2011年02月24日

105円の愉しみ13:『<ふたり>のおくりもの』★レイモン・ペイネ

シネマート六本木の帰りに、ついつい「均一棚」につられて立ち寄ってしまった。
何度も通っている道なのに、古本屋さんの存在にまったく気づいていなかった。

タテに細長いお店で、店内にも「均一エリア」があったけれど、店頭でぱっと目に入ってきたこの1冊をチョイス。

本105円ペイネ1.jpg

<ふたり>のおくりもの (1961年)

購入場所:竦書店誠志堂 購入額:100円

古くて汚れもある本でしたが、ペイネの「絵」というより「漫画」っぽい作風が気に入って。
「画集」ぽい本しか持っていないので、妙にシニカルだったりするこの作品集は、いわゆる「愛のペイネ」とはちょっと違うテイストだなあと。

串田孫一氏の日本語訳も良い感じ。
posted by 駄々猫 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 105円の愉しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187613453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。