2011年08月20日

「ふるほん いっぱこ めぐり市」100均一棚作りました

15日にお知らせしていましたが、「ふるほん いっぱこ めぐり市」に、100均一棚を作りました。

写真を忘れたよ・・・たらーっ(汗)

古本屋さんの均一棚、箱のようなものをイメージしていただければと思います。

まあ「お宝本」はないと思いますが、200円〜400円ぐらいつけていた本が100円になっている、ぐらいに考えていただければ。

ブックオフで105円本棚をチェックしている方々は、その感覚で次の古本市用、店舗用「仕入れ」をしていただいても結構です。
まあ、全然「対象外」かも知れないけどね。

もし、それなりに売れて場所が空けば、来週、第二弾を運び込むつもりです。
空かなければ諦めて、図書館リサイクルコーナー行きか・・・ある程度の数なら、とちぎ一箱古本市(9/3,4)に設置されるという「ブッククロッシングゾーン」用に提供しても良いかな。

お手伝いできれば良いのだけど〜今はちょっと難しいので、読み書き堂さんにご面倒をおかけすることになりますが。

駄々猫邸内古本市(爆)も計画中です。
現在「行きたい」って言ってくれた方が約3名。まあ、3名いれば開催できるし、皆さん古本市関係の方なので(今のところ)言い値で買ってもらっても良いかな〜なんて思ってます。

今回、あまり積極的営業をしていませんが、行ってくださった方は、ご一報下さいませ。

なんのため? 恩義を忘れないためさ。

本に興味がなくても「美味しいもの」が好きな方なら、めぐりさんのランチ、甘味だけでもどうぞ。

だだめしの方に、食べログ投稿も兼ねたレビューを書いていますので、ご覧あれ>ココ

パンダカレーと黄金率ソフトクリームの写真も載せたよん。
posted by 駄々猫 at 21:33| Comment(7) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

「ふるほん いっぱこ めぐり市」続報など

先日お知らせした「ふるほん いっぱこ めぐり市」の続報です。

12日から「古本T」さんも参加されて、ますますニギヤカになった模様。

駄々猫舎は今回、ミニ本棚での出店です。

110806_1552~0001.jpg

一番上の段には、本じゃないものが並んでいます。
右側のかごには、読書SNS「やっぱり本を読む人々」のメンバーさんが作った「震災で家が流れてしまったメンバーさん支援用」のブックマーカーやチャームなど。

左側には、CDと雑貨類。

「本以外のモノ」に興味を示す人もいるかなあ〜なんて思ったんだけど、そうでもないぽいたらーっ(汗)


私の個人的売上は今ひとつですが、まあ、今回は「初開催」でもありますし、本人がまったく営業できていないし、ろくに足を運んでもいないので、「申し訳ございませんっ」な感じです。

食ブログ「だだめし」の方にこそこそっと書いたのですが、昨日、「リビングの床を何とかしようではないか」運動(?)をしたところ、予想はしていたものの、あまりの本の多さ、まとまりのなさに眩暈が・・・。

どうしてか。
今まで、自分がちょっとでも興味を持った本は、がんがん買っていたのですね。
そもそも興味対象が多岐多様で「これ」というジャンルがないのです、私。

「NDC(日本十進分類法)で00(総記)から90(文学)まで全部ある」のだ。
いやまあ2桁で考えれば「63 蚕糸業」はさすがにない・・・と思うけど、あってもおかしくはない。
そんな状態で古本市なんか始めちゃったから、もう収拾がつかなくて。

で、思った。
「遅まきながら・・・得意ジャンルを決めようではないか」と。

よく考えれば、多くの古本屋さんはそうですよね。「こういう系統に強い」ってのが、なんとなく、ある。
ごった煮のようでありながら、「半端本」は外の100均箱に置いてあったりする。
そういう風に、「半端なジャンルの本」は処分価格にしても良いのでは? と。

それは、「その本を大事にしていない」ということではなく、「私の店のラインナップとは毛色が違うから、方向性があう人のところへ行っておくれ」ということです。

いずれ「ジャンル外半端本大放出、駄々猫舎まつり」でも開催したいものですが、とりあえず「めぐりさん」での古本市で、100均コーナーを設置することにしました。

今週末、大幅改造予定です。
まあ、50円だろうが100円だろうが、興味のない本は買わないものでしょうが、気が向いたら覗いてみてやって下さい。
posted by 駄々猫 at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 駄々猫舎ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

「ふるほん いっぱこ めぐり市」ご案内

皆様、ご無沙汰しております、駄々猫です。
一部の方は事情をご存知ですが、7月に入ってから、駄々猫、活動制限をしています。

義理堅さという面において、高水準を保つ努力をしてきましたが、ちょっと、どうにもならん事情で、各方面に不義理をしております。申し訳ありません。

なんというか・・・状況が変わるというか、色々なことのカタがついたら、また元気に出歩くと思いますので、しばらくはそっと見守ってやって下さい。

そんな状況にもかかわらず、駄々猫舎より、急に決まった参加イベントのお知らせです。


●「ふるほん いっぱこ めぐり市」●


8月6日(土)〜9日4日(日) 10時〜20時(入店は19時まで)

場所:オーガニックフード&和カフェ「めぐり」


HPは> http://www.holoholo.co.jp/


●台東区上野1-20-11 鈴乃屋本店2階 (上野松坂屋向い)


めぐりさんは、リコシェさんのご友人がオーナーをされているお店で、春の一箱古本市の際、MAPを置いてくださいました。
ピーマンTV収録があったり、メールアート展示があったり、他にも色々なイベントを手がけておられます。

私はまだ「甘味」しか食しておりませんが、「みつまめ」大変、おいしゅうございました。
オーガニックランチやパンダカレーも大評判ですので、是非ランチやお茶のついでにお越し下さい。


●出店メンバー●

「甘夏書店」「石英書房」「モンガ堂」「じんた堂」「めぐり箱」「東京セドリーヌ」「駄々猫舎」


委託形式ですので、店主がいつもいるわけではありませんが、会期が一ヶ月と長いため、皆さん随時「補充」に行くことと思います。

「一人で行くのはちょっと」という方は、お早めにお声かけいただければ、追加納品日をあわせて同行可能です。(現状、3回が限度でしょうが)

私は「女子本」中心のセレクトですが、モンガさんじんたさんあたりが「渋い本」を揃えていると思いますし、甘夏さんや石英さんは、レア絵本や街歩き、江戸ものに強いです。

東京セドリーヌさんは、メンバーが多いこともあり、毎回、多種多様なラインナップの出品をされます。

都内の古本市としては「いつものメンバー」ぽいですが、毛色は結構異なるので、広い範囲をカバーできるのではないかと思います。

暑くて外出なんかとてもとても・・・という厳しい夏ではありますが、一ヶ月開催ですので、お時間ができましたら、是非足をお運び下さい猫
posted by 駄々猫 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。