2013年07月02日

BOOKDAY富山★トーク第二部

第二部は、北條氏が司会役になり、岐阜の徒然舎さん、京都のダンデライオンさん、金沢のオヨヨ書林さんにインタビューするといった形式。
島田氏は、あまり口を挟むことなく進行。

会話をメモしていたのですが、その場にいないと面白さがわからないような、絶妙なタイミングでの「突っ込み」などもあり、そういうのって、その場限りのものだし、文字にしてもな〜と思いまして。
第一部よりも「ダイジェスト版」ですし、つながっていた会話部分を箇条書きっぽくしていますが、お許しをば。

●3店の紹介(スライド付き)

オヨヨ書林さん サイト>

国立で通販開始>神保町で事務所を借りて、古本祭に参加したり>根津に店舗を持つ>青山に移転>金沢に移転
東京はもういいかな〜と思い、あちこち候補地はあったが、実家(富山)にも近い金沢にした。
その時は、「富山は厳しいかな」と思っていた。(今は思っていない)

(3つの店舗運営に関わっていることに関して)
「同じことやってるわけじゃないし・・・小説家も本3冊同時進行で書くじゃない」と発言、周囲から「えええー?」との声あり。

(買取などで「この本はダメだろう」みたいなことは?)
古本屋にはダメな本もないと。良い本だけだと息苦しくなる。4番バッターばかりじゃなく、8番もいないと。

古書ダンデライオンさん サイト>

町家古本はんのきを3店で共同経営。
他メンバーはマヤルカ古書店さん(元・はなめがね本舗Nさん)、古書思いの外さん。
開始時とメンバー交代あり。
3店分の本を、混ぜて置いてあり、売上はスリップ管理。

冷暖房が効かない店で、めちゃ暑いし、めちゃ寒い。前の住人が建築科の学生さんで、大家さんの許可ありで、色々いじってあった。

思いの外さんとは、ガケ書房さん企画の古本列車で知り合った。(不思議な方向から撮られた、思いの外さんの写真に、会場どよめく)

古本徒然舎さん サイト>

2009年、ネットでスタート、2011年4月、実店舗開店。
接客は苦手だと思っていたけれど、名古屋の一箱古本市に出店した時に本がよく売れて、ゲストで来ていた、善行堂さんや南陀楼さんに「店売りの方が向いている」と言われ続けた。

2010年、あちこちのイベントに行商。お客さんと話すのが楽しく、意外と大丈夫かなと。周囲にお店をやっている人がいなかったので、店をやるというイメージがまったく掴めなかったけれど、知り合いが増えて、色々聞ける人もできて、じゃあやってみようかと。

(一箱に来るお客さんと、お店に来るお客さんて違わないか?)
そうでもないけれど、一箱だと一期一会なのが残念。あと、お互いテンションあげていて疲れる。お客さんと、お互い無理のない居心地の良い場所が欲しいなとも思った。

●「フツーの古本屋」って?

北:特別にトガっているわけじゃない、何か重視しているわけじゃない。でも、1〜10の中の「5」ではない。
フツーって理想に近い。フツーって言葉の中にも自負がある。本当に何でも良いってわけじゃない。どうやって棚を作っているのか?買い取れない本だってあるでしょう?

オ:入ってきた本を置くか、置かないか、しかない。お店によっては「このジャンルの本を買っています」とかアピールしているけれど、「フツー」は、そんなに拘らずに買うけれど、置くか置かないかを判断する感じ。

北:「フツー」の中身を店主さんの言葉で知りたい

徒:セレクト(コダワリ)と対義語としての「フツー」、敷居を低く、もっとフランクに来てね、という感じ。引き算的な本の並べ方をする。入ってきた本の中から「これは止めよう、これは置こう」という。

北:徒然舎さんは居心地が良い。行くと、一時間以上いてだらだらしゃべってしまう。
傷んでいる本を良い状態にして置いている。ボロボロの本でも、1冊1冊を大事に扱っていて状態が良い。

●地方の古本屋

島:東京と地方はどう違うのか?新しくできた古本屋さんて、質的には東京と変わらない。10年20年前はそうじゃなかった。お店なりお客なりで、違いってわかりますか?

徒:「東京みたいで嬉しい」と言われることがある。岐阜でも貪欲に本を買っていた人がいる。
店を始めるとき、なんで名古屋じゃないの?と言われた。岐阜は古本屋が減る一方で、古書組合では、私が20年ぶりの新会員。私の上は60歳。なくなっていくんだろうというところに入っていった。でも、行きたいけれどない、と思っている人もいたわけで。そういう人が皆来てくれる。

北:ある意味、一人勝ち?周囲の人が勝手に諦めていたところに入っていった

徒:ハロー柳ヶ瀬を企画した時、先輩古書店の皆さんに「売れないでしょう」と言われたが、人がいっぱい来たし、売れたし、問い合わせもあった。
本気で古本を買う人が結構いて「これを見て欲しい!諦めないで!」がやっと伝わって、今度即売会をやろうかという話が出てきた。

北:富山はどう?

オ:岐阜は大きいから・・・富山もお客さんは確実にいるけれど、数が少ない。ネットで買えるし、古本屋に行っても何もないと思っちゃう人もいる。
あまり古本に接したことがない人が接してくれる、(古本ブックエンドは)ファーストステップとしてのリアル店舗という感じ。

徒:20年、新規開店の古本屋がなかったから、ブックオフじゃない古本屋を知らない人も多い。「定価80円が古本で500円てどうして?」とか、スリップの存在を知らない人も。そういう人が、ウチで慣れてくれればと思う。

北:京都は古書店が多いけれど、はんの木さんは、中心からちょっと外れている。どういうお客さんが多い?

ダ:老若男女来るけれど、学生さんが結構来てくれるのは、やっぱり嬉しい。

北:東京は「学生が来ない」と口を揃えて言うけど、京都はそうでもない?

ダ:入り口が多いこともあるかな。古本屋に入るのが初めてという子もいて、イベントやツイッターで知って来たり。あと、新刊書店に並ばなくなった本が、古本屋にあることを知らない子もいる。

●古本はキタナイ?

北:古本は当然古い。キタナイって人もいる。

ダ:僕は昔そうだった。「サラじゃないと嫌」みたいな。古本への抵抗あった。

北:どうやって克服したの?

ダ:レポートとか書くのに資料として必要で古本屋に行くようになって。買い始めたら「こんな面白い世界はないぞ」と。
徒:イメージ的にキタナイと思っていたって人いた
オ:古本じゃなくて、古本屋がキタナイって人もいる (一同頷き、笑)
徒:今の人は、めちゃくちゃ明るくて綺麗なブックオフがあるから

北:新しくオープンするのに、あえて汚くするのも変だしね

徒:ブックオフと、なんだか汚いイメージの古本屋の中間ぐらいになれると良いなと

北:(阿佐ヶ谷の)コンコ堂さんの奥さんが「うち、古本屋です」と言ったら「オシャレ!」って言われたそうです。ついに古本屋がオシャレな時代が!
「カフェはじめました」的な感覚で捕らえられたみたい。

徒:「エコ」とか「ロハス」とか言われたことがあって、そのイメージとしての「オシャレ」かな。市場にはエコじゃない世界が拡がっているけれど。ほこりや汗が店舗からは見えない。

北:古本屋をやりたいって若い人が増えているけれど、アドバイスあります?

オ:どの商売でも、始めることはできる。続けることは大変。

北:続けるには何が必要?

オ:上を見ないこと。すごい本ばかり置いている店もあるけど、気にしないとか。
14年目ですが、仕事量が増えているという点では大変。売るより仕入れが多い。今、買いたい人より売りたい人が多いらしくて、買取が増えている。

このあたりで時間切れとなり、最後にそれぞれの告知タイム。
内容は各店のサイトをご覧下さい。

終了後に、質疑応答。一番前に座っていた女性から面白い質問が。

質:「ドバイで古本屋ってできるでしょうか?」

オ:当たらないかも知れないけれど、お店自体はできるかも。
島:香港は2軒あってやれていた。主に駐在員が使っているそうです。

是非、ドバイで古本屋を開いていただきたい!富山、変わった店主さんも多かったけれど、スケールでかい人もいるな〜。

*****   *****   *****

トーク後は、居酒屋さんにて打上げ、懇親会。
私は、3年前のアノニマブックマーケットに行ってから、密かに憧れていた、古本ユニットriccaのMさんの隣で、浮かれておりました。
あぁ、一緒に酒が飲めたら、たぶん、もっと楽しい。飲めない体質を恨みます。

Mさんが神保町の某有名店で働いていたと知り、あの絶妙の選書と価格の理由がやっと解明されて、これだけで「打上げ出て良かった」と思った次第。
他にも「もっと話してみたい」方は大勢いたのですが、すっかり「張り付いて」しまいました。
途中から、Mさんの友人である民芸品店店主のお兄さんも加わり、話はあちこちに飛び、たいへん楽しゅうございました。

次は、トークを聞いて私が思ったことをまとめます。

posted by 駄々猫 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本関連イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

BOOKDAY富山★トーク編(第一部まとめ)

一箱古本市の後、市民プラザにて、夏葉社の島田氏と、ライター・編集者である北條氏のトークイベント開催。
以前、西荻ブックマークで開催されたトークイベントには行けなかったので、とても楽しみにしていた。
だというのに、とにかく眠気MAX。

スタッフの方が用意してくれた珈琲がなかったら、途中脱落していたことでしょう。
トーク代800円、珈琲付き(&ミニ菓子、お替り可)・・・なんて親切な!
このリーズナブルな価格で、ちゃんとゲストの交通費・宿泊費・謝礼等出たようです。
会場費が爆安なのだろうか・・・ビバ富山!

美味しい珈琲のおかげで、何とか記憶が途切れることなく、メモを取った・・・のですが、字が。字が汚い。
一部読めない部分があるので、その辺は割愛させていただきます。

トークは、お二人の対談形式の第一部、三人の古本屋店主を迎え、北條氏がインタビューする形式の第二部、に分かれていたので、記事も二つに分けて書きます。
聞きながら、メモを取りながら、激しく同意したり、「ん?」と思ったり、「なるほど!」と感心したりしていたのですが、ややこしくなるので、個人的感想は最後に。

以下は、自分なりに取ったメモをまとめたものです。
録音して文字起こしをしたわけではないので、勘違い等あるかも知れませんが、ご了承下さい。
(関係者各位、ご指摘くだされば、訂正します)

*****   *****   *****

●自己紹介

お二人とも、富山市は初めて。島田氏は、魚津に蜃気楼を見に行ったことがあるそう。

夏葉社のサイト > 

一人出版社を設立してから、現時点で8冊刊行。
7/19、9冊目、『本屋図鑑』刊行予定。
関連イベントは空犬さんのブログ「空犬通信」をご覧下さい。 > 

北條一浩氏のブログ > 

昨年12月、アスペクトより『わたしのブックストア』刊行。
同日、編集者として関わった、夏葉社『冬の本』も刊行。

昨年の秋〜冬は、取材旅行も多く、楽しい反面、睡眠不足で地獄のような日々だった。
本屋が好きなので、いつかは「本屋の本」を作りたいと思っていたが、すぐには無理だろうと。
ところが、ひょんなことから作れることになった。

●『冬の本』を一緒に作った話



・「自分の好きな人に仕事を依頼したい」という想いから始まった。
・当初、無人島レコード(無人島に1枚〜3枚持っていくならどのレコードにする?)みたいな本を作りたかった。
・レコードは気軽に選べても、本だと真剣になってしまい、「聖書」とか「辞書」など文字数が多く重たいものを選ぶ人が出てきたりする>面白くない
・版型などが先に決まり、12月に出すから「冬の本」にしようかと。
・「冬の本」という響きが良い。口に出すと良い、と盛り上がる。
・2人で「好きな人」に50人ずつ依頼することにし、リスト作成。
・好きな人にお願いするのって全く苦しくない。手ごたえもあった。
・「冬」と「本」で、後はお任せという難しいお題だが、断られたのは10人程度、驚き!
・依頼はスムーズだったが、原稿の回収は、〆切守れない人もいて大変だった
・まあ、原稿が早く届けば良いかといえば、そうでもなく
・作家ではなく、ミュージシャンなど「初めて文章書きました」って人の文章の方が、ゴツゴツしていて良かった、という意見もあった
・版型、カバーないこと>カバーあった方が良いとか、PPついてた方が良いとかいう意見もあったが、「モノとしての本感がある」ことにこだわった。靴や鞄みたいに。やりすぎて高級品になっちゃうと困るけど。

●『わたしのブックストア』の話



・今までの「本屋本」との違い>人(店主、人物像)の紹介がある。どんなジャンルに強いかなどの店舗情報から一歩踏み込んで、店主の経歴や「やりたいこと」を丁寧に書こうと思った。
・新刊書店も古本屋も区別なく、21店舗を取り上げている
・自分が店を選んだので、好みが出ている。「セレクトショップ」すぎない雑多感と、(古本は好きなものが集まるとは限らない中で)ある程度(本を)コントロールする気持ちが混ざり合っているような店が気持ち良い。
・古本屋を開店した人で、本当は新刊書店がやりたい人も一定数いると思う。今、新刊書店を開くのは難しすぎる。(一千万円ぐらいは必要)

<ここで、島田氏「新刊書店開店苦労話」を語るが割愛>

●『本屋図鑑』の取材話から拡がって

・北は利尻島から南は石垣島まで。写真ではなくイラストで。70店舗ぐらい、200坪から10坪まで、あらゆるタイプの本屋を取り上げた
・1県1店舗は必ず入れた。富山は、高岡の文苑堂さん。
・取材、小さいお店の中には警戒する人も。「なんでウチを?」「お金取るの?」等々聞かれたし、断られた店も。
・全国を廻ってみて感じたこと>自分がふだん話している本というのは、無数にある本のなかでも10%程度に過ぎない(本の世界は、とても広い)
・どこの書店でも売れているのは「ナンクロ」(パズル誌)
・ここ近年、新刊書店で働いていた人が、古本屋を始めることが多い。小商いの時代で、20代30代でやりたいって人が増えている
・新刊書店をしたくてもできないから、古本屋にして、扱えるものは、新刊書も置いている店多い(夏葉社も直接取引なので、古本屋によく置いてある)
・古本屋も、一つの新刊書置き場になる>高い古本も多いから、相対的に、2000円でも「高っ!」て思われない利点がある
・本は流通しているモノの中で極めて安いが、(新刊書店だと)ぱっと見て2000円以上だと、戻してしまう率高い
・47都道府県廻ってみて、老若男女が皆いて、楽しそうにしている本屋がある。イオンとかにあるデカイ本屋。
・たとえば、今井書店や紀伊國屋。紀伊國屋って、街の書店を10倍の大きさで作っている感じ。棚作りにスキがないというか何でもある。そうしない拡げ方もあるのだけど。
・今、本屋特集が多くの雑誌で組まれたり、本屋の本が出ていたりするのは、街の本屋が絶滅危惧種になったからでは?
・今ヤバイ状況>それを何とかしようという人がいる>それを見たい、応援したい読者がいる

●これから本屋はどうなるか?

・従来通りの街の本屋は更に減るだろう
・そもそも、本が好き、本に詳しいとかじゃなく「その商店街になくて返品ができる商品だから」という理由で始めた人も多い>つきあいで続けているが、閉め時をさぐっている
・それこそ、イオンにあるような大書店だけが残っていくだろう
・ただ、10坪20坪の小さい店で見られるから楽しいってことがある。最初から大書店だと、自分が好きなコーナーにしか行かない>全体を見られない、タコツボ化していく
・たとえば、アルバム一枚、好きな曲もいまいちな曲も全部聴くことで、見えてくることがある。曲順から意図がわかったり。一曲単位のダウンロードじゃ、それはわからない。
・若い人としゃべっていて、あまりにあっけない反応、拡がりのない反応に「何だ?コミュニケーションも何もないじゃん」って思うことがある、

●脱サラ組の古本屋(北條氏独壇場)

・50代60代で、第二の人生で古本屋って人は、昔ながらの古本屋を再現している気がする。昔、自分が通っていて好きだった古本屋のイメージがあって「ああいう店がやりたい」って。
・本が好きな人だと、リタイアする頃には溜まった本が相当あって、家族に「捨てろ」と言われ続けてきて。年金があって、家族との利害も一致するから「やれば?」となる。
・そういう条件下だと、「自分が一生懸命集めてきた本」だし、「売りたくない」(無理して売る必要もない)という気持ちになるのか、最初、値付けが高い気がする。情念が値段に出ている。
・本人の中に矛盾があって「手放したくないけど、手放さないと、でも」という
・それが、お客さんが「探していたんです!」なんて言って買っていくのを見ている内に、シフトチェンジが起きて、値段も下がってくる
・自意識が下がってきて、寛容になり、顔つきも変わって、小奇麗になる

島田氏の突っ込み>「推測で言ってない?」

・若い古本屋さん(30代ぐらいの店主)は空間のつくり方が上手いけれど、年配者の店は、ディスプレイには頓着しない傾向
・お客さんが来て、本の話ができるのが嬉しいという感じ

*****   *****   *****

一部の最後に、富山のブックエンドさんを「すごく良い本屋」と褒めていました。
デザインの本がめちゃ多くて、30代40代なら確実に、50代が行っても良さそうと。

この日、一箱古本市があるからお休みだとばかり思っていたけれど、開けていたのですね。
しまった、途中抜けして行けば良かった〜!

10分間の休憩後、第二部へ。
posted by 駄々猫 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本関連イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。