2014年03月21日

〔猫ノフルホン市〕旅猫雑貨店さんとの出会いから開催までの道のり

だいぶ間があいてしまい失礼しました。
冬眠していて・・・いや、猫は冬眠しないのですが、駄々猫は半分カエルという噂が。
カエルだとしても、啓蟄過ぎて、春分の日も過ぎてしまいました。寝すぎだろ。

そろそろ出店者紹介をせねばなりませんが、その前に。
会場になってくれる「旅猫雑貨店」店主、金子さんとの出会いから、開催了承>DM完成、までを。

073.JPG

看板に乗っかっているのは、つちのこではなく、駄々猫の巻きぐるみ、セルゲイ。

本関連業界に勤めているわけでもなければ、何のコネもない、ただの猫好き、本好きなパート主婦が、「猫ノフルホン市」を開催するまでの道のりダイジェスト。

「あなたにもできる!」と書くと、怪しいビジネスセミナーみたいですが、お店や場を持っている方でなくても、「こんなイベントやってみたいなあ」と思っている人って、大勢いらっしゃると思います。
そんな方に「これなら自分にもできそう」と思っていただければ嬉しいです。

企画には興味がないって方は、人と人が繋がっていくキッカケや、その面白さみたいなものを読み取っていただければと思います。

*****   *****   *****

私が、素人参加の古本市に興味を持ち、情報収集などを始めたのが2009年。
父が古本好きだったので、私の古本歴は結構長いのですが、「店名を意識する」ようになったのは、やはり2009年からです。それまでは、だいたい「●●(駅名とか地方名が入る)の古本屋」でした。

2010年8月に、みちくさ市を主催しているわめぞの別イベント「イケブックロ」で、初めて旅猫雑貨店の棚から本を購入。渡辺一夫『うらなり抄』で、渡辺先生loveな相方へのお土産でした。

初めて旅猫雑貨店さんを訪ねたのは、ちょうど同じ頃に雑司ヶ谷に開店した、ジャングルブックスさんを訪ねるついでに、だったでしょうか。
記憶が曖昧ですが、相方と一緒に行ったことと、いきなり金子さんに「先日、イケブックロで本を買ってー」と話しかけ、「へ?(何?誰この人?)」という顔をされたことを覚えています。

猫雑貨ほか色々と気になる雑貨が多く、そういったものも大好きなのでその後何度かお店を訪ねました。が、ご主人が店番している時が多く、「この人が駄々猫さん」と認識してもらえるまでどのくらいかかったかよく覚えていません。

神戸、海文堂での「女子の古本市」(2011年6月)の後でお店に伺った時には、まだ認識されていなかったような。やぼろじでの第2回くにたちコショコショ市(同年11月)では、私が強引に「店番するから座らせて」と遊ばせてもらった、やまがらさんかモンガさんブースのお隣が旅猫さんで、少し長く会話しました。
でも、まだお互いに敬語でよそよそしい感じだったかと。

ソラシカ散歩さんの「フォークトイ展」(2012年3月)があって、よみせ通りのわくわく大感謝祭(同年5月)があって、その頃には、はっきり認識されていたように思います。
それから何度か在店時に伺って、お客様がいない時には少しずつ話すようになり、「オジサン文庫」(2013年2月)に行った時に、「いいなあ、オバサン文庫、いや、婆さん文庫やりたい」「誰誘うの?」という会話から、「やっても良いと思える企画だったら、持ち込み企画もOK」ということを知りました。

その時点で、すでに「猫屋号店主集合」という企画は思いついていたのですが、具体的には何も考えておらず、
最初に「猫屋号店主を集めた古本市を考えていて〜」とお話したのが、2013年の・・・夏前、だったでしょうか。
一番最初にお誘いというか、お声かけしたのが古書錆猫さんで、確か5月のみちくさ市でだったと思うので、それと前後して、だったと思います。

それから、自分なりに猫屋号店主さんを探したり、お誘いしたい方をピックアップしたり。
旅猫さんに企画としてもちかけて、「イベントができる、10日間ぐらいあいている日程」を打診したのは11月だか12月だかでした。

以来、不慣れな私に色々とアドバイスをくださり、「海ねこさんと猫額洞さんを誘って下さい!」というお願いも快く聞いてくださり・・・企画「駄々猫舎」となっていますが、旅猫さんがいてくれなければ、途中で挫折していたかも知れません。あらためて感謝。

*****   *****   *****

その後、2,3回店舗に伺いつつ、主にメールでやり取りしながら、細かな点を詰めました。

・開催条件の確認
委託販売掛け率、搬入搬出、本の量など

・お誘いしたい猫屋号店主さんたちを挙げて、数やタイプを確認
お店の規模も鑑みて、多すぎると入らないでしょうということで調整
二人ともが「まったく未知な方」は、基本的には止めておきましょうと

・お誘いメールを順次発送>返事を待つ

同時進行で、DMハガキ作成の相談をし、旅猫さんが「錆猫通信」(古書錆猫さんが作っているフリペ)のファンだということもあって、錆猫さんにデザインをお願いしようということに。
自慢ですが、みちくさ市で錆猫通信をいただいて「素晴らしい!」と感嘆し、あちこちに宣伝したのは私です。えへん。
素敵なモノ発見アンテナには自信があります。(脳天松家さんには敵わないけれど)

3人で打ち合わせをしたのが、1月28日。
錆猫さんが頑張ってくださり、2月中旬にはデザインが仕上がりました。
私も、文言を考えたりはしましたが、デザイン関係はほぼお二人にお任せ。
そもそもイラストレーターやら何やらも使えないし・・・Winだし。

旅猫さんがいつもお願いしているという印刷屋さんに発注してくれて、無事完成!
ほっと一息つきました。
郵送と手持ちでDM配布も少しずつ進め、開催まであと3週間ぐらい。
拙ブログで、もうちょっと早く店主紹介を始めるつもりでしたが、これから頑張ります!

*****   *****   *****

猫ノフルホン市、開催情報は、こちらの記事をご覧下さい > 

情報の拡散を希望しています。
Twitter、Facebook、mixiなどのSNS、お持ちの方は、HPやブログでも取り上げていただけますと幸いです。

posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫ノフルホン市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。