2011年01月24日

1月17日〜23日の読書記録

くにたちコショコショ市後、大変酷い風邪をひいて寝込む。
最初の3日は、読書もできないぐらい頭痛やら熱によるだるさやらで苦しめられた。
快方に向かってからは、出かけられないという理由もあって、割合さくさく読めた、かな?!

虹色ドロップ

途中まで読んで、仕舞い込んでいた夏石さんのエッセイ集、今頃読了。前半は「そうだったそうだった」と記憶を辿りつつ、後半は新しい刺激にニヤニヤしつつ。連載時にも「おお!」と思ったけれど、「夫が若い頃出演した色っぽい系映画を見に行く」話がとても好きだ。まっすぐ書評も、偉そうじゃなく、説明しすぎでもなくて良かった。

可愛いモノ

こういう本を眺めるのが好き。婆になっても「可愛いモノ好き」でいたい。

したくないことはしない

津野さんから見た「植草さん伝」で、とても興味深く読めた。ややこしいコンプレックスの人だったんだなあ・・・一番病って(苦笑)昭和の下町、東京事情や映画館事情も見えてくるし、大震災と大空襲が東京に与えた影響みたいなものも少しわかる。津野さんの知識量がまたハンパないから「本」や「市民史」の勉強にもなる感じ。

風流江戸雀 (新潮文庫)

やっぱり杉浦さんの江戸もの漫画はピカイチ。本当は単行本で全部読みたい。

踏切みやげ

影響されて、踏切を訪ねて旅をしたくなる。季節感と温度や風を感じられるような文章。こういう時間の使い方をしたいものだと思わされる。都内でも、まだまだ知らない踏切、知らない路線があるなあ。

ほほえみにはほほえみ

川崎さんの詩は「いいなあー」と深く思えるものと、なんだかぴんとこないものがある。なんでだろう?

●読みかけ本  最初の3冊がいつまでも読めない。理由の一つは「すぐそばにない」

・折口信夫文芸論集
・ヨーロッパ本と書店の物語
・奇縁まんだら
・世界クッキー
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本記録・紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183699004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。