2013年07月06日

身近な方々のイベント情報

暑い。暑いです。夏が嫌いなので、すべてを投げ出したくなります。
でも、暑い夏でも本イベントは花盛り。

明日7日は、尾道や、新潟の秋葉区、鹿児島のお店でも、一箱古本市が開催されるようです。
街の本屋に行く気力はないのに(楽天ブックス利用しました、すみません)、旅には出たいという・・・。

夏はできるだけ引篭もっていたい私ですが、下記のイベントには行くのです。

<身近な方々のイベント情報>

・pippoのポエトリーカフェ(第四期三回★上田敏篇)

日時:7月20日(土) 15:00(開場14:50)〜17:30頃(多少前後します)
定員:18名(要予約)
費用:1300円(1ドリンク別)
内容:Pippoによる詩人紹介。ご参加の方々によるくじ引き朗読♪茶話会。
会場:Poem & Galley Cafe 中庭ノ空

詳細・申込み > コチラ

先日レポートした、pippoさんのポエカフェ、次の回の募集が始まりました。
今回は昼の時間帯なので、夜は無理〜って方も参加できますね。
中庭の空さんも素敵なお店です。詩集がいっぱい置いてありまするんるん

・ナンダロウアヤシゲの3回目のみせばん

日時:2013年7月9日(火)、10日(水)12〜21時ごろ(店は23時まで)
場所:古書ほうろう
同僚:9日 武藤良子さん、10日 佐藤純子さん

古書ほうろうの店主夫妻が、ほおずき千成り市(@駒込大観音)のお手伝いに行くため、ミスター一箱古本市、編集者の南陀楼綾繁さんが店番をします。
武藤さん、佐藤さんとのコンビネーションも楽しそう。(それぞれお楽しみ企画があるみたい)
毎年行こうと思っていて、暑さに負けて挫折してきたのですが、今年こそ!

詳しくは > コチラ

*****   *****   *****

<読書記録>



妖談しにん橋―耳袋秘帖 (文春文庫)

久しぶりの時代もの。軽めの時代ものを時々読みたくなる。
赤鬼奉行、根岸肥前守が活躍するシリーズものなので、最初から読んだ方が、人間関係などわかって良いけれど、1冊完結型なのであまり気にならない。
3冊目は、深川の永代橋を舞台にしていて、「あのあたりか〜」なんて思いながら読めるのも楽しかった。
いくつかの事件が起こり、それを結びつけながら謎解きをしていく。もちろん、人情ものでもある。
時代背景や風物を織り込んだ事件展開が好ましく、登場人物のつながりも気になる。
シリーズを続けて読みたくなった。(でも、軽め時代ものは、目が疲れた時用で、好きな割にはなかなか手にしないのだな〜)



ためない暮らし

ためない。捨てることとはちょっと違い、購入時に吟味し、買ったものは使い切る姿勢。
カッコイイけれど、ちょっと自分の生活とは「遠い」印象。
可動式キッチンスタジオがあって、イタリアにも一定期間過ごす場所がある、ベテラン料理研究家ですからね。
全部見習いたいとは思わなかったけれど、お櫃と、びわこふきんと、ほうきが欲しくなった。




お金の話を13歳でもわかるように一流のプロに聞いたら超カッキ的な経済本ができちゃいました!

子ども向けに作られた本だけど、大人が読んでも面白く、経済の仕組みがよくわかる。
何となくうすぼんやりと「こんな感じ?」と思ったいたことに、明確な説明がなされている。
専門用語で説明されてもわかりませんから〜経済やお金の話が苦手な大人にも親切な本。

また、著者の佐々木さんのお子さん二人が、大人たち相手に鋭くて良い質問するんだな〜。
どの項目もそれぞれ勉強になりましたが、特に、マクドナルドの原田泳幸社長と、夏野剛さんの話が興味深かった。

原田社長の「利益を上げ続けるためには、支出を減らすのではなく、収入を増やす方に持っていかないとダメ」という言葉は、頭ではわかっていてもなかなかできないことなので、はっとした。
先日読んだ、伊井直行『お母さんの恋人』の中にも、ある人物が、寂れた商店街の経営方針がなぜダメなのか、なぜ寂れていくのかということに関して同じようなセリフを言う場面があった。
すぐ敗走方向に行きがちな悲観タイプなので、覚えておきたい。

posted by 駄々猫 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。