2013年12月14日

本購入記録&読書記録:2013年12月7日〜12月13日

「ほぼ週刊だだねこ」が長すぎるという指摘がありまして。
本の購入記録と、読書記録を別記事にします。
本当は、購入記録と読書記録も分けた方が良いと思うのだけど・・・毎日書く、というのがどうにも難しいもので。

●約一週間の購入本(一部)●

11日、Amleteron(アムレテロン)



初訪問の古書店では、なるべく1000円以上消費するようにしています。
アムレテロンは、本が中心ではないし、すでにポストカードやお菓子で「1000円は軽く越え」るとは思ったものの、可愛い造形や、ターシャ・テューダーの絵に抗えず・・・「記念買い」と呼んでいます。

+『なnD』という小冊子、これはとても面白かった。
特に、B&Bでのトークイベントをまとめた巻頭記事、リトルマガジンを作っている4人の会話記事が興味深かった。
私は小冊子やzineを結構良く買うし、基本的には製作者を応援したいと思っているけれど、一方で「この程度の内容に、こんな価格をつけて、恥ずかしいという感覚はないのか?」「広告入れたくないとか偉そうに主張するより、ユーザビリティを考えんかい!」と思うこともあり、ちょいと、もやっとしていたので。
4人4様ながら、甘っちょろくなく「こういう考えで作っている」ということがわかる会話にホッとしたのでした。

11日、古本酒場コクテイル



本を買う気はあまりなかったのだけど、「お先に〜」と外に出てお店の写真を撮ったりしている内に、本棚に引き寄せられ・・・ゆず虎嘯Nさんが一緒だったこともあって、戻って購入。
レトロなロボットの写真が可愛い、眺める系の本。

13日、夏目書房

1213夏目書房.jpg

均一3冊だけ買うつもりが、会計後に棚でお手頃価格で見つけたので。
リスの絵柄のショップカードが可愛い〜いつの間にこのカードになったのかな?

13日、古書ますく堂

1213大坊珈琲店.jpg

夏葉社さんのツィートで知り、ますく堂さんにお願いして取寄せてもらった。
今月、惜しまれながらもビルの立替で閉店するという(移転再開のようですが)名珈琲店、「大坊珈琲店」の本です。
美しい造本にため息がでる。あ、中身も良いですよ。写真集とゆかりある方々の文章です。
一般流通にのらない本の情報をいかに探しだすかは今後の課題。



アイディアインクのこのシリーズは手軽で良いです。
新書にしては高いのだが、内容が詰まっているので、実用書と考えれば割安。
実用書って「内容引き伸ばしてページ増やしている」本とか「ネットで簡単に得られる情報まとめただけ」の本も多い。この本に限らず、その点ちゃんとしていると思うな、このシリーズ。

他に、ぺらぺらのPB絵本(洋書)3冊。

13日、ブックオフ目白店

全品20%オフだったので、落穂拾い的に5冊。
閉店情報が流れてからだいぶ経ってしまったので、セドラーさんたちが抜きまくった後でした。価格的に価値ある本はほとんどなく、単純に「この値段で買えるなら、読もうかな」と思った本と、猫本。


●約一週間の読了本●

推理小説に偏り気味。
1〜3は、モンガ堂ミステリフェアで、2を手にしたら、風太郎さんに「これは3部作だから!あげるから!」と、1,3をいただいてしまったのでした。
4は榊さんちの番頭さん推薦、5はポエカフェ仲間のうららさん推薦。

1『バイバイ、エンジェル』笠井潔
2『サマー・アポカリプス』笠井潔
3『薔薇の女』笠井潔
4『美食探偵』火坂雅志
5『月館の殺人』綾辻行人・佐々木倫子
6『時計館の殺人』綾辻行人
7 妻の超然 (新潮文庫)
8 謎の蝶アサギマダラはなぜ海を渡るのか?
9『発酵食をはじめよう』塩山奈央
他、絵本2,3冊

笠井3部作、好きなタイプだったし、特に2は、さすが「東西ミステリ100」にランクインするだけあって、非常に面白かったけれど、素地があればもっと楽しめる(理解が深まる、想像を拡げられる)と思った。
S・ヴェイユはある程度読んでいるし、カタリ派が絡む部分については、以前、はぎのりお薦めで『オクシタニア』(佐藤賢一)を読んでいたから理解の手助けになったけれど、『悪霊』(ドストエフスキー)を読んでいないのが決定的に弱いなあと。
避け続けてきた露文(ゴーゴリと演劇系以外ほぼ挫折)だけど、こんなところで引っかかるとは・・・。

4、『食道楽』の著者、村井弦斎を探偵役にした軽めミステリで、明治という時代背景や、当時の「食」に関する記述を楽しめた。ただ、謎解き要素は今ひとつだったので、そこが弱いっちゃ弱いかな。解説を、当然というかやはりというか、黒岩比佐子さんが書かれていて嬉しかった。

7、絲山さん作品は小説なのにフセンつけたくなる。私は「小説を書く人」ではないから、「この表現、真似たい」とか「うまい!」とかではないのだけれど、あまりにも的確な言葉だったりするもので。登場人物の独白など、共感度が高すぎて疲れる面もあるのだけれど。

8、海峡を渡る蝶として有名なアサギマダラについての本。研究書ではないから、さして興味がなくても読めるけれど、蝶の生態とか、「移動する生き物」(鳥でもバッファローでも・・・)に興味があれば、より楽しめるでしょう。小さくて弱々しい昆虫の羽に識別票をつけて研究しているってことに驚いた。


posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本記録・紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

ほぼ週刊だだねこ:2013年12月7日〜12月13日

まだ風邪が抜けないでおります、てか、次々に別のウィルスにやられているのかも。
貧弱・・・自然界であれば、とっくに淘汰されているであろう。
ペンギンでもカラスでもなくて良かった。

今週の「無念」は、今年最後の雷鳥部に参加できなかったことです。
おとらさんとみずほさんの誕生祝もあったのにもうやだ〜(悲しい顔)
悲しかったので、TB絵本と雷鳥社の本を読み、冷凍たい焼きを食べました。

●だだねこ足跡●

8日:「どんぐりとゆず虎が駄々をこねる会 ビーぎょ編in宇都宮」

今回、本はほとんど関係ないのですが、一緒に行ったメンバーが、古本市で知り合った面々で。
ゆず虎嘯のお二人と、どんぐりちゃん、私の4人。

だいたいのことは「だだめし」に書きました > コチラ

ちょっとだけ本関係なのは、オリオン通りにある、下野新聞のニュースカフェ。
そういえば、オリオン通りでは、11月に一箱古本市も開催されました。

下野新聞のニュースカフェでは、下野新聞が読めて、置いてある本(新刊、在庫少)も買えるようです。
そういえば、栃木一箱の新刊ブースで、下野新聞社刊の栃木県内のパン屋さんガイドみたいな本を買ったのだが、あれはどこへやったのか・・・必要な時に出てこないこの状況を何とかしたい。

11日:トリオ・ザ・ポエムス年末ライブ

店名失念(カフェ)>Amleteron(アムレテロン)>立ち食いそば>コクテイル

新宿でロケットさんにレモン牛乳を渡しがてら、遅めのランチ&お茶。
高円寺へ移動し、開店から半年も経ってから、ようやっとAmleteron(アムレテロン)へ。
初期の一箱本送り隊活動で知り合って、その後ツイッターだけで細く細くつながっていた、ぶんちゃんが店主さん。
小さなお店だけど、統一感があり、私好みのモノが綺麗に並んでいて、「すっごく真剣に」モノ選び。100円の動物アルファベットバッジは、悩みに悩んで4つ。たまらん!

025.JPG

その後、古本酒場コクテイルで開催されたイベントへ。
中央線で事故があったようで、遅刻する人も多かったけれど、早い段階で満員御礼に。

022.JPG

第一部は、各自が今年の3大トピック、ベスト3本について少しずつ語り、レジュメを配布して、好きな詩の朗読と説明。3大トピックの説明だけで結構時間がなくなり、ベスト本については軽く触れるだけだった。

3大トピックとその周辺話は「お金と時間を使って行った方のみ」のご馳走として。
個人的には、北條さんの「片岡義男さんとカレーを食べた」話が大変羨ましかったです。

3者が選んだ本を書いておきます。
今年出た本とは限らないし、トピックで触れられた本は選ばれていないし、特に岡崎さんは「今年の本」を選ぶ場が多いから、あくまでも「この場での3冊」ということで。

<北條さんの3冊> 順不同
タタール人の砂漠 (岩波文庫)
アサイラム・ピース
若き日の哀しみ (創元ライブラリ)

<pippoさんの3冊> 順不同
上田敏詩集
花電車―詩集 (1949年)
世界の果ての庭 (ショート・ストーリーズ) (創元SF文庫)

<岡崎さんの3冊> 3位>1位
昭和十年生まれのカーテンコール
安井かずみがいた時代
釜ヶ崎語彙集1972‐1973


第二部は、岡崎さんとpippoさんのギター&歌。内容は日本のフォークソング中心でした。
正直に言えば、私は歌はどうでも良いので、第一部をもっと長くやって欲しかったけれど、まあ、それはそれで、BGM的に聴きながら料理を食べたりできたので、良かったかな。
ずっとトークだったら、料理食べたり、隣の人と話したりできないからね。
たぶん、お二人も「静かに聴け!」というより、「自分ら歌いたいから、楽しく飲食しながら、なんとなく耳を傾けてくれれば」ぐらいの感じで演奏されていたと思うし。

コクテイルさんの料理はとても美味しく、下戸の私は、こういう場でもなければ、飲めない自分が席を占領することが申し訳なくてお店に入れないので、ありがたい機会でした。

13日:きりたんぽ鍋を食べる会

ますく堂に取り置き本を受け取りに行き、閉店するという目白ブックオフで落穂拾いをして、駅前集合。
目白にある秋田料理のお店五城目にて、女性4人のプチ忘年会。
旅猫雑貨店さん、ジャングルブックスのユキさん、ゆず虎嘯Nさん、私。
この組合せでの食事会は「初」でしたが、ゆずこNとは今週すべての「おでかけ」で会っており、蜜月すぎる・・・(珍しいことですが)

本の話はろくにせず、つらつらと色々な話をしながら、飲んだり食べたり(料理がすべて旨い!)、私以外の3名様はあいぽん派なので、ラインに投稿したり、FBに写真アップしたりと忙しい。
シメのきりたんぽ鍋が出てくる頃には、結構遅い時間になっていて、ジャングルケンさんがお迎えに。
飲んでないのに「お迎えいいなー、羨ましーいっ!」などと叫びつつ、解散したのでした。


posted by 駄々猫 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

ほぼ週刊だだねこ:2013年11月30日〜12月6日

まだ風邪が抜けないでおります、てか、次々に別のウィルスにやられているのかも。
貧弱・・・自然界であれば、とっくに淘汰されているであろう。
ペンギンでもカラスでもなくて良かった。

今週の「無念」は、今年最後の雷鳥部に参加できなかったことです。
おとらさんとみずほさんの誕生祝もあったのにもうやだ〜(悲しい顔)
悲しかったので、TB絵本と雷鳥社の本を読み、冷凍たい焼きを食べました。

●だだねこ足跡●

3日:しのばずUST観覧

放浪書房とみーさんがご出演ということで、久しぶりにお会いしたくもあり、トンブリンスタジオまで冷やかし応援に。
やっぱり「生とみーさん」は面白い。そして、愛されキャラで、人を惹きつける魅力を持っています。
誰かがとみーさんと同じことをしても、とみーさんのようにはなれないでしょう。

ラッキーなだけじゃなくて、見えない努力もしていると思いますが、運も才能の内というか、運を引き寄せる力も持っているなあと。
羨ましいなあ、まぶしいなあ、と思いながら観覧していました。

6日:石英書房さんとデート>スナックますく堂

トモリカフェ>古書往来座>ますく堂>カフェテルヴェ>エーピッツァ>ポポタム

トモリカフェ、カフェテルヴェ(パンだけ買った)は「だだめし」の方で。
エーピッツァは、夏頃に立教通り店が出来たそうで、テイクアウトでますく堂への差し入れに。お安いし、チーズが薄めでヘルシーな印象。「ごってり、こってり」派の人には物足りないかも知れないけれど、私の胃にはこのぐらいが優しい。

久しぶりに、石英書房さんとゆっくりランチをいただき、お散歩がてら往来座を経由して、ますく堂まで歩きました。他愛ない話も含め、一対一で存分に話せて嬉しかった。

往来座のお店番は、のむみちさん。先日はお会いできなかったので、久しぶりにご挨拶できて嬉しい。
石英さんも、「買いたいと思っていた」吉上恭太さんのCDや、フリペをゲトできて喜んでくれました。
これからスナックますく堂なんだよと言ったら、大箱からりんごとみかんを「差し入れに」といただき感謝。

スナックますく堂到着。先客がいて賑やか。とりあえず一杯ジュースを頼み、本を眺める。セール中のLPと絵本は、それぞれコーナーが出来ていて見やすかった。

雑司ヶ谷つーしんさんから本を返してもらい、「お礼」と可愛いカゴ入り飴ちゃんをいただく。抜け出してパンを買い、店に戻って石英さんを見送り、早めの夕食って感じでピザを買いに行く。戻ったら、人が増えていたので、騒ぎながらピザや、神崎屋さんの手作りポテサラをいただく。声が嗄れてくる。

18時を過ぎてしまったので、慌ててポポタムさんへ。
一年越しで「買いたい」と思っていた、オオカミゴッコさんの巻きぐるみを購入。
狼、うさぎ、ワニ、鹿、等々さんざん迷い、試着して鏡を見て唸った挙句、熊を購入。

セルゲイ.jpg

鮭ロックの「熊担当」だしね。
頭に巻いたりもでき、ロシアっぽいので、セルゲイと命名。
ラフマニノフ(作曲家・ピアニスト)由来です。ブブカ(陸上選手)ではありません。
このブログは本関連ブログなので、もっと写真が見たい!って方は、お手数ですが、FBページをご覧下さい > 

満足してますく堂に戻る。声が完全に嗄れ、まともに話せず、次々に人もやってきたので、早めに帰る。
交流していただいた皆様、ありがとうございました。

●約一週間の購入本(一部)●

30日、料理本専門店onakasuita(ネット)



先週の「気になった情報」に書きましたが、onakasuitaさんが5周年記念の半額セールを開催していたので、レシピ本のまとめ買い。半分は「頼まれもの」、これ他4冊が自分用。
基本的なスコーンやパンケーキが作れるレシピ本が欲しいなと思っていたので。

30日、楽天ブックス(ネット) 



実店舗で買いたいと思っていたけれど、なかなか出かけられないので、えいやっと買ってしまった。すでに8刷。面白くて読みやすい文章なので、二晩で読んでしまった。カラスが可愛く思えてくる。
その他、単行本1冊、挿絵集1冊、コミック1冊。字数が少なかったので、すべて読了。

6日、古書往来座

絵本2冊、小冊子2冊

ドナルド・ビセットの絵に惹かれて、岩波ようねんぶんこ2冊。
会計を済ませて外に出たところで、石英さんが100円の小冊子を発見。
「旅のかばん 房総の暮らしを巡る旅」という2008年に出た冊子でした。
二人揃って手に取り、再度会計。
創刊号って書いてあるけれど、続いたのかな・・・?
パン屋のnayaさんの記事や、ヒモノコレクション、興味深いのだが。

6日、古書ますく堂

絵本1冊、絵本PB2冊、文庫2冊



『指輪物語』で著名なトールキンによるクリスマス絵本。
絵に惹かれて手にしましたが、内容も良いです。
サンタさんの手伝いをしている(はずだが、迷惑もかけている)ホッキョクグマに会いたくなります。

●約一週間の読了本●

今週は頭が疲労気味で、読み物より絵本やレシピ本、冊子など「眺める系」多め。

・『霧越邸殺人事件』綾辻行人
・『続・文豪ミステリー傑作選』
・『芝生の復讐』R・ブローディガン
・『からすの教科書』松原始
離島の本屋 22の島で「本屋」の灯りをともす人たち朴順梨
聖なる怠け者の冒険 挿絵集 フジモトマサル(&森見登美彦)
重版出来! 2 (ビッグコミックス) 松田奈緒子
ぼくらの近代建築デラックス!万城目学、門井慶喜
・小冊子、レシピ本、絵本、12、3冊

●ツイッターなどで気になった情報●

・12/15まで。さくらいようへいさんの「西荻歴史絵巻」展 > 

・「大坊珈琲店」の本、発売 > 

・12/15 西荻ブックマーク >  古ツアさん再び!

・12/14まで。堀内誠一かわいいとのさま原画展 > 

・12/19〜24 「賢治展」 >  (海津研さん参加)

・12/14〜26 ココットマーケット >  (大沢かずみさん参加)

posted by 駄々猫 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。