2010年04月30日

一箱古本市、無事終了、ありがとうございました!

ネット環境、PCの調子、ともにいつダメになるか冷や冷やなので、取り急ぎ一言。
太字やカラー文字、リンク設定などをするとフリーズするので、黒一色で失礼します。

おかげさまで、第10回一箱古本市、無事終了しました。

実行委員会の皆様、助っ人の皆様、大家さん他関係者各位、ありがとうございました&お世話さまでした。

ご来店くださった皆様、ご購入いただいた皆様、会話をしてくださった皆様、出品リストを褒めてくださった皆様、リスト配布を喜んでくださった皆様、差し入れをくださった皆様、来られなくても遠方地から応援(たぶん)してくださったブログ読者の皆様、ありがとうございました!

書きたいことは沢山ありますが、なにせ環境が不安定なので、忘れた頃になるかも知れませんが、ご了承願います。

私、店主駄々猫は、古本市やイベントに行くたびに「本をドカ買いする」ことで仲間内でも有名なのですが、今回は店主に集中しました。

同じ千駄木の郷に出店しているお店すらチェックできなかったことは非常に残念でしたが、おにぎり休憩7分程度、トイレ休憩なし、1冊も購入せず、と徹底しました。

相方ちゅうたは、「いないな?」と思ったら似顔絵を描いてもらっていたり、お隣の「だいこん洞」さんでいつのまにか本を買っていたりしましたが、荷物運びもお客様への声かけも今まで以上に手伝ってくれました。

それから、「早く着いちゃったから」と出店準備を手伝ってくれた、石英書房長女のYちゃん、特別にありがとう。
彼女のアイディアで、ダンボールに貼り付けただけの出品一覧表が可愛らしくなりました!

おかげさまで、冊数は及ばなかったものの、売上は新記録を達成。
純利計算は後日しますが、取り急ぎの結果報告。

売上冊数:46冊(100冊持ち込んだので、もうちょっとで5割)
売上金額:19,000円

そう高額商品があるわけでもなく、稀少本があるわけでもない駄々猫舎としては上出来です。

購入のいかんに関わらず、出品リスト配布も多くのお客様に喜んでいただけたし、お客様との会話がまたすんごく楽しかったです!

私としては、満足度100%の古本市でした、皆さん本当にありがとうございました!!

今後の予定をちらっと書いておきます。

5月2日 一箱古本市、店番手伝い

自分の本は出しませんが、SNS「やっぱり本を読む人々。」メンバーとして、お手伝いをします。
出店場所は、藍と絹のギャラリー(谷中6-4-6)

協力メンバーから提供された新しめの本や、サイン本が並ぶ予定なので、皆様是非お出かけください。

5月16日 みちくさ市(雑司ヶ谷鬼子母神通り)

今回も、しましま書房さんとのコラボ、しま猫舎としての出店です。
品揃えはまだ未定ですが、一箱にはほとんど出さなかった可愛い系の本(絵本、画文家の本、カフェ本、料理本)、現代作家の本、ちゅうた&パパ古本を出品予定。

6月は古本市はなさそうですが、フリマ出店をする予定です。
本は少ししか扱いませんが、こちらも良ければ遊びにいらして下さい。

posted by 駄々猫 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148328734
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。