2014年01月13日

2014年1月〜の古本フリマ・古本市(一箱古本市含)スケジュール

冬は寒いし、古本どころじゃなかろうもん、と、思っていましたが、先の開催情報にコメントをいただいたので、感謝の念を表すべく、重たい腰をあげました。

放置が許されない状況に追い込まれると燃えるタイプなので(<嘘)、皆様、情報は積極的にお寄せいただきたく、お願い致します猫

2014年1月〜3月頃までの古本フリマ・古本市(一箱古本市含)の開催情報まとめ、です。
この記事は、新情報が入り次第、追加編集します。

公式ページや、情報が多く載っている主催者ページに★リンクをかけておきますが、ツイッターでつぶやかれただけでブログ記事は古いまま、ということもあります。
また、予定変更もあるかと思いますので、正確な情報は主催者さんにお問い合わせ下さい。
定期的に★ページを見ていただければ、募集開始時などに更新されていくはずです。

サイト、ブログ、Twitter、FaceBookなど、私のわかる範囲で情報を拾いましたが、拾いきれないイベントもあると思います。

主催者さんはじめ、各地での古本市系のイベント開催をご存知の方、関わっておられる方、いらっしゃいましたら、コメント、メール、DM、FBメッセなどで教えていただければ嬉しいです。

また、日程が決まっていても、諸々の理由で「まだ発表できない」場合もあります。
そのイベントに関しては、発表される場(サイト、ブログ他)のリンクだけにしておき、「OK」になってから、編集します。

店舗内で開催される、長期型委託系古本市も増加していますが、ここでは「素人も参加できる公募タイプの、基本的には対面販売型で、1〜3日以内開催の古本フリマ・古本市(一箱古本市含)」だけを載せています。

レジ当番方式だったり、半数以上はプロだったり、本と雑貨が半々だったり、飲食も混じっていたり、大きなイベントの一部だったり、5箱ぐらいまでOKだったりしますが、規模も含め、その辺はあまり問いません。

*****   *****   *****

<1月〜の一箱古本市開催情報>

■1月■

1/13(祝) ・おでかけ大門玉手箱(奈良) > 

1/19(日) ・本まっち柏番外編@柏神社手づくりての市(千葉) > 

※サイトには情報が記載されていませんが、直メールで知りました。
 5月18日(日)春の一箱開催のアピール出店のようです

1/19(日) ・古本波止場@大磯市(おおいそいち)(神奈川) > 

※毎月第3日曜に開催されている大きなイベント、大磯市の一部で行われているようです。tinyzooさんが出店されるので教えていただきました。2月に出店したい方は、申込み期間の2月1-4日にリンク先からどうぞ。

1/25(土)〜27(月) ・ふるほん日和番外編@ikka3周年祭 > 


■2月■

2/9(日) ・一箱古本市in本びより@スノドカフェ(静岡) > 

※静岡でのテストケースとして、ブックの日イベントの一部として行われます。今後、本格始動もある、と、考えて良いのかな?

2/9(日) ・一箱古本市@大社の杜みしま(静岡) >

※3月にも「杜のbookフェス」というイベント開催予定だそうです。決定次第、お知らせします。

2/11(祝) ・迷路のまちの一箱古本市@cafe de MeiPAM(小豆島/香川県)  > 

香川、初開催! 参加者募集中、お近くの方、是非一緒に盛り上げて下さい。私も、ご縁をいただいたので、エア参加(箱だけ参加)します。

2/16(日) ・古本波止場@大磯市(おおいそいち)(神奈川) > 

2/23(日) ・大門玉手箱(奈良) > 

※今後、京終駅での開催も検討中だとか・・・奈良も元気ですね。

2/23(日) ・真冬の一箱古本市inメディアシップ(新潟) > 

延期 ・○凸市(えんとついち)〜東区一箱古本市(新潟) > 

※2/23に予定されていましたが、諸事情により延期になりました。
 詳細情報が入り次第、またお知らせ致します。

■3月■

3/2(日) ・秋葉区一箱古本市(新潟) > 

3/15(土) ・ドンと行こうぜホンダラ大作戦!古本市編@西荻窪(東京) > 
3/16(日) ・同上

3/16(日) ・古本波止場@大磯市(おおいそいち)(神奈川) > 

3/21(祝) ・長良川鉄道 列車で一箱古本市(岐阜) 

3/23(日) ・鬼子母神通りみちくさ市(東京)> 

*****   *****   *****

東京の本家、しのばずブックストリート一箱古本市()は、4月27日(日)&5月3日(土・祝) です。

広島の呉ブックストリート()も、日程はまだですが、春開催を宣言しています。
金沢も暖かくなったら毎月開催かと思われます。

繰り返しになりますが、この記事だけを見て、航空券の予約などされるのはお止め下さい。
雨天中止や延期の場合もありますし、責任を持てません。
必ず、事前に主催者情報(一次情報)を確認の上、出店申込みをする、遊びに行く、などして下さいね。


【残念なお知らせ】
2010年から、向島・鳩の街商店街で本イベントを開催してきたふるほん日和が、活動を終了しました。
今年の春のみならず、今後「ふるほん日和」主催でのイベント開催はありません。
昨年秋の開催が、台風で止むなく中止になったこともあり、急な幕切れです。
初回(正確には、プレイベント)から参加してきた私としては、とても残念です。
でも、しのばず一箱の助っ人をはじめ、裏方を手伝うようになってわかりましたが、イベントを立ち上げるのも、続けるのも本当に大変です。
それが「生活を支える仕事」であるならともかく、ほとんどボランティアで成り立っています。
ふるほん日和の皆様、約4年間、お疲れさまでした、ありがとうございました。

放浪書房さん、甘夏書店さん、長縄さん、のご挨拶がツイキャス録画になっています。
環境が許す方は、是非3人からのメッセージをご視聴下さい。>
(私の環境では、画像再生ができず、音声だけ聞きました)
posted by 駄々猫 at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 古本市・古本屋訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

ほっと、ふるほん たまて箱@カフェ ファンチャーナ

あけましておめでとうございます。
昨年は、富山、石巻、山形、会津の一箱に行商ついでに遊びに行き、大勢の方に出会い、お世話になりました。ありがとうございました。

問題は、旅の後は帰宅してからが忙しく、さっぱり記事が書けなかったということです。
こんなブログでも、時々「読んでる」「楽しみ」と言ってくださる方がいて、ありがたいのですが、どうしても「書く(記録する・役に立つ)」より「読む(自分の快を求める)」方が好きで、文字を読む方を優先してしまいます。

そんなわけで、今年も気まぐれ更新になると思いますが、気長によろしくお願いします。

*****   *****   *****

さて、今年の駄々猫舎の活動はすでに始まっております。
お知らせが遅くなりましたが、奈良のカフェファンチャーナさんで開催中の「ほっと、ふるほん たまて箱」に便乗 ゲスト出店 させていただいております。

★ほっと、ふるほん たまて箱★

●日程:1月1日(祝)〜2月11日(祝)
●場所:Cafe funchana カフェ ファンチャーナ


 ・奈良県生駒郡三郷町立野南1-24-5 ハビタブル三郷1F
 ・TEL&FAX 0745-73-1187
 ・OPEN am8:30 - pm19:00 (L.O pm18:30)
 ・CLOSE 毎週水曜日 第3木曜日

店内の本棚に設置していただき販売しておりますが、イベント開催があったり、急な時間変更がある場合もあります。
詳しくはファンチャーナさんのサイト(>)でご確認下さい。

「ほっと、ふるほん たまて箱」は、奈良の大門玉手箱(一箱古本市)の主催者、ぼちぼち堂Sさんが不定期で行っている、ファンチャーナさんへのやや大規模な出張本販売イベントです。
ヒナタ屋さんでの「やまがら文庫フェア」をご存知の方は、あんな感じで本の冊数が5倍ぐらいある、と想像していただければ良いかと。

ぼちぼち堂Sさんと私の出会いは、彼が東京出張のついでに足を延ばした「みちくさ市」でした。
ちょっとした会話がきっかけで私が奈良の一泊一箱に参加したことで交流が始まり、昨年春の奈良訪問の際には、車であちこち案内していただきました。

最後に立ち寄ったカフェファンチャーナさんに、ぼちぼち堂さんの委託販売棚があり、イベントの話になった際に「いいなー、私も出してみたい」と言ったことがキッカケで、本当に奈良に本を送ることになりました。
思いつき憧れ発言を快く受け入れてくださった、ぼちぼち堂さんとファンチャーナの店主さんに感謝です。

ぼちぼち堂Sさんと一緒にいると、「思ったことを口に出す」ことの大切さを強く感じさせられます。
それはまた、彼が奈良の大仏さんにも似た「大らかに受け入れる」雰囲気をまとっておられるからでもあり、「私なんぞがこんなことを提案しても」とか「ずうずうしいかな」とか考え込む以前に、思ったことをふっと口に出せるからでもあります。

イベント最終日、2月11日には、そんなぼちぼち堂Sさんが「是非、奈良で開催したい」と願っていた、pippoさんのポエトリーカフェも開催されることになりました。
「入門編」ということで、ポエカフェで一度学んだ関西の詩人、杉山平一さんと、奈良在住の現代詩人「粥彦さん」こと、西尾勝彦さんを紹介するとのこと。
西尾さんご本人による朗読会も開催されるとか。
私は、西尾さんが作られている小冊子『八月の水』のファンなので、とても楽しみです。

ぼちぼち堂さんのブログ > 

西尾さんのサイト > 


会場が奈良なので、地元、東京近辺のお友達には「行ってね」と言いづらいですが。
関西近辺在住で「むしろ東京より行きやすい」という方や、この期間に観光や出張で奈良に行かれる方は、是非、カフェファンチャーナさんへお出かけ下さい。

サイトをご覧いただければわかりますが、とても居心地の良いカフェです。
ごはんもスィーツも飲み物も、とても丁寧に作られています。
私はマフィンとコーヒーをいただきましたが、美味しい上に良心的なお値段で、近所にあったら、ちょこちょこお邪魔したいと思えるお店でした。

2月10日には、私も奈良入りしていますので、一緒に行っても良いよという方は直メールでご連絡下さい。
「駄々猫なる人に会ってみたい」「本の話がしたい」と思われた方は、11日にファンチャーナさんにいらしていただければ、昼過ぎからいる予定です。

また、奈良や奈良近辺に本やカフェ好きなお知り合いがいる方、シェア、拡散にご協力いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いします。


posted by 駄々猫 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。