2013年10月15日

ざっくり旅記録(東北一箱行脚篇)

ただいま、東京。
こんばんは。10年の一度の巨大台風が、会津一箱にぶつからなくて本当に良かった。
また、昨年の松山(台風で飛行機が飛ばず、帰れなかった)を思い出している駄々猫です。

今年最後の遠征旅は山形&福島。
山形、喜多方、会津若松でお会いした皆様、お世話になった皆様、ありがとうございました。

詳しいレポートは後回しにさせていただきますが(できないかも知れない・・・)、取り急ぎ、今回の旅の経路をざっくりとご報告。

そもそもは、昨年あたりから、山形出身の盟友どんぐりさんと一緒に「山形一箱に出そう」と計画していて。
ブックブック会津が、山形一箱に続いてあると知り「じゃあ、両方行こうか」となり。

申込みをして、ホテルの手配をして・・・と予定を進めていたところ、どんぐりさんが急に行けないことになり。
大慌てでスケジュールだのホテル手配だのをやり直したのですが、国際ドキュメンタリー映画祭やら八重の桜効果やらで希望通りには行かず、最初から「ちょっと困った」旅になりました。

でもまあ、終わってみれば「充実したなー、楽しかったなー、また行きたいなー」という結論になったし、台風にもやられずに済んだので、良かった良かった。

11日
7時前に自宅を出て、新幹線つばさで山形へ。
11時頃、山形着。ホテルに荷物を預け、駅に戻って翌日の新幹線を手配。
駅前の郵便局で、風景印をもらう(文月文庫さんの影響で目覚めた)
観光案内所で見つけた「やまがた時代絵巻-建物-」地図のスタンプラリーをやってみることにする。
(スタンプが好き)
山形城跡などを見学し、100名城スタンプをもらい、ボランティアガイドのおじさまと「山形城や最上義光をメジャーにするにはどうすれば良いか」を話し合う。
旅篭町のそば屋で新そばランチ。個人的に好きなタイプの太め固めそばで大満足。
スタンプポイント(主に古い建物)でスタンプを、郵便局で風景印を貰いつつ、市内を巡る。
ブックカフェ紙月書房へ。お茶セット(出汁巻卵付)が素晴らしすぎて泣き、本を買う。店主夫妻と少し話す。
郵便局で風景印を貰い、途中で見つけたパン屋さんで、晩ゴハン用パンを買う。
古書香澄堂へ。均一に喰らいつき、更に中でも本を買う。店主さんと少し話す。
ホテルへ戻って、チェックイン。
荷物(本が重い)を置き、雨の中スタンプポイントへ行くが、「18時までです」とあえなく撃沈。
『本屋図鑑』に載っていた書店、八文字屋へ行くが、雨が酷くて濡れが不安になり、買えず。
市民会館で、国際ドキュメンタリー映画祭作品を観る。クリス・マルケル監督作品4本立て。
仏語での上映で、同時通訳機を借りたが、私の耳に合わず。
最初の『宇宙飛行士』と最後の『エクリプス』は楽しめたし好きだと思ったけど、途中2本は半分ぐらい寝てしまった。
ホテルへ戻り、遅めの夕飯(パンと野菜ジュースとみかん)

12日
ホテルをチェックアウトし、一部の荷物を預けて、会場の山形まなび館へ。
手持ち本を置き、近くの郵便局へ送った本を受け取りに行く。
ついでに、頼まれものの「ご当地フォルムカード」を大人買いし、風景印も貰う。
一箱古本市受付。雨になるかもとのことで、会場は建物内に。
廊下の机を使った場所にして、開店準備。
10時スタート、接客したり、店主さんと話したり、他の箱写真を撮ったり。
まなび館内のカフェスペースで、山形名物「どんどん焼き」をいただく。(ランチ)
他店で買い物したり話したり。
連絡していなかったのに、新卒入社した会社での同僚Yちゃんが、家族で遊びに来てくれた!
差し入れまでいただき、超・嬉しかった。
16時の終了30分前に、買った本と送り返す本を箱詰めして郵便局へ。
終了後、「もういいや」な本を、亡羊堂さん(山形が地元の出店者さん)に引き取っていただく。
「交換」ということで、猫本を1冊いただく。
更に、駅前まで送っていただき、重たい荷物をロッカーへ。
街中に戻り、船山書店、八文字屋で新刊本を2冊ずつ購入。最後のスタンプを押す。
打上げ@イサオティーノ、美味なるイタリアン!ピザめさうま。12,3人だったので、こじんまりしていて、皆さんと話せたし、読書会(本の紹介会?)も楽しかった。
宴たけなわでしたが、心配性なので早めに駅へ。最終つばさで郡山に移動、ホテルにチェックイン。

13日
7時半のバスで郡山から会津若松へ。
バス内で軽く朝食(ファミマで購入したサンドイッチ)
ホテルに荷物を預け、巡回バスで、鶴ヶ城(会津若松城)へ。
資料館になっている城内を見学しながら登って行く、結構混雑している。
土産物屋をひやかし、巡回バスに乗るつもりが道に迷って、いいやと郵便局まで歩く。
風景印をもらう。残念ながら、ご当地ポスカの販売はなし。
三番山下にて、おきあがりムンクと古本を買う。(その後、会う人毎に見せて自慢)
七日町駅まで歩きながら、古くて雰囲気のある建物の写真を撮る。
七日町駅カフェでスコーン、しそジュースを買う。
七日町駅から電車に乗る、強風で遅れていて、会津若松駅乗り換え時、皆で走る。
しそジュースを飲んでいる内に喜多方到着。
一箱古本市会場、つきとおひさまへ。顔見知りの店主さん以外にも、散歩堂さん、いとぽんちゃん、山形一箱事務局の五十嵐さんに会う。色々な人に色々な人を紹介する。(ちょっとわけわかんなくなる)
散歩堂さんと、つきとおひさま店内でランチ。お豆腐を分けていただく、感謝。
お豆腐(特に厚揚げ)、きのこストロガノフ、チャイ、美味美味。
各店を眺め、しゃべり、本を買い、紙のブックカバーを眺めている内に全部欲しくなって買う。
各自店を出たのはバラバラでも、結局駅で、五十嵐さん、散歩堂さんと会って一緒に会津若松へ。
ホテルにチェックイン後、顔合わせ会(飲み会?)@ホテルニューパレスへ。
喜多方店主さんだったPARA BOOKSさんご夫妻、ボランティアスタッフのお二人、散歩堂さん、Ryoko’s Bookshelfさん、天然酵母のパンの店くぅべくぅべ店主さんと同じテーブルで、ちょこちょこ話す。
散会後、夜散歩しつつホテルへ戻る。

14日
一部荷物をホテルに預け、集合会場へ。
山形で「会津で受け取ります」と言っておいた、遠古堂の「店長」(手作り土偶)を受け取る。
出店場所へ行くが、「11人いる!」事件発生。(出店場所が間違っていた)
気を取り直して、移動>出店準備。
日当たりが良すぎてクラクラするが、何とかスタート。
接客、あいさつ、おしゃべり、写真撮影等々忙しい。
のどが渇くが、自販機がなかなか見つけられず、やっと見つけたら、ほぼ売切。
仕方なくドデカミンボタンを押すが、出てこない! 電話をかけると留守電。
かまねこさんらにぶーぶー訴えていたら、電話がかかってきて「これから行きます」
返金&ドデカミンを一本貰う。
ボランティアスタッフさん(学校の授業の一環だそう)がとても有能なので、おまかせしてランチへ。
屋台のB級グルメらしい、会津焼きそばカレーかけを食す。結構美味い。
他会場を巡り、ブックコンテナを眺め、セレクトブックシェルフを覗き、それぞれで買い物をする。
戻って店番。14時半だが、人通りが少なくなっている。15時終了は正しいなと思う。
荷物を送る手配などしている内に、表彰式なるものは終わっていた(笑)
旅猫さん、散歩堂さんと、珈琲で一服@焙煎屋珈琲店、生き返る。
ホテルへ戻り、荷物整理をして早めに駅へ行き、お土産を買って、電車に乗ってくつろいでいたら、散歩堂さん登場。
郡山まで楽しく話す。散歩堂さんの一箱古本市&旅に対するスタンスが自分に近いので嬉しくなる。
郡山からつばさで大宮。ずっと寝ていた。
20時前に自宅着、意外と早かった。


相変わらず、旅に出ると一層活動的になるなー。一人だと歯止めも利かない。
それでも、「あの店にも行きたかった」「あれも食べたかった」等々あって。
山形も、今回スルーしちゃった郡山も、会場に直行直帰だった喜多方も、会津若松も、また訪ねたいと思ったことでした。
posted by 駄々猫 at 22:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

山形一箱&会津一箱に出店します

山形、会津一箱の準備がまだ終わっていない駄々猫です。
明日は山形行き(前日入りして、市内観光)だというのに、困った。
楽しいはずの旅支度が無間地獄のような状況に。

いやその、古本市のことだけ考えていれば良いのですが、マイ旅魂が「せっかく行くなら」と、あれもこれもと欲張り、調査に時間がかかるという。

改めて、車なしでの遠方出店&趣味旅を楽しむことの両立って難しいなあと思います。
本は重いので、自力で運ぶのが大変だし、運べたとしても、それを持ってウロウロするのは無理。
それから、電車やバスは時間に縛られる。

たとえば、13日は喜多方へ遊びに行くのですが、電車の本数が少なくて・・・いかにして、会津若松城を見学することと喜多方訪問を両立するかに苦悶。<大袈裟

それぞれのオープン時間も異なるわけで、喜多方の古本市は12時〜16時。
城は16時半ぐらいまで。
喜多方、会津若松間の電車は、一時間に一本あるかないかで、喜多方に行ったら、城が閉まる前に戻るのは至難の技だし、ランチは是非、会場でいただきたい。
とすれば、どうしたって先に城を見てスタンプを・・・。

しかしながら、山形の打上げに出ると、当日中に会津にはつけないんですね、電車やバスでは。
で、12日は郡山泊にして、13日の朝は郡山から始まる。
開城と共に城に登るのは難しいし、荷物は駅前のホテルに預けたい。
ホテルから城までは距離があり、喜多方へ向かうにも、一度会津若松駅まで戻らねばならない。
「車の運転ができればなあ」と思いますホント。

会津で取れたホテルが駅前だけど、一箱会場は隣駅の七日町近く。
荷物を持ってのホテルから会場へのルート確認(たぶん、バス)もせねばならない。

ネットがあるとはいえ、事前に時刻表だの地図だの調べるのには時間がかかります。
旅先にはPC持ち歩かない主義で、頑なにガラケーにしていますが、私のような行動範囲の人間こそ、スマホを持つべきなのだろうか。

とまあ、「好きで出店するくせに何を言っているのか!」と突っ込みが入りそうなぼやきはこのくらいにして。

山形の方には書きませんでしたが、会津の方に書いた「出品内容」に「偽りあり」になりそうです。
すみませぬ。

きのこ切手の準備ができません。
セットする時間がどうしても取れない。
福猫袋は少ないながらも何とか・・・きのこファンの方、申し訳ありません。

本は、あえてジャンルを絞らず、硬軟取り混ぜての箱になりました。
絵本は重たいし、tinyzooさんに委託していて品薄なので、ナシ。
図録、雑誌もかさばるのでナシ。
単行本少な目、マンガ少々、文庫それなりですが、全体冊数50冊ぐらいかな、少ないです。

雑貨類は、鮭ロックグッズ(なかなか売れないがしつこく持っていく)、ブックカバー少々。
こちらも、あまり多くはないです。

たぶん、売るより買う方が多い現象が起きるのではないかと。
まあ、それも良いです、何より交流が楽しみなので。
最初から客で行けば良いではないか、と、今更ながら思ったりもしますが。
お客参加だと、覚悟ができないのね、「やっぱやーめた」ってなりがちなので、何が何でも現地へ行くための出店でもあるのです。
それに、お客専科よりも、自分も出店者の方が、他の出店者さんと仲良くなれる気がします。

あまり具体的ではない内容ですが、宣伝?終わり。

それでは、山形の皆さん、喜多方の皆さん、会津若松の皆さん、各地から来られる出店者の皆様、会場でお会いしましょう。
本の話なら、基本的にどんな話でも興味が持てるので(自分が読まない分野でも、薀蓄を聴くだけでも)大勢の方とお話できることを楽しみにしております。


posted by 駄々猫 at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

2013年秋の一箱古本市スケジュール

秋(9月〜11月)の一箱古本市の開催情報をまとめました。
この記事は、新情報が入り次第、追加編集します。

公式ページや、情報が多く載っている主催者ページに★リンクをかけておきますが、ツイッターでつぶやかれただけでブログ記事は古いまま、ということもあります。
また、予定変更もあるかと思いますので、正確な情報は主催者さんにお問い合わせ下さい。
定期的に★ページを見ていただければ、募集開始時などに更新されていくはずです。

サイト、ブログ、Twitter、FaceBookなど、私のわかる範囲で情報を拾いましたが、拾いきれないイベントもあると思います。

主催者さんはじめ、各地での一箱古本市系のイベント開催をご存知の方、関わっておられる方、いらっしゃいましたら、コメント、メール、DM、FBメッセなどで教えていただければ嬉しいです。

また、日程が決まっていても、諸々の理由で「まだ発表できない」場合もあります。
そのイベントに関しては、発表される場(サイト、ブログ他)のリンクだけにしておき、「OK」になってから、編集します。

同じ一箱の委託系古本市も増加していますが、ここでは「素人も参加できる公募タイプの、基本的には対面販売型の一箱古本市」だけを載せています。

集中レジ方式だったり、半数以上はプロだったり、本と雑貨が半々だったり、大きなイベントの一部だったりしますが、その辺はあまり問いません。

*****   *****   *****

<9〜11月の一箱古本市開催情報>

9月

9/1(日) 秋葉区一箱古本市(新潟)> 
・9月中に、堀出神社(1日)、県立植物園(22・23日)、新津あおぞら市場(29日)の4日間開催

9/14(土) 鬼子母神通りみちくさ市(東京)> 
9/15(日) 同上

9/21(土) 一箱古本市in大谷地(北海道・くすみ書房)>
9/22(日) 同上

9/22(日) 呉一箱古本市(広島) > 

9/28(土) ミサキファンフェスティバル(神奈川) > 
9/29(日) 同上

9/28(土) 国立コショコショ市(東京)> 
       第28回 大門玉手箱(奈良)> 

9/29(日) 一箱古本市@源法院(石川・金沢)> 

10月

10/6(土) 一箱古本市in沼垂市場(新潟)> 
10/6(土) BOOK在月・松江一箱古本市(島根)>
10/6(土) 本まっち柏(千葉)>
10/6(土) やまのうえの一箱古本市(兵庫)>

10/12(土) 山形一箱古本市(山形)>

10/13(日) おでかけ大門玉手箱inあけぼのパーク多賀(滋賀)>
10/13(日) 東京野球ブックフェア一箱古本市 >
10/13(日) BOOK!BOOK!AIZU・一箱古本市@喜多方(福島)> 

10/14(祝) BOOK!BOOK!AIZU・一箱古本市@会津若松(福島) 

10/19(土) 宮島ブックトレイル(広島) >
10/19(土) 六角橋商店街ドッキリ闇市・一箱古本市(神奈川) >
10/19(土) 豊中市環境交流センター・一箱古本市(大阪) > 

10/20(日) enbokの一箱古本市@東谷ズム(兵庫) >

10/26(土) ブックパーリー那覇・一箱古本市(沖縄)> 
10/26(土) ふるほん日和(東京)> 
10/26(土) 宮ノ下さんぽ・森の読書室with一箱古本市(神奈川)>

10/27(日) 第29回 大門玉手箱(奈良)> 
10/27(日) 一箱古本市@源法院(石川・金沢)> 
10/27(日) 秋田BookBoat・一箱古本市 > 
10/27(日) 文学フリーマーケット町田(東京) > 

本家、「しのばずブックストリート・秋も一箱古本市(東京)」は、今年も開催されません。

11月

11/1(金) ・宮島おかげ市 古本&雑貨マーケット(広島) > 
11/2(土) 同上

11/2(土) ・天神さんで一箱古本市(京都) > 

11/3(日) ・ブックオカ・一箱古本市(福岡) > 

11/3(日) ・宇都宮オリオン通り・一箱古本市(栃木) > 
11/4(祝) 同上

11/3(日) ・西荻一箱古本市(東京) > 
11/4(祝) 同上(会場は別)


11/4(祝) ・米子・まちなか一箱古本市 (鳥取) > 

11/4(祝) ・北九州・小倉とほほん市(福岡) > 

11/9(土) ・本の路地裏・一箱古本市(福島) > 

11/10(日) ・ブックス広島・一箱古本市 >  (詳細情報は後日とのこと)

11/16(土) 鬼子母神通りみちくさ市(東京)> 
11/17(日) 同上

11/23(土) うだつマルシェ一箱古本市(徳島)> 

11/24(日) 一箱古本市@源法院(石川・金沢)> 

11/30(土) 第30回 大門玉手箱(奈良)> 

12月

12/1(日) ・宮島おかげ市 古本&雑貨マーケット(広島) > 


ここ数年、毎年秋に開催されているので、可能性がありそうなのは、
葉山(神奈川)
BOOKマルシェ佐賀
小布施(長野)
別府(大分)


*****   *****   *****

暇とお金があれば、毎週末、古本市で遊べそうですわーい(嬉しい顔)

繰り返しになりますが、この記事だけを見て、航空券の予約などされるのはお止め下さい。
雨天中止や延期の場合もありますし、責任を持てません。
必ず、事前に主催者情報(一次情報)を確認の上、出店申込みをする、遊びに行く、などして下さいね。
posted by 駄々猫 at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。