2012年09月15日

祝★開店! 古書 西荻モンガ堂

「14日 不夜城スナック ますく堂」は、一つ前の記事をどうぞ。
そこで出来上がった「モンガ堂のうた」を引っさげ、西荻まで参りました。

●15日 古書 西荻モンガ堂 開店●

店主のモンガさんは、だいぶ前に古物商免許も取ったし、蔵書はトランクルームを借りるぐらい揃っているし、あちこちの古本市に参加して人脈も広げたし、あとは店舗を借りるだけ!

に、なってからが長かった。
黄門様の歌じゃないけど「あとから来たのに追い越され〜♪」まくっていたような。
でも別に泣いたり、焦ったりはしていないようでした。
あ、毎月のトランクルーム代には、ちょっと泣いていたかも知れませんが。

この話は、古本ライターの岡崎武志氏が、光文社新書メールマガジン連載「蔵書の苦しみ」に書かれているので、興味がある方は >>> コチラ
「第13話 定年後、古本病にかかる」というタイトルの回です。

さて、第一段階準備完了後、ずい分長い間店舗探しをしていたようですが、交通費のことも考えて「自宅から通いやすい場所」にしたそう。出勤、徒歩5分? 羨ましいかも。

更に恨めしい(羨ましい)のは、紅様(書肆紅屋さん)がプロデューサー的にかかわっていること。
私の紅様を〜手足のように〜使いやがって〜おのれ〜。

はっがく〜(落胆した顔)
全然「祝」になってないので、恨み節はまだまだありますが、止めておきます。

古本市界の有名人でもありますし、百戦錬磨の古本オヤジたちの期待値が高いモンガ堂。
開店時間はきっと混雑し、どこぞの古書会館のように殺気立つに違いない! と、いうことで。
西荻でランチをしてからのんびり行くという、しのばず組のレディたちに混ぜていただくことに。

まとめ役の水玉女王の綿密な事前調査・準備によって、大変美味しいランチにありつけたのですが、食べる関連の記事は「だだめし」をご覧下さい。(レビューが書けたらリンクかけます)

KC4A03840001.jpg

南口でランチ後、地図を見ながら、ガード下をくぐり、北口に出てから青梅街道まで歩く・・・歩く・・・歩く・・・なんかこの地図の縮尺ヘンじゃないか?
頭の中を昨日の「モンガ堂のうた」が巡る・・・遠い遠い!
いや、実のところ、徒歩14分、そんなに遠く感じなかった。
緩い下り坂だし、歩きやすい道だし。
ただ、大量の本を抱えて歩くには辛そう。(駅への道は緩い昇り坂なので余計に)

KC4A03500001.jpg

モンガ鳥マークの看板、立派なお祝いの花、均一箱。(モデルはM・Tさん)

青梅通りに出てからは、信号渡ってすぐでした。
マンションの一階部分で、トイレは店主に鍵を借りて行くのだそう。

我々は5人という団体だし、初日ということで「貸し棚」の店主さんたちもお手伝いにみえていて、岡崎さんもいらして、内部を撮影するにはあまりの人口密度の高さに断念。
すっきりと配置された棚を眺めながら、あちこちで雑談しつつ本選び。

古書会館や神保町に通うような方たちが喜びそうな本が多かった。
私は、そういう本にあまり用がないので、絵本2冊とミステリ文庫1冊、つぐみ文庫さん棚からイマドキ本、リコシェさん棚から小冊子を購入。
モンガさんの「ありがとうございます」よりも、お手伝いレジのリコシェさんの声の方がずっと大きかったわーい(嬉しい顔)

オープン直後のお手伝い体制が終わってからの接客とレジ、頑張って下さいませ。
娘さんがお手伝いするのだとばかり思っていたけれど、忙しいのかな?

オープニングイベント、保光敏将個展『黒ネコト三羽ノ白カラス』も開催中。

KC4A03830001.jpg

保光さんの黒猫が素敵なので、DM1枚もらってきちゃった。
均一棚のチェックをし忘れたし、壁にかけられた絵をゆっくり見ることができなかったので、開催期間中にもう一度行きたいな〜。

我々が退去した後も、次々にお客様がいらしたそうで、大賑わいの初日だった模様。
現在、店内にある本は自宅にあったものだけで、例のトランクルームはまだ「開けていない」らしいので、皆さんどんどん買って、棚の本を減らして、トランク内の「秘蔵本」を早く出していただきましょう!

とにもかくにも、開店おめでとうございますexclamation×2

まだ行っていない方は是非お早めに〜!
また、毎日のように新しい本が追加されているという噂もありますから、ご近所の方は定点チェックをお忘れなく!
営業時間やお休みなどは、モンガ堂さんのブログをご覧下さい。

古書 西荻モンガ堂の情報は >>> コチラ


posted by 駄々猫 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市・古本屋訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。