2013年11月29日

ほぼ週刊だだねこ:2013年11月23日〜11月29日

毎日更新が「無理無理」になってしまったので復活させました、ほぼ週刊だだねこ。
ツイッターに投稿したことが中心になるかと思いますが、適当におつきあい下さい。

この一週間強は、風邪に負けておりまして。発症は21日。
喉からきて咳>鼻水&発熱>鼻水が水になってくる>(外出でぶり返し)>鼻水、頭痛>痰からんでくる(だいぶ復活)>(外出でぶり返し)>発熱、喉痛、頭痛  ←イマココ

私の平熱は35度ないので、37度になるともう立っているのが辛い状態になります。
美術展だの各種展示だのカフェイベントだのに行けなかったことも悔しいけれど、何よりずっと楽しみにしていた、吉上恭太さんのCD発売記念ライブに行けなかったのが非常に悔しい&申し訳ないもうやだ〜(悲しい顔)

pippoさんのポエカフェ秩父散歩も参加を断念し、ポエカフェ&バイキングだけ参加したのですが、それでちょっとぶり返してしまい、また寝込み。
相方にもうつってしまい、彼は気管が弱いので、咳が「喘息?」レベル。
隔離するスペースはないので、家中風邪菌だらけという状態になっていた、ような気がする。
腹立たしいが、空気清浄機なるものを買うしかないのだろうか・・・むう。

そして、痰がからまってきたので、よっしゃーと出かけたせいか、また具合が・・・無限ループかよ。

●だだねこ足跡●

23日:ポエカフェ秩父篇へ

武甲書店にて、宮沢賢治、草野心平、菊田守という三人の詩人を駆け足で学びました。
菊田さんは初めて読みましたが、師匠である、村野四郎氏に「君はいきものを題材にした詩を書きなさい」と言われてそれに従い、いきもの関係の詩が多いのだとか。

いきものを越えて、森羅万象系の賢治さん、カエルになりきり系の心平さんも好きですが、あくまでの「人の目でいきものを観察し、詩にした」守さんも良いです。私は「なりきり」より「観察者」タイプなので、共感度が高い。

28日に、古書往来座で、緑の笛豆本335「詩集 骨骨骨骨」(菊田守)(豆本制作は、蘭繁之氏)を見つけ、すぐに求めました。

本好きな人にはよくある経験だと思いますが、秩父ポエカフェに行っていなければ、たぶん見過ごしたでしょう。前にも目にしていたかも知れないけれど、買おうとは思わなかったわけで。
こういう「本との出会い」のタイミングは大切にしたいです。

28日:池袋〜雑司ヶ谷ぶらぶら

散髪>コメダ珈琲>リブロ>ジュンク堂>往来座>旅猫雑貨店>ジャングルブックス>ベベ(パン屋)

コメダ珈琲、ベベは「だだめし」の方で。
書店古書店での購入本は別コーナー?で。

往来座のお店番は、薄田王子。一人なのに、お客さんはいっぱいだわ、遠方からの大量買取持込みのお客様はいるわで忙しそうだった。
のむみちさんの「名画座かんぺ12月号」、できたてホヤホヤをいただけて嬉しい。
イモマンガ、雲のうえ(いずれもフリペ)もゲトできて一安心。

旅猫さんには、店主さんの兄上である、刃砥ぎ堂さんが復活して一日出店されると知り、急遽行くことに。

以前、愛用の包丁を砥いでもらったら、手入れを怠っていたなまくら包丁がめちゃくちゃ使いやすくなり、感激したのです。刃砥ぎ堂さんが闘病のためお休みしていた間は困りました。
シャープナーは持っているから、たまには砥いでいますが、プロの砥ぎ師の手入れは、素人とはまったく違います。
がく〜(落胆した顔) これ、全然本ネタじゃない・・・「だだめし」に譲ろう。

刃砥ぎをお願いしている間、久しぶりのジャングルブックスさんへ。
ユキさんが占い中だったら、邪魔になるから引き返すつもりで行ったら、ちょうどお客様もおらず、ひとしきり世間話などできて。本の話だけじゃなく、久しぶりにいっぱい話せて嬉しかった。

旅猫さんでは、先日受け取り損ねた「Ω社展」のお買い上げ特典(可愛い黒猫!)をいただき、ポスト柄のレターセットを購入。
文月さん、らいみちゃん、お手紙待っててね!

●約一週間の購入本(一部)●

28日、池袋リブロ



著者サイン本につられて。佐々木マキ展でのサイン会には行けなかったので。
おおかみイラスト付きのサインが嬉しい。
イラストには色々な種類があるそうですが、やっぱりおおかみ (こどものとも傑作集)好きとしては、おおかみで「当たり」

28日、池袋ジュンク堂



近藤聡乃さんを知りませんでしたが、ジュンク堂で、ナナロク社さんによるフェア開催中で、目に付いた。
絵柄に惹かれてなんとなく手に取りました。
NY在住の現代アート作家(女性)だそうですが、力の抜けた鋭さ、みたいなものを感じる文章が心地よい。

画家とかイラストレーターとか、本業が美術系制作者って人の文章は、たいてい好きです。
なにかどうとうまく言えないけれど、文筆家に比べて「文章で勝負」していないところが気楽に感じるのかも。まあ、エッセイなんかが多くて、小説(創作物)じゃないからかも知れない。
音楽系の人の文章にも同じような印象を受けます。

無料配布の「書標」11月号が切れていて悲しかった。10月号はゲト。
「読む人ぞ、知る」という特集に、景文館書店と夏葉社(いずれも一人出版社)の対談が載っている。
夏葉社本はほぼ持っているのだが、景文館書店は知らなかった。

気になった本↓ 



初めての著者は「買わんでも良かったかな」が怖いので、とりあえず図書館借りるかとなることが多いのだけど、一人出版社を応援する意味でも、これは買っちゃえな感じ。
ノア(の箱舟のノア)が洪水の後でアル中になる話が読みたい。聖書再読して予習しておかんと。<?

28日、古書往来座

先述の豆本以外に、絵本1冊、猫本1冊。
猫本蒐集しているので個人的に「猫本」に振り分けたけど(往来座でも猫コーナーにあった、ナイス配置!)、NDCなら「詩集」ジャンルですな。

猫談義―崔華国詩集 (1984年)

崔華國は、ポエカフェ常連で、息子ぐらいの年齢の青年M君に教えていただいた詩人。
これも、M君が選んだクリスマスプレゼントが私の手元に来なければ、きっとスルーしていたことでしょう。
本との出会い率が高いんだよなー、往来座。

28日、ジャングルブックス

絵に惹かれた、小さな洋書絵本と文庫1冊。



外文苦手な私ですが、ブローディガンはぽつぽつと読んでいて。
これは未読だったから。
ジャングルさんでは、棚を見ている内に、なんだか外文を買いたくなる傾向がある。

●約一週間の読了本●

臥せっている時間が長かったので(PC仕事&遊びができなかった)、読書「は」、はかどりました。
発熱時と頭痛の時は無理なんだけれども、鼻水は真上を向いていればあまり出ないから、腕が鍛えられたかも知れない。

・『盤上の夜』宮内悠介
・『整理HACKS!』小山龍介
・『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』麻耶雄嵩
・『夏と冬の奏鳴曲』麻耶雄嵩
・『ブルース』花村萬月
・『Back 2 Back』佐々木中/いとうせいこう
・『役たたず、』石田千
・『鉄道落語』古今亭駒次 ほか
・『まぼろし万国博覧会』串間努
・『オケ老人』荒木源
・『まほろ駅前番外地』三浦しをん
・『へんな死にぎわ』のり・たまみ
・『文豪ミステリー傑作選』
・『東京ひがし案内』森まゆみ
・みちくさ市で買った小冊子あれこれ

一週間より前だけど、めちゃくちゃ身につまされて、あっという間に読んでしまった一冊↓



本の雑誌連載中に、何篇かは読んでいるのだけれど、あらためて面白かった。
私の中にも「MOTTAINAI」マータイさんが鎮座ましましておりまして。
でも、マータイさんがいるなら、なんつーか、もうちょっと「モノを大切に」すべきじゃないかと。
何がどこにあるのかわからない状態、活用できずにいる状態は、モノを愛しても大事にしてもいませんね。

マータイさんを追い出しつつ、どんどんモノを処分していく内澤さん、褒め言葉として「オトコマエ」すぎる・・・。
炊飯器ぐらいなら、日記や手紙や写真なら、決心さえすれば、私とて捨てられるでしょう。
が、私がどうしても捨てられないアレや、たぶん、日本人の9割以上は捨てられないであろうアレを捨てた彼女はカッコ良すぎます。

一番身につまされたのは、「娘は年をとるとだんだん母親に似てくる」という話。
内澤さんの母上は「捨てる女」だったらしく、彼女は反面教師的にも「溜める女」だったのに、病気のせいもあってか、40過ぎて一転「捨てる女」に。身体を動かす習い事への、のめり込みぶりも似ているとか。

まさに私もそれを感じているのだが、状況が逆なのだ。
母は「溜める女」で、昔の私は「捨てる女」だったのに今や・・・そして、ハンドメイドに憧れるが不器用であるとか、家族に歓迎されない保存食を食べきれないほど作ってしまうとか、色々な面で母に似てきたと感じる昨今。
心の中で叫びましたよ「いやああああああ!」って。

断ち切りたい・・・。

内澤さんの本は、今までも読んできたけれど、今回特に、高野秀行さん(好きだ!)の文章に似た軽快さ、面白みを感じました。お二人が同窓で仲良しだからかな?
ちなみに、コレ↓も相当面白いです。イラスト付き人間観察記です。



●ツイッターなどで気になった情報●

・11/30〜12/2 料理本専門店onakasuitaさんセール > 

・古書現世、向井さんのブログ更新が頻繁に > 

・12/1 下北沢にクラリスブックス開店 > 

・らいちょうくんカレンダー発売 > 

・12/1〜14 ブックスモブロさんのイベント「物語とドーナツと」 > 

・〜12/23 「山崎省三・村山槐多とその時代」@横須賀美術館 > 


posted by 駄々猫 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

岡崎武志 挿絵展&一人古本市 開催中!

両国の、フリースペース緑壱にて、岡崎武志 挿絵展&一人古本市 開催中です。

会期:11月13日(水)〜 30日(土)
時間:12時〜18時 (月・火 定休)
場所:フリースペース緑壱


住所:東京都墨田区緑1-8-3
最寄り駅:両国(JR、都営大江戸線)
電話番号:03-5624-9035

・挿絵は、販売もしています
・来場者全員プレゼントがあります
・24日(日)15時〜「岡崎武志「蔵書の苦しみ」と楽しみ 講習会」開催(申込みは、緑壱へtel.で)
・古本は200冊程度と少なめですが、岡崎さんが会場に行くたびに追加があります
・岡崎さんの在廊日、時間については、ご本人のブログでお確かめ下さい

*****   *****   *****

初日に行ってきたのですが、ご本人もおられ、お茶もいただき、挿絵やイラストがところ狭しと展示された空間を堪能してきました。

岡崎さんの「日々の釣果」(もちろん古本の)写真アルバムが面白かったな〜。
一ファンとしてもですが、本読みの端くれとしても、一箱出店者としても、とても興味深く勉強にもなるアルバムでした。

あと、お散歩写真アルバムも、散歩好き、建物好き、古本屋好きとして、見ていて楽しかった。三鷹の天文台には是非とも行かなくちゃ!

さて、『緑壱』の場所がわかりにくいとの声を拾ったので、お節介婆猫の出番です。
都営大江戸線、両国駅からのアクセスを写真付でご案内します。
JR両国駅から行かれる方は、最初に「9」を読み、「3」に戻って下さい。

●フリースペース『緑壱』への道順●

1. 都営大江戸線、両国駅のA5出口へ出ます、階段を上ったところが清澄通り

021.JPG

2. 左手向かい側にみずほ銀行が見えます、清澄通りを左方向へ直進

022.JPG

3. 100mもいかずに京葉道路(14号線)の四つ角(緑一丁目信号)にぶつかるので、横断歩道を直進
  (オーダーシューズ、auの看板がある角へ渡る)

024.JPG

4. オーダーシューズ、auの看板がある角に立つと、前方に「とんかつ」の看板があるので、そのまま直進

025.JPG

5. 歩道右側にバス停(緑一丁目)があります、まだ直進

026.JPG

6. 「片岡旗店」の看板が見えたら、横断歩道を渡らずに左折

028.JPG

7. 50mぐらいで右側に見える、オレンジの壁の家が「フリースペース緑壱」です。

032.JPG

8. 「いらっしゃいませ!!」

033.JPG


<JR両国駅からの道順>

9. JR両国駅からのアクセスは、京葉道路の四つ角までの写真がありませんので、大通り沿いのわかりやすい道をご案内します。
裏道好きな方は、古ツアさんの記事を見て下さい > 

9-1 東口に出ます、国技館や大江戸博物館の反対側です
9-2 ホテルベルグランデと両国リバーホテルの間の通りを直進
9-3 100mぐらいで京葉道路(14号線)にぶつかるので、左折し、京葉道路に沿って直進
9-4 400mぐらいで、四つ角(緑一丁目信号)にぶつかります
9-5 斜め前のオーダーシューズ、auの看板がある角へ渡る(道順3.へ)


*****   *****   *****

遠方で「行きたいけど行けない」方のために、店内の様子を少々。

042.JPG

挿絵、イラストがびーっしり展示されています。
後姿は御大。旧知のプロカメラマンさんと歓談中。

040.JPG

日々の釣果古本写真、古本に挟まっていたもの、その他も展示されています。
古本コーナーには、本ばかりでなく、昔の付録や小冊子なども。

034.JPG

1冊じゃダメってことですか?

036.JPG

年末ですからねえ・・・私のお気に入りの一枚

039.JPG

広島の古本交差点での売上スリップも展示。
財津さん、マドレーヌさん、見て見て〜!


どうやら、古本コーナーはめまぐるしい勢いで変化している模様。
すでに初日とはだいぶ異なるラインナップになっているようです。
国立のビブリオで開催された「一人古本市」をご覧になっている方は、「古本少ないなー」と思われたかも知れませんが、次々に補充されていますから、何度か足をお運びになるとよろしいかと。

繰り返しになりますが、岡崎さんに会いたい!という方は、ブログをチェックしてからお出かけ下さい。
著書へのサインなど、気さくに応じてくれますよぴかぴか(新しい)

okatakeの日記 > 


posted by 駄々猫 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 古本市・古本屋訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

11月17日は鬼子母神通りみちくさ市!

鬼子母神通りみちくさ市、11月17日(日)開催です!

時間:11:00〜16:00 雨天延期>23日

駄々猫舎の出店場所> 14.西参道薬局前
 tinyzooさんと共同出店ぴかぴか(新しい)

出店者一覧とアピール文、場所の写真は >>> コチラ

都電の鬼子母神前駅から鬼子母神に向う通りの左側です。
絵本の委託販売でお世話になっている、辻堂の絵本cafe、tinyzooさんと隣同士での出店です。

加えて、駄々猫舎サポーターズ(?)を招聘しました。
姉妹ユニット、ユタカタのナツコちゃんと、CD「On Shinobazu Book Street」を発売したばかりの、吉上恭太さんです揺れるハート

恭太さんは、CD試聴ができるように、プレイヤーも持ってきてくださるとか。
22日(金)の晩には、千駄木の古書ほうろうでのライブが決定していますが、なかなか聴く機会のない方は、試聴のチャンスです。
是非お立ち寄り下さい。

お隣に甘夏書店さん、その隣にドーナッツブックスさん、お向かいにはゆず虎嘯さんと、仲良しさんも近いので、終日、楽しく過ごせそうです。

今回は、ジモトワカゾー野菜市が16日開催なので、少しは落ち着いて店番ができる・・・かな!?

トークショー、ワンコイン落語会、ブング展&ワークショップもありますので、たとえ古本に興味がない方でも、丸一日楽しめます。
鬼子母神、大鳥神社境内で手創り市も同日開催なので、そちらも是非。

みちくさ市の全貌は >>> コチラ

手創り市の出店者一覧は >>> コチラ

9月にやろうと思っていた「1冊でも2冊でも100円」企画は、コンビニコミックをかなり捨ててしまったため断念しますが、販売価格は50円〜です。

今回、絵本はtinyzooさんにおまかせってことで、福猫袋(冬バージョン)、最近読み終えた本&発掘された本たち、雑貨(鮭ロック含め)、ますく堂さんからの預かりもの(雑誌と小冊子)、どすこいフェスティバルさんからの預かりもの(チャイティ絵葉書&ポチ袋)等々を並べます。

余裕がない&重さに負けるため、「購入者特典」の配布はありません。
ヒナタヤ四季報(秋版)はまだありますので、お持ちでない方はお手に取って下さい。
チラシ、フライヤーなど、駄々猫に配布手伝いを依頼したい方は、ブースまでお持ちいただければ、適宜配布させていただきます。(無料ですが、おやつを与えると張り切ります)

★切手払いOK! <古本よあけさんのアイディアを真似しました

額面は合計額があっていさえすれば7円とか半端でも構いません。
記念切手だと嬉しいですが、普通の切手でも構いません。
ただ、送付するのに失礼でないコンディションのものに限ります。
リサイクルした糊なし、日焼けが酷いもの、折り目がついているものなどはご遠慮下さい。

西荻でやってみたら、2名利用していただけたので、引き続きやります!
「切手たくさんあるけど、使わないんだよなあ」という方は、是非ご利用下さい。

★ひとりブクブク交換

基本的に300円以下の本に限らせていただきますが、ブクブク交換にも応じます。
お手持ちの本や小冊子(zine)と、駄々猫が販売している本を交換しましょう。
ただし条件があります。

・交換できるのは、駄々猫の本のみです(ナツコちゃんの本や、ますく堂さんの委託本はダメです)
・駄々猫が交換したいと思う本じゃないと、取引は成り立ちません
・小冊子(リトルプレス、zine)、珍しいフリペ、大歓迎♪

わざわざ持ってきていただいても、「ごめんなさい、それはもう読んだので」「持っているので」とお断りすることもある、と。
無料で手に入れたフリペでも、私が持っていなくて「それ、是非とも欲しい」と思えば、交換可能である、と。
zineやフリペ制作者の方は、是非、ご自分が作ったものをお持ち下さい。

なんて書いてみたけれど、こんなんやる人いるのだろうか?
まあ、どっちにしても本を持ってくる出店者さんの中で、ゲーム感覚で「交換」を楽しんでくださる方がいればな〜ぐらいの気持ちでおります。

今年最後のみちくさ市、楽しみましょう猫

時間未定で、ご挨拶に行ったり、手創り市に行ったりしているので、御用の方は事前に携帯メールにてご連絡願います。
10:30ぐらいから準備を始めますが、スタートすると、私はツイッターなどまったく見なくなります。
ながら族ができないので。
@やDMでご連絡くださっても反応できませんので、ご了承下さい。

*****   *****   *****

今回のみちくさ市は、常連さん多めですが、みちくさ市デビューされる、ぼちぼち堂さんをご紹介します。

出店場所 > EX.個人宅シャッター前(キク薬局ガレージ本部そば)

アピール文 > 今まではお客の側で楽しんでいましたが、ぼちぼちと初参戦。夫婦でテイストの違う本を並べる予定です


先月の会津一箱が「一箱デビュー」で、父母娘がそれぞれ本好き、というご家族です。
奈良の大門玉手箱主宰のぼちぼち堂さんとは別の方です。

家族出店って、小学生までぐらいのお子さんと両親とか、母娘、兄弟姉妹というパターンは結構ありますが、成長した娘さんと父母というパターンは少ないように思います。
家族とはいえ趣味が違う3人が、それぞれ選んだ本を持ち寄り、一箱の中でも「誰の本が一番売れるか」という戦いが繰り広げられるそうです。

素敵な本好きご家族なので、購入はともかく、是非お三方との「会話」を楽しんでみて下さいるんるん
猫の本も用意すると聞いたので、私も早めに駆けつけなくっちゃ。

*****   *****   *****

近くのイベント案内をば。私は明日、16日に参上予定♪

●佐藤ジュンコ個展@貝の小鳥●

・11月9日(土)〜24日(日) 11〜18時 火曜定休

タイトルは「フルーツケーキと青い凧 〜海の匂いを聴いた夜から」

秋の展示は、なんといっても芋煮が気に入りましたが、冬の初めはどんな世界が展開されるでしょうか。
オリジナルグッズや仙台のジャム屋salzさんのジャム販売もあります。

詳しくは > コチラ


●「レトロと民芸品 ふたたび」@旅猫雑貨店●

・11月15日(金)〜24日(日) 12〜19時(日・祝11〜18時) 期間中無休

前回も大好評だった、Ω社(オームしゃ)のアイディアと空想から生まれた、愉快で面白い架空品の数々が並びます。
架空広告ポストカードには新作も! 一筆箋やメッセージカードなども登場。

民芸品は定番のひとびっと、つかるこけしシリーズに加え、初お披露目の新作がズラリ。
一点モノあるそうなので、興味ある方はお早めに!

詳しくは >>> コチラ

みちくさ市と同日にも廻れると思いますので、少し足をのばして、雑司ヶ谷〜目白散歩をお楽しみ下さい。

posted by 駄々猫 at 19:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 駄々猫舎ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。