2010年12月27日

石英書房・冬の店内ミニ古本市を終えて

何せ「初開催」だったし、自分が積極的に運営に関わった古本市も「初めて」だったので。
トラブルなく終了したというだけで、個人的には大満足であります手(チョキ)

知り合いが多かったとはいえ、「石英書房さんに来店したことがない人に来てもらう」という当初の目的も、そこそこ達成できたんじゃないかな。

小さな、内々っぽい市ではありましたが、「イベントを開催する側」の大変さも実感できました。

石英書房さん、出店者の皆さん、お疲れ様でした。
ご来店&お買上げくださった皆様、本当にありがとうございました。


23日に撤収後すぐ「打ち上げ反省会(酒なし)」だったのですが、たくさんの意見が出ました。
まだまだ課題も多いけれど、試行錯誤しながらも続けて行きたいね、という方向で話が盛り上がりましたので。
今回、年の瀬で忙しかったり、うっかり忘れていた方、次回(たぶん夏)はよろしくお願いします。

さて、個人的記録をば。

売上点数 37点(+5点)
売上金額 11,550円(+900円)


(  )内は、「やっぱり本を読むひとびと」の売上分です。
出店料は、店番をしたので割引になって「500円」、ちゅうた便で運んだので送料は0円でしたが。

事前打ち合わせのための交通費、店番のための交通費、友達接待のための交通費や食事代を考えると・・・「マイナスなのでは?」といった感じ(笑)
でも、友達と遊んで、楽しく店番して、いっぱいしゃべって、本も売れたのだから、万々歳。

それから、今回、私は一つ決めたことがありました。

「売れないことを恐れて、安値設定にしすぎないこと」

屋外でのイベント型古本市とは違い、古本屋内でのイベントなので、石英書房さんの「古本屋としての値付け」と余り違わないようにしたかったから。
それに「やや強気の価格設定でも、本当に欲しい人なら買ってくれる」ことが、だんだんわかってきたし、そういう人にこそ買って欲しいと思って。

もしかしたら、「今まで通りの安め設定」だったら、もうちょっと売れたかも知れませんが。それは「屋外イベント」ですれば良い。結果的には、普段とそれほど違わない「売上」でもあったので、実験的にやってみて良かったと思います。

そして「しまねこ工房」も、なかなか良いスタートを切れました。
ご祝儀買いもあったでしょうが、とにかく「売れた〜嬉しい〜」って感じです。
正直、材料費+手間賃を考えると「時給0円、利益100円かな?」ですけどね。

調子に乗って、色々な布でもっと作ろう、箱も作りたいね、好きな文庫本をハードカバー布本に仕立てるのもいいね、等々、夢も拡がったし、何より「手作りの楽しさ」を再認できたことが嬉しかったハートたち(複数ハート)
「一緒に作ろう」と誘ってくれたしましまさんに、ここでもう一度「ありがとう」です。

売れた本はといえば・・・うーん、傾向が全然掴めない。ダメだったジャンルはわかります。
小説、思想、詩、絵本、マンガ、猫、ほとんど出ませんでした。

この中で、絵本は24日のフリマで売れたし、先の「夜店通り」でもよく売れたから、今回は「絵本を求める人」が来店しなかった、ということだと思う。
実際、来店者で手に取っていた人もほとんどいなかった。

小説は、どこでも苦戦しているような。石英書房さんでも「小説はなかなか売れない」そうです。一部の人気作家や、滅多に古本屋にでない作家で根強いファンがいる方、ベストセラー本以外の売れ行きは、どこの古本市でも良くない気がします。
まあ、自分が出品した本の作家ファンというお客さんには、そうそうピンポイントで出会えないって確率の問題でもあるかな。
大ファンだったら、すでに買って持っていることが多いし、それほどじゃなければ図書館で借りるって感じで。

ガイド本とか町歩き本、料理本なんかは手元に置いておきたいけれど、小説ってそうそう読み返さないしね・・・いずれ文庫になるだろ〜って思うと、気に入っていてもハードカバーでは買わないものかも。

「いかにして小説を売るか」は今後の課題ですな。
消極的対策としては「買わない」or「新刊で買い、速攻売る」でしょうが、もうちょっと違う方向で考えてみたい。

以下、箇条書き感想(反省含む、打ち上げで出た意見含む)

●本・雑貨だけでない「目新しさ」

この小さな規模で、アル・アインさんに出店していただき、珍しい香辛料や紅茶などを販売したこと
。会場が華やいだし、今までにない客層を呼び込めたのではないかと。売れ行きも非常に良かったそう。
また、似顔絵描きのトッピーさんが来てくださったことも、雰囲気が変わって良かった。

●「出品者の本」がどこにあるのかわかりづらかった

多く聞かれた意見。「出店者の本を混ぜて、ジャンルや大きさで分けて並べる」ことは、それなりに悪くはなかったけれど、置き場所があちこちになってしまって。結果的に「どれが石英書房の本で、どれが出店者の本なのか」がわかりにくくなってしまった。
この件については、活発な意見交換がなされたので、次回はわかりやすくなると思います。

●石英書房さんの本も結構売れた

相乗効果があった、ということでしょうか。普段の売上よりは、平均的に良い売上を記録したとのこと。開店時間的に「頑張った」ことも関係あるでしょうね。惜しむらくは、力を入れているジャンルである「児童向け本、絵本」が余り動かなかったこと。
いかにしてその方面の集客をするかは今後の課題。

●店番制度、なかなか面白かった

買取依頼は「店主がいる時に」とお断りして連絡先を聞いておく、とか、色々考えていましたが、特に問題なく皆さん「店主体験」を楽しんだ模様。私も、店主席に座ってみて、わくわくしました★
ただ、結果的には、石英書房さんがいない時間は少なかったように思います。毎日オープンという負担はあまり軽くならなかったのでは?
開店時間の問題とあわせて(ちょっと長すぎた気がする)なんとかもう少し石英書房さんの負担を軽くできないものか。

●アピール不足、集客不足

初回なので、宣伝が行き届かなかった部分もあるし、12月という「忙しい時期だった」ということもありますが。もっともっとご近所さん、「これからもお客さんになってくれる人」を呼び込みたいなと。少しずつでも存在を知ってもらい、定期的に来店してもらう、その方法を考えていかなくちゃな〜と。

●マンネリ化は避けたい

石英書房さんの希望もあって、公募で参加者を募ったり、規模を拡大することは考えていないけれど。毎回同じメンバーでは「飽きる」・・・このあたりをどうするか、それもこれからの課題。イベントを絡ませたり、遠方の方に箱だけゲスト出品してもらうってのも、一つの手かも知れません。
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。