2014年02月02日

猫ノフルホン市のお知らせ

おわあ、こんばんは。(朔太郎猫風)
詳細がまだ確定していないのですが、前々から「こういうの、やりたいなあ」と思っていたイベントが、開催の運びとなったので、お知らせします。

今までも、石英書房さんの店内古本市のお手伝いをしてきましたし、
古書たなごころさんで店番しつつの「駄々猫祭」などもやってみましたが、
自分が企画して、場所の交渉から始めるのは「初」です。

「猫ノフルホン市」

日時:4月11日(金)〜20日(日) 12:00〜19:00頃 ※14日は定休日
場所:旅猫雑貨店

住所:〒171-0032 豊島区雑司が谷2-22-17(弦巻通り・雑二ストア入り口)

何が「猫ノフルホン市」なのかと言えば。
「猫」(or猫らしき文言)が屋号につく「猫」つながりの店主さんだけをお誘いしました。
プロアマあわせて10店舗ぐらいの参加となります。
東京の古本市はほとんど行っているよ、という方でも、たぶん「お初」の店舗さんがいると思います。

キャリアの長いプロの方もいらっしゃれば、昨年、一箱古本市にデビューしたばかりの素人さんもおられます。
「猫」店主さんが他にもいらっしゃることはわかっていますが、第1回目ということもあり、無理のない範囲でお声かけさせていただきました。
詳細は、2月下旬ぐらい、旅猫さんのブログ告知後に、こちらでもさせていただきます。

なぜ、このイベントを企画したかについて書きます。

私が古本市に興味を持ったのは2009年ですが、その前からのイベントも含めて、古本イベントはたくさんあります。
一箱古本市も各地で開催されていますし、委託系古本市や、フリマっぽいイベントの中での古本販売もあります。
正直、「ちょっと多すぎるぐらいでは?」とも思います。
それなのに、なんでまた自分で、という話です。

あちこちの古本市に参加し続けている間に、知り合いが増えました。
それは楽しいことなのですが、新鮮さはなくなってきます。
それでも、対面販売であれば、「人(店主さん)と話せる」という別の楽しみがあります。
でも、委託系は「本人いるわけじゃないし、いつも同じ人の似たような箱だよなー」と、足を運ぶのがおっくうになりました。

そんな中で、昨年、旅猫雑貨店さんで開催された「オジサン文庫」は、
皆さん、知り合いには違いないのだけれど、切り口が違ったせいか、新鮮に感じました。
「なんかいいな、テイスト違って。婆文庫ってのやりたいなー」「誰誘うの?」「・・・」
という会話をしたことを覚えています。

また、古ツアさんが参加されている「古本ゲリラ」に遊びに行った時には、
「マニタ書房さんの仲間たち」という「いつもの」括りなのですが、自分は仲間ではないため、古ツアさん以外誰も知らず、すごく新鮮に感じました。
(こちらは対面ならではの楽しみもありました)

そういう、「なんか、ちょっと違う?」「いつもの出店者ばかりじゃない」委託系古本市はないものかと考えていて、「便乗するばかりじゃなくて、自分でやればいいんじゃない?」と思い立った次第です。
自分でやってみて初めてわかることもあるでしょうし、そもそも企画だけならいくらでも思いつきます。

最初に誰に話したのか忘れましたが、昨年の夏には「やりたい」気持ちが固まっていました。
恐る恐る声をかけ、4名ほどの賛同者を得られた時点で、旅猫さんにご相談。
「猫ノフルホン市」ですから、やっぱり「猫」がつくお店で開催したかったのです。
旅猫さんが、さほど厳しくない条件での開催を提案してくれたおかげで、開催可能になりました。

どんなイベントでも、最初はなかなか告知も行き渡らず、人も集まりにくいです。
資金力やコネクションがあって、著名人でも呼べれば別ですが、そういうわけでもありません。
何をもって「成功」というのかも、よくわかりません。

でも、協力を惜しまずにイベントのあれこれを教えてくれた旅猫さん、赤字になるかも知れないのに、遠方からも参加してくれる出店者の皆さんが、後悔しないぐらいには、賑わって欲しいと思っています。

猫本コーナーは設けますが、「猫の本」縛りはないので、皆さん、色々なジャンルの本を出品予定です。
「猫」か「古本」にぴぴぴっと来られた方、「都内でよくみかける出店者」とは別の本棚を見てみたい方は、今からスケジュールを空けておいていただければ幸いです。


現在、詳細を詰めつつ、DM制作中です。
続報を楽しみにお待ち下さい。




posted by 駄々猫 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫ノフルホン市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。