2012年11月25日

石英書房市にてお店番&旅の報告トークのお知らせ

ご報告が遅くなりましたが、9泊10日の長旅より帰還しました。
旅の間お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

あれからもう一週間か・・・年末に近づくにつれ、時の流れがより早く感じられるなあ。
予想通り、メールがすごいことになっていたり、色々と「ああ、すみません」なことも多く、「今日しかない」ことも多く、相変わらずバタバタと過ごしております。

ブログでの報告はいつになるかわかりませんが(松山もまだだし)、とりあえずは石英書房店番デーに「しゃべる」ことにしました。

日時:11月28日(水) 16時頃〜 1時間半ぐらい
場所:石英書房さん(田端)
話し相手:やまがら文庫さん(しのばず一箱実行委員)


一人でダラダラしゃべっても1時間はしゃべれそうだな〜と思いつつ、軌道修正ができずに世間話に終始する可能性もあるので、質問役というか、お相手をしていただく方をお願いした次第。

やまがら文庫さんのブログ記事は >>> コチラ

今回の旅は、甥っ子に会うとか、趣味の「お城訪問」なども重要案件で、古本や本だけに的を絞った旅ではありませんでしたが、このトークでは、本関係の話をしようと思います。

●今回の旅における、本関係のあれこれ●

・呉駅の新刊書店内にある、神鳥書店出張古書コーナーを訪問
・呉の一箱古本市に出店
・別府の一箱古本市にお客として参加
・博多のジュンク堂で「ブックオカ限定ブックカバー」やブックオカ冊子をゲット
・熊本のまるぶん金龍堂(熊本一箱開催地)、長崎書店(いずれも新刊書店)を訪問
・鹿児島文学館(黒田三郎展)を訪問
・鹿児島のつばめ文庫(古書店)を訪問
・ゼンリン資料館、松本清澄記念館、北九州市文学館(北九州の職場雑誌展)を訪問
・福山文学館を訪問
・広島の古書店>アカデミイ書店、ぶんろ、景雲堂書店(古本オーロラ)を訪問
・ブックス広島一箱古本市に参加(手伝い&出品)

本関係だけでも、結構盛りだくさんでしたな・・・未報告の、9月の松山(一箱参加、古書店2店訪問)についても語るかも知れません。

日本全国、あちこちの一箱古本市に一番足を運んでいるのは、もちろん、ミスター一箱、南陀楼綾繁氏に相違ありませんが、私もそれなりに遊びに行っています。
とはいえ、半分以上は未踏なので「地方の一箱は〜」なんて語るつもりはありませんが。
ゲストになることも多く、いわば「公人」である南陀楼氏とは異なる視点で、「一出店者」「一般客」として経験した「あちこちの一箱古本市」に関して話せれば良いな〜なんて思っています。

それから、この時間帯でなくても、28日にご来店の皆様には、お土産として「旅で集めまくったフリーペーパー」を差し上げます。(先着順1部ずつ)

004.JPG

005.JPG

006.JPG

007.JPG

興味ない方はスルーしていただいて結構ですが、古本好きな方や小冊子好きな方なら「お、いいな」と思うものがあるんじゃないかなと。
無料ですが、「その地域」に行かないと手に入らないものもあるし、期間限定的なものもあり、欲しいと思ってもすぐに手に入るとは限らないのがフリーペーパーというもの。

収集にご協力いただいた、くれ一箱古本市の皆様、鹿児島のつばめ文庫さんに特に感謝します。


また、トークの間につまむ用「ご当地スナック」(甘くない系)を用意しましたので、そちらもお楽しみに!
飲み物の準備はありませんので、飲料はご自分で用意下さい。(古書店ですので、地震などの際にもこぼれにくい形状推奨)

平日の夕方ですので、なかなか参加しづらいとは思いますが、皆様のお越しをお待ちしております。
また、営業・店番は20時までしておりますので(余ればお菓子配布も)、お仕事帰りにでもお立ち寄りいただければ幸いです。



posted by 駄々猫 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄々猫舎ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。