嬉しいぴかぴか(新しい)

「しのそのへ」は、つん堂さんと塩山御大という「古本市界の著名人」二人が買ってくださり、これも嬉しいぴかぴか(新しい)
(この経過については、つん堂さんの記事をご覧あれ!写真も多く、外市の雰囲気もよくわかります>コチラ

ハガキ・ポストカードは、気づかない人も多かった一方で「まとめ買い」をしてくださった方もいて、それなりに良かったかなーと。
ハガキ好きなますく堂さんにも買っていただけたし。(ますく堂さんの記事は、わが店の混沌具合がよくわかります>コチラ
魔窟の店主に「カオス」と書かれた・・・わーい(嬉しい顔)

対面販売は11月のみちくさ市以来でしたが、やはり楽しい揺れるハート
今年は、古本市への出店は多くないだろうと思いますが、良いスタートを切れました
もっとも、一人出店だったり、お客さんが少なかったら、寒さが身にしみて辛かっただろうなあ。
なので、本当に、関わってくださった皆さんに「ありがとう」

個人的なことですが、昨年末からちょっとした心の闇を抱えており「古本市に関わるのを止めて、ただの本好きな一般客に戻ろうかな」などと考えていました。
体調が悪いこともあって、かなり弱気というか凹み気味でもあったので、「この外市で、やっぱりダメだと思ったら、いさぎよく(?)古本市魂を封印しよう」と密かに決意していたので。

今回は、心底、関係者の皆様の優しさや温かさ、そして「古本に対する真剣さと愛情」を感じることができて嬉しかった。「ああ、まだ大丈夫だ」と思えました。
なので、古本市魂(古本魂ではない)も封印することなく、各古本市への参加やお手伝い、にぎやかし役(?)を継続させたいと思います。
図太そうに見えて、意外と神経質で凹みやすい駄々猫ですが、今後もよろしくお願いします。

最後に、今回も大量の荷物を運んでくれた相方、いつも励ましてくれる相方に「ありがとう、今後もよろしく(笑)」
posted by 駄々猫 at 18:06| Comment(7) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお!ぶたぶたくんのおかいものが売られている・・・ええ、持ってます。
好きなゆえに売っちゃだめと思っちゃうんだな(笑)
ホントに好きなの、この本。絵は怖いんだけどね〜。怖いもの見たさってやつ?

それにしても今回は行けなくて残念。

仕事がオンシーズンに突入してから、
年末年始までの3か月分の疲れがどっと出て、初詣に行くのがやっとだった。
また、行くから〜。





Posted by ぱるぱる at 2012年01月11日 10:03
いい絵葉書買わせて頂きました。いい場所でしたね。駄々猫さんのようなフリマ担当も必要なのです。今回、見事に証明されましたな。いろいろあって楽しい、そういうお店なんですよね。うちみたいにごちゃごちゃしすぎてないのがいい。
外市のように、ますく堂の駄々猫さんブース(棚貸し)の本もごっそり売れてほしいっすね(笑)
Posted by 古書ますく堂 at 2012年01月11日 13:12
>ぱるぱるさん
「ぶたぶたくん」は3冊在庫があったのです(笑)
子供の頃は好きじゃなかった。でも、昨年、大人絵本会@ツイッターで課題本になったので、買って読み直したら、色々と面白かった。南の国なのに八百屋がスーツ着てるとか(爆)
ぱるぱるさん用箱に色々詰め込んでいるので、またそのうちよろしくです。

>ますく堂さん
色々とありがとうでした。
フリマ担当も、あっても良いのだな〜って思えました、はい。見映え的にはイマイチだけどね。
駄々棚については、何となくお願いしちゃったけど、再構築すべきだと思っています。
Posted by 駄々猫 at 2012年01月12日 23:23
まさかの1箱ぱるぱる市開催か?
私も偉くなったなあ(笑)

先日購入したパパシャツは、
無事に私の父シャツへになりましたよ〜。

次回楽しみにしてます♪

Posted by ぱるぱる at 2012年01月13日 10:39
>ぱるぱるさん
ぱるぱるさんだけのための一箱作るってこと?それ、みちくさ市でやってみようかな。
ぱるぱるさんが来る前に売り切れちゃったりして!?
シャツ、お役にたったなら良かった。
Posted by 駄々猫 at 2012年01月20日 13:16
初めて突然のメールごめんなさい!3/18のみちくさ市助っ人店番&シェアさせて頂けませんか?猫のブックカバーも手作りしています、宜敷くお願い致します。
Posted by タイムイズフラワー at 2012年02月29日 18:05
>タイムイズフラワーさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
申し訳ありませんが、リトルプレスを作っている知人と一緒に出店することになりました。
お返事が遅れたことをお詫びします。
Posted by 駄々猫 at 2012年03月11日 11:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245398720

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。