2012年09月14日

不夜城スナック ますく堂へ潜入

「待て、次号」と書いたけど、駄々猫行商予定の前に。
先の記事にてご案内した、3つのイベントに行って参りましたので、順番にご報告をば。

●14日 不夜城スナック ますく堂●

本来は、15日の0時〜朝6時までの「不夜城」予定だったけど。
その時間には行けないので、早めに遊びに行った。

同じように「参加したいけど、その時間は無理。フライング参加ってことで。」と考えた人が多かったらしい。17時ちょい前に到着した時、店内には、放浪書房とみーさんと、ポエカフェ常連の大学生M君(はにかみ君)がいた。

ますくママは「飲み物どうする?」とすぐに聞いてくれたけれど(ママっぽいぞ!)、とりあえず持参のヘルシアで。
後でとみーにダメ出しされた・・・確かに、スナックにヘルシアはねーよなー・・・いくら下戸ったってふらふら
次は炭酸水とフルーツ酢持ち込んで、勝手にサワー作ろ。

17時に七星文庫さんを迎え、M君と3人「スナックのお客」としてカウンターに陣取り、とみーの得意技、ツイキャスを使った実況中継「放浪書房チャンネル」の撮影開始。

ますく堂への道筋、ますく堂の内部、店主のママぶり?を見てみたいと思った方は >>> コチラ

途中でブレーカーが落ちたりと、余りにも「オイシイ」事態が発生したもので、とみーが調子に乗って20分以上しゃべっています。時間のない方は飛ばし飛ばしでよろしいかと。

撮影後、テンション高いまま、しゃべりタイムに突入。主にとみーと私がうるさかったです、すみませぬ。
言い訳的に書いておきますが、私は「話す役」でも「聞く役」でもどっちでもできるタイプなので、話好きな方が相手で、内容に興味が持てれば、ずーっと聞いているだけでも苦にならない。
愚痴はあまり聞きたくないけれど、うんちくたれオヤジさんや、恋愛相談娘さんの相手は嫌ではない。

しかし、時折、私の導火線というか触媒的な存在になる方がいて、その人がいると、どうにもハイテンションになり、話(掛け合い)が止まらなくなるという・・・とみーさんは間違いなくそういう存在なんだな。
そして、ブレーカー落ちた>暗闇>誰かの誕生日か?>歌う?歌っちゃう?あたりのノリから、「明日開店するモンガ堂さんのお祝いソングをつくろう!」という展開に。

紙を出して、作詞を始めたとみーさんを留守番リーダーにし、ますくママと東武ストアに買い出しに行く。
私の「ピザとらない?」は全員に否定されました、ひーん、大人数じゃないと食べられないから頼みたかったのにぃ〜。
適当に食べたいモノを買い込み、カウンターに並べて、ほぼ宴会状態になりつつ、できあがった「モンガ堂のうた」をノリノリで合唱。

聴いてみたい方は >>> コチラ

これは短いので、皆様、是非聴いてみて下さい音楽
とみーさんと私のハイテンションは「わかっとる!」という方も多いでしょうが、「はにかみ王子」M君と、物静かなイメージの七星さんもちゃんと参加してくれてるんですよ!

バカ騒ぎ的に歌う我々を温かく(ひょっとすると呆れて?)見守ってくださった、ますく堂の常連、久米仙人さんに感謝。

20時近くなり、とみーさん、M君が帰り、私もそろそろと思ったところに、委託棚仲間の神崎屋さんと、路上で自作本を販売しているという(ますく堂にも置いてある)、青条美羽さんが来店。

青条さんて女性だと思っていたら、青年でした・・・しかも「お腹が減りました」と言って、宴会の余りモノをばくばく喰らい、柿の種などもばくばく喰らい、ますくママに炒め物まで作ってもらうという甘えたぶり。「いつもしてあげるわけじゃないからね!今日は特別だからね!」とママ。 ますく堂さん、しゃべり方がぶっきらぼうでキツイ感じがするけど、ほーんと優しいんだよねえ。

お客の体温で冷房が効かなくなってきた頃、古ツアさん来店。
その時刻の店内外の雰囲気を見事に表現している記事は >>> コチラ

荒くれ者とか、ガタイのいいトラック運転手とか書かれていますが、ほとんど女性客だったはず・・・ええ〜ふらふら

これから来るという皆さんにもご挨拶したかったけれど、明日もあるので、22時過ぎに退店。
ウカレ気分のまま帰宅し、「モンガ堂のうた動画を絶対見るように!ツィートするように!」というとみーさんの命令を実行。

冷静に動画を見ると、本当にテンション高すぎてバカだ、ヲレ。
そろそろ「婆」と呼ばれる年なのに・・・偽マダム(まるしーホリーさん)と言われても仕方ないわな。

しかし、なぜか2つの動画視聴につきあってくれた相方が「楽しそうだな〜、今度行きたいな〜」と言い出す。
え? ええ?

正確には、お店に行きたいというよりも、このバカらしくも楽しげな雰囲気の中に混じりたいということらしいけれど。次回は本気でオールナイト?
文芸同人誌を長く続けておられる神崎屋さんたちの「品評会」のように、熱く語り合う読書会や古本談義も楽しいかも知れませんね。

ますく堂ママとしては、「一回で終わりにするつもりはないよ」とのことなので、マンネリにならない程度に間隔をあけて、またの機会を作っていただければと思います。
個人的には、「ピザとろうぜ!」なイタリアン仲間募集。誰かつきあってくれよぉぉぉぉ!

今回ご来店の皆様、第二回にも是非!
今回は来られなかった皆様、第二回に是非!

そして、ますく堂店内の「駄々棚」から本をお買い上げくださった皆様、この場を借りてありがとう黒ハート


posted by 駄々猫 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市・古本屋訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。