2013年07月06日

身近な方々のイベント情報

暑い。暑いです。夏が嫌いなので、すべてを投げ出したくなります。
でも、暑い夏でも本イベントは花盛り。

明日7日は、尾道や、新潟の秋葉区、鹿児島のお店でも、一箱古本市が開催されるようです。
街の本屋に行く気力はないのに(楽天ブックス利用しました、すみません)、旅には出たいという・・・。

夏はできるだけ引篭もっていたい私ですが、下記のイベントには行くのです。

<身近な方々のイベント情報>

・pippoのポエトリーカフェ(第四期三回★上田敏篇)

日時:7月20日(土) 15:00(開場14:50)〜17:30頃(多少前後します)
定員:18名(要予約)
費用:1300円(1ドリンク別)
内容:Pippoによる詩人紹介。ご参加の方々によるくじ引き朗読♪茶話会。
会場:Poem & Galley Cafe 中庭ノ空

詳細・申込み > コチラ

先日レポートした、pippoさんのポエカフェ、次の回の募集が始まりました。
今回は昼の時間帯なので、夜は無理〜って方も参加できますね。
中庭の空さんも素敵なお店です。詩集がいっぱい置いてありまするんるん

・ナンダロウアヤシゲの3回目のみせばん

日時:2013年7月9日(火)、10日(水)12〜21時ごろ(店は23時まで)
場所:古書ほうろう
同僚:9日 武藤良子さん、10日 佐藤純子さん

古書ほうろうの店主夫妻が、ほおずき千成り市(@駒込大観音)のお手伝いに行くため、ミスター一箱古本市、編集者の南陀楼綾繁さんが店番をします。
武藤さん、佐藤さんとのコンビネーションも楽しそう。(それぞれお楽しみ企画があるみたい)
毎年行こうと思っていて、暑さに負けて挫折してきたのですが、今年こそ!

詳しくは > コチラ

*****   *****   *****

<読書記録>



妖談しにん橋―耳袋秘帖 (文春文庫)

久しぶりの時代もの。軽めの時代ものを時々読みたくなる。
赤鬼奉行、根岸肥前守が活躍するシリーズものなので、最初から読んだ方が、人間関係などわかって良いけれど、1冊完結型なのであまり気にならない。
3冊目は、深川の永代橋を舞台にしていて、「あのあたりか〜」なんて思いながら読めるのも楽しかった。
いくつかの事件が起こり、それを結びつけながら謎解きをしていく。もちろん、人情ものでもある。
時代背景や風物を織り込んだ事件展開が好ましく、登場人物のつながりも気になる。
シリーズを続けて読みたくなった。(でも、軽め時代ものは、目が疲れた時用で、好きな割にはなかなか手にしないのだな〜)



ためない暮らし

ためない。捨てることとはちょっと違い、購入時に吟味し、買ったものは使い切る姿勢。
カッコイイけれど、ちょっと自分の生活とは「遠い」印象。
可動式キッチンスタジオがあって、イタリアにも一定期間過ごす場所がある、ベテラン料理研究家ですからね。
全部見習いたいとは思わなかったけれど、お櫃と、びわこふきんと、ほうきが欲しくなった。




お金の話を13歳でもわかるように一流のプロに聞いたら超カッキ的な経済本ができちゃいました!

子ども向けに作られた本だけど、大人が読んでも面白く、経済の仕組みがよくわかる。
何となくうすぼんやりと「こんな感じ?」と思ったいたことに、明確な説明がなされている。
専門用語で説明されてもわかりませんから〜経済やお金の話が苦手な大人にも親切な本。

また、著者の佐々木さんのお子さん二人が、大人たち相手に鋭くて良い質問するんだな〜。
どの項目もそれぞれ勉強になりましたが、特に、マクドナルドの原田泳幸社長と、夏野剛さんの話が興味深かった。

原田社長の「利益を上げ続けるためには、支出を減らすのではなく、収入を増やす方に持っていかないとダメ」という言葉は、頭ではわかっていてもなかなかできないことなので、はっとした。
先日読んだ、伊井直行『お母さんの恋人』の中にも、ある人物が、寂れた商店街の経営方針がなぜダメなのか、なぜ寂れていくのかということに関して同じようなセリフを言う場面があった。
すぐ敗走方向に行きがちな悲観タイプなので、覚えておきたい。

posted by 駄々猫 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

スナックますく堂(第3回)開催〜ブクブク交換も?

旅の記録の途中ですが、たまには日記をば。(7日から再開します)

池袋の古書ますく堂さんで、第3回、スナックますく堂、開催!

日時:8月3日
時間:正午(12時)ぐらい〜お客さんが帰るまで


今のところ、夜中の3時ぐらい?が最長記録らしい。始発まで、は、まだないのね。
夏真っ盛りの予定なので、「バッテリーが落ちてクーラーが切れる」ことはないようにしていただきたい。

今回は、ブクブク交換も同時開催されるとのことで、参加せねば!
細かな点はまだ決まっていないようですが、徐々に明らかになっていくでしょう。
ブクブク交換中は他のお客さんは来ない方が良いのか、見学もありなのか、とかね。

詳しくは、ますく堂ブログをご覧下さい >>> コチラ

今までの経験からすると、座席は5〜6で、後は立ち飲み状態でした。
飲み物は、ビールやサワーもあれば、ジュースもあったような。
持ち込み可ですが、せめて一杯は「有料で」注文しましょう。

お菓子は、ますくママも用意してくれるし、差し入れも結構あるので、好きに食べて良い。
食事関係は、持ち込み、注文可。
私は、第1回の時に、ピザを注文しようとして誰も賛同してくれず、断念した覚えが。
おごるって言ってんのにーーーちっ(怒った顔)

今回は、暑いので「ピザ」はないと思いますが、何かしら持ち込むつもりです。
ますく堂ファンの方も、一人では怖くて入れない方も、西池袋の魔窟で、真夏の夜の夢をご一緒に!

道がわからなければ、池袋駅からお電話下さい。誰かしらお迎えにあがります。

*****   *****   *****

<ツイッターで教わった情報>

・アオミドリ (‏@emeraude_6436)さんのつぶやきを、南陀楼氏が引用
「西荻窪、ギャラリー&ブック カフェ「松庵文庫」、2013年7月6日(土) オープン、10〜19時、(火)定休、杉並区 松庵 3-12-22」

おや、明日ではないですか。近いうちに西荻勢が次々に訪れるでありましょう。
いずれ行ってみたいな。

松庵文庫サイト > 

・高野ひろし ‏(@shiosenbe)さんのつぶやき。
「第9回『夏のペンギン堂まつり』を7月27日に開催予定」

大塚駅前の高野硝子店で開催されるペンギン堂まつり!
久しぶりにお邪魔したいが、27日か・・・う、うーん。

高野さんのサイト > 

・いとうせいこう (‏@seikoito) さんのつぶやきを何方かがRT
「えーと、第149回芥川賞に「想像ラジオ」(俺著)がノミネートされました。選考会は7/17です。」

(俺著)が気に入りました。いいな、俺著。でも、長く活躍されている方なので、「新人賞」という位置づけの芥川賞って、今更感もありますな・・・。(小説では新人だとしても)

昨日訪れた三省堂神保町本店では、早速「芥川賞、直木賞候補作」が面出しで並んでいました。
いつもは「それがどうした」的な私ですが、今回は好きな作家、気になる作家のノミネートが多く、ちょいと気になっています。
賞の行方はともかく、先日書いた通り『ヨハネスブルグの天使たち』を読んで語ってくださる方、募集中!

*****   *****   *****

<読書記録>

富山記録にかまけている内に、レビューが10冊ぐらい溜まってしまった。
まずいパターンです。多すぎて面倒になる・・・。



水の手紙: 群読のために

井上ひさしさんの舞台劇台本に、萩尾望都さんがイラストをつけた美しい本。
「水の手紙−郡読のために」は、2003年に山形市で行われた「国民文化祭 やまがた・2003」開会式で発上演されたそうです。
世界各地の子どもたちから、水に関する手紙が山形に届けられる、という形式で話が進みます。
川が消えたコロラド川や黄河、地面も沈むメキシコシティ、井戸の水が出たアフガニスタン、バラを枯らす雨が降ったパリ・・・。
地球は水の惑星、人間の身体の大部分も水できている。

文章(セリフ)だけでも、迫ってくるものがありますが、萩尾さんのイラストがあることで、伝わる印象の強さは10倍ぐらいに。この企画を考えて、本を作ってくれた方にありがとうと言いたい。



全力でスローボールを投げる

北尾さんのエッセイ本って、タイトルが長いんだけど、毎回面白い。
独特の文体。自己愛、家族愛を隠さず、弱気や迷いも隠さず、自分突っ込み多用。でも、どこか冷静。
オヤジ年齢になっても、あれこれチャレンジし続ける姿に尊敬の念を抱きます。
チャレンジしてみて、思い込みで想像していたことと違えば、即座に「ごめんなさい」とか書く。
エッセイ教室潜入とか、一人カラオケとか、タカラヅカ観劇とか、体験しても「なーんだ」になる人もいそうなのに、最終的には全部「すごい世界だ」になるハッピーエンドぶりが良い!

もしかして、やってみてもダメだったものは書かないのかも知れませんが、それも一つの選択肢なわけで。
何にでも文句つけたり、揚げ足取ったり、「こんなものをバカにしちゃう俺ってカッコイイ」的な勘違い野郎もいる中で、素直に楽しんでいる著者が好きです。
posted by 駄々猫 at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

ブクブク交換@うす沢(神楽坂)

神楽坂にある素敵な器のお店、うす沢さんで開催されたブクブク交換に参加してきたので、レポートをば。

ブクブク交換とは、2010年から各地で開催されている、本の交換会です。
「決められたテーマに合った本を1〜3冊持っていく」
「自己紹介をかねて本の紹介をする」
基本ルールはこの二つだけなので、本を通じて誰かとコミュニケーションしたい人なら、年齢性別資格等問わず、誰でも参加できます。主催もできます。

ブクブク交換サイトは >>> コチラ

私がブクブク交換というイベントを知ったのは、ブックス広島のUSTでした。
都内でも開催されていることを知り、定期的にサイトチェックはしていたのですが、なかなか参加できる場がなく。
今年、西荻で、ビブリオバトルや一箱古本市と一緒に開催された際、初参加。
じゃんけんに負け続けましたが(笑)、参加者の皆さんの話を聞けるだけでも相当楽しかったので、またの機会を狙っていました。
川口一箱関連のブクブク交換も、浅生ハルミンさんがゲストだったし、とても行きたかったけれど行けず。
やっと、タイミングがあって、今回の参加となったわけです。
西荻ではお会いできなかった、ブクブク交換主宰者、テリー植田氏が参加されることも楽しみでした。

*****   *****   *****

会場のうす沢さんは、道路から奥まったところにある、趣のある一軒家。
ご自宅兼お店ということで、リビングのような場での開催。
友達の家に遊びに来たような感じで落ち着くし、ソファに座って、すっかりくつろいでしまいました。
お酒とお茶、美味しい料理をいただきながらの開催で、なごやかな雰囲気です。

19時過ぎ、テリーさん司会のもと、女性ばかり7人でのブクブク交換スタート。
初めての方もいらしたので、テリーさんが自己紹介がてら、ブクブク交換の成り立ちから拡がりまでを話してくれました。
内輪の場での本の交換会は、以前からありましたが、「ブクブク交換」と名づけたこと、ツイッター普及のタイミング、自分だけのものとせずに他での開催も奨励したこと、メディアに取り上げられたこと、などが、どんどん受け入れられ、拡がっていった要因でしょうか。

その後、まずは自己紹介。
初めてお会いする方々のお話は、もちろん興味深いのですが、知人である甘夏書店さんが「田辺聖子が好き!」なんて、長いつきあいなのに知らなかったので、それもまた新鮮でした。
「脳内フェア中で、国語便覧に載っている作家さんの本を少しずつ読んでいます」と言った方には、思わず「脳内フェア!真似したい!」と口を挟んだり。
(よく考えたら、しょっちゅうやっていた。強化週間、とか、強化月間、ブーム中、と表現しているだけで、やっていることは同じ。現在、伊井直行フェア、毎週1冊ペースで読破中)

続けて、持ってきた本の紹介。
「中学生の時に、父に薦められて読んで、それからとても大事な1冊」という紹介に感心したり、「痕跡本」に反応したり。
「ふるさと」がお題の一つだったので、「皆さんの故郷はどこですか?」とテリーさんが聞き、出身地が聞けたことも楽しかったです。奈良、愛知、石川、京都、山梨、兵庫と皆さんバラバラ。東京は私も含め2人だけでした。
は。今、気づいた。『茗荷谷の猫 (文春文庫)』があったのに! (<超、地元本)

話を聞きながら、口と箸を動かし、飲み物をお代わりし、メモを取り、本を回覧し・・・と、なかなか忙しい。
人数が多く、会場の時間制限が厳格だと、一人にあまり時間をかけられないかと思いますが。ゆっくりペースで、参加者の皆さんの話が聞けたことが良かったです。

お題は「夏」「帰郷・ふるさと」「祭り」でした。
テーマがあると、本が重なる気がしますが、今回は誰も重なりませんでした。
テリーさんの経験から言っても、意外と重ならないそうです。(なくはない)

全員の本紹介が終わったら、本を一箇所に集め、手にとったり、開いてみたりして狙いを定めます。
持ってきた冊数を持ち帰れるので、1冊の人は1冊に絞込み、3冊の人は3冊まで選べます。

争奪戦(?)は、会によってやり方が違うようですが、今回は、誰かが「これ欲しい」と指差して、他に欲しい人がいなければその人の手に、いればじゃんけん勝負、という感じで、ゆっくり進められました。

西荻の時は、あちこちで「欲しい」が同時発生し、1冊のじゃんけんに参加している間に、別の1冊の争奪戦が終わってしまって「あらら」なこともありましたが、今回はそういうこともなく。

ただ、個人的問題として、相当雑多な本を読んできているせいか、出された本、持っていたり読んでいることがあるのです、私。
既読でなければ、まったく知らない作家や、「ダメかも」な本でも、こういう場でこそ手にしても良いと思えるのですが、今回は既読が多かった。

じゃんけんに2回負け、「自分の本を持ち帰る羽目に陥りそう」でしたが、大人な対応をしてくれた参加者さんのおかげで、悲しい結果にはならずに済みました。
でも、できれば「しょーがないなー」ではない感じで貰われていって欲しいものです。
もちろん、参加者の趣味や、他の本とのバランスもあるでしょうし、それが意外と難しいところなのですが。

●送り出した本

おもひでぎょうじ

スタジオジブリの百瀬氏のイラストが添えられた歳時記。
どのテーマにもあっている気がして選びました。
争奪戦にはなりませんでしたが、何人かの方に「イラストが優しい感じで綺麗」「欲しいけど、一冊だけだから・・・」等と言っていただき、嬉しかったです。

トリック・ミュージアム ミステリー傑作選 (講談社文庫)

「夏」といえばの一篇、光原百合さんの『十八の夏』が収録されていたので。
他に『夏の庭』や『ひまわりの咲かない夏』などもありましたが、最近手にした本なので。
でも、人気なかったですね〜。
ミステリファンの方が一人いらっしゃいましたが、すでに読まれていたし。
ミステリを選ぶなら、出たばかりの本か、近年の話題作(話題作すぎて読み逃している人がいる)が良いのかも知れません。

突撃! 貧乏ライター戦記 ~ルポ・メルトダウンから尖閣、生活保護まで (宝島社新書)

どこがお題か、なのですが、強引に「日本人の故郷は日本!」て感じで。
たとえば、尖閣諸島の問題、生活保護の問題、ニュース程度は知っていても、詳しいことはよくわからない。
この本で、私は「思いもよらない」ような、様々なことを知りました。
何が良いかと言えば、視点が独自であることと、できる限り一次ソースに直接当たっていること。
ジャーナリズムだの言論の自由だの言う割には、Wiki丸呑みだったり、ツイッターで拾った情報を元に書いているような人も多い中で、多少偏りはあっても、信頼できる人に直接聞く、という古臭い方法をとっている著者には好感が持てます。

自分の分とは別に、新たに1冊購入して出しました。
女性で新書を読む人は少ないという統計があるし、社会問題の本てどうなのかと思いましたが、お二人が興味を持って、じゃんけんしてくれて、嬉しかったです。

●迎え入れた本



零戦 その誕生と栄光の記録 (角川文庫)

『永遠のゼロ』が衝撃だったこと、飛行機が好きなこと、知覧特攻平和記念館へ行ったことがある、などの理由で読んでみたくなりました。



相方が持っているのはわかっていますが、綺麗で、読みやすい大きさの字で読みたかった。古い版の字、老眼には細かすぎます。



痕跡本なので、朱印をコンプリすべく、祇園祭に行かねば・・・混雑嫌いなのに。
でも、見ているだけでも結構楽しそうです。

*****   *****   *****

●テリーさんのお話で「なるほど」と思ったこと

じゃんけんで負けたり、交換冊数上限で手に入れられなかった本は、結局、後から買うことが多い。

ええ、まさに私、その通りです!

テリーさんがブクブク交換を始めた時、出版社の方たちは、「交換されちゃうと売れなくなるんじゃないか」と言っていたそうです。
でも、何回か視察に来ると、ブクブクがきっかけになって売れるってことに気づいた、と。

本を持ってくる人も、手持ちの本を出す人もいるけれど、自分用とは別に買う人もいて、そこでも本が売れる。
更に、ブクブクで手にした本を読んで、「この著者の他の本も読んでみたい」となることもある。

本関連イベントである、読書会やブクブク交換自体は「本が売れる場」ではなくても、間接的に本の販売を促進する力には充分なりうるのではないでしょうか。

新宿のブックファーストや、東京駅の八重洲ブックセンターでは定期的にブクブク交換が開催されています。
書店や古書店での開催も「あり」だなと思いました。

●人とのつながり

強制ではありませんが、本に名刺を挟むことで、本を渡した人と交流できるように工夫されています。
たとえば、読んだ感想をメールしたり、ツイッターやFBでつながったり。

今回、私は3冊ともに名刺の裏に「おすすめコメント」を書きました。
3枚の名刺を手にしました。
実は、西荻の時にも3枚の名刺をいただき、感想を送ろうかと思いつつ、そのままに。
すぐにやらないと難しいですね。

でも、何度もブクブク交換に参加している内に顔見知りになることもあるようです。
その内、カップル誕生!なんてこともあるかも知れません。
何にせよ、新しい出会いがあり、新しい世界が拡がることは楽しいものです。

また、どこかで開催されるブクブク交換に参加したいな。
そして、いずれは自分でも開催してみたい、と、思うのでした。


posted by 駄々猫 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 本関連イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。