2010年12月20日

石英書房市★寒さに負けず開催中!

17日から始まった石英書房・冬の店内ミニ古本市。
すでにご来店くださった皆様、ありがとうございます。
これから、ご来店予定の方々、明日から天気が崩れるようですが、寒くはならないようなので、めげずに足をお運び願います。

↓前日の記事アップできずに、ごめんなさい。搬入バタついていて、写真撮るの忘れました。
でも、石英さんがしっかり紹介してくださっているので、是非、石英書房ブログをご覧下さい。

http://d.hatena.ne.jp/cloudy23/

本もあれば、雑貨や手作り品も。

101219石英市ノート.jpg

石英市デビューの「しまねこ工房」の布張りノート、「初出店記念の価格安め設定」のせいもあってか、なかなか好評ですぴかぴか(新しい)
しましまさんの「しおり」も新作が入っているので、是非。

もう一つ、今回「初出品」なのが、奈良で仕入れてきた「針金で作った、文庫入れ」
奈良一箱に来ていた、松山のつづらさんの手作りです。

101219石英市文庫入れ.jpg

石英さんでは、本棚の出っ張りに引っ掛けましたが、画鋲で壁に下げても良いし、箱からS字フックで吊り下げても良いし、ディスプレイに最適です。

製作者のつづらさんは、一箱の外側に引っ掛けていました。箱の大きさ規制に厳しい、しのばず古本市でも、外側に引っ掛けてディスプレイできるなあ〜と、感心した次第。
一つの箱に本を入れた場合、文庫って小さいから目立たないんだよね。面出しもしづらいし。
その点でも、「目立つ面出しディスプレイができるこの手作りグッズは素晴らしい!」と思って買い占めてきた次第です。
工夫次第で、お店や自宅のディスプレイにも使えそうるんるん

石英書房訪問の際には、是非手に取ってみて下さい。

本の方は、固めの本や詩関係、絵本、マンガが動いていないなあ・・・猫本もイマイチ。
これから来られる皆さん、よろしくお願いします。

相方ちゅうたの出品、岩波文庫『モンテクリスト伯』7巻セット、未読の方にお薦めです。
年末年始の読書にぴったりのボリューム!!

駄々猫の店番は、21日、23日最終日の10時半〜16時ぐらい。
22日も、二本立て予約が入っているので、近辺をうろうろしています。
一度来られた方も、次々に追加本も入っていますので、駄々猫とおしゃべりしにいらして下さい。
posted by 駄々猫 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174229218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。