2011年05月27日

ほぼ週刊だだねこ:2011年5月21日〜27日

明日28日は、いよいよ『オカトーーーーク ブックオフ芸人』です。

駄々猫は、「にぎやかし」程度の出演ですが、他のゲストの皆さんは凄い面々です。

古本や古本市、そしてブックオフに興味のある方は、ためになる内容だと思います。
あのシールをいかに綺麗にはがすか、なんていうテクニック問題にも触れるようですよ。

5月28日(土) 19時半〜21時半ぐらい

場所:清澄白河「深川資料館通り商店街事務所2階」

USTREAM生放送:ピーマンTV:http://p-man.tv/


ピーマンTVでは、UST放送をリアルタイムでご覧になり「見えてます」とか「音声、大丈夫です」とかツィートしてくださる方を募集しています。
お時間が許す方は是非、ご協力をお願いします。

<出演者>
司会=岡崎武志さん・Rengeさん

ブ芸人=ふぉっくす舎さん、退屈男さん、しまぶっくさん、くちびるごうさん、書肆紅屋さん、放浪書房とみーさん、駄々猫

リアル観覧者も募集中 > http://ippuku3.exblog.jp/12546687/

もう一つ、28〜29日、新栃木で開催されるイベントのご紹介。

●蔵ノ街デ タカラモノ サガシ●

栃木市・蔵の街、油伝味噌さん周辺で行われる、作家作品・古道具・雑貨・お菓子・飲食のマルシェです。
一箱古本市で知り合った「読み書き堂」さんが参加されています。
私は、29日に、栃木在住のお友達を誘って行く予定。

詳しくは > http://ameblo.jp/kuramono001/

●だだねこ足跡●

21日:谷中よみせ通りフリマ 1日目 >ブックダイバー「気仙沼お話会」

http://dadameshi.seesaa.net/archives/20110521-1.html

フリマで疲労していたが、ダイバーの「気仙沼お話会」は行って良かった。
被災地にボランティアで行ってきた3人の話、若い3人の「思い」や「感じたこと」を直接聞けたのが良かった。
集まった皆さんも、それぞれの立場や考え方があり、皆が皆「ボランティアすばらしぃ〜」「誰もが行くべき」とは言わないことも良かったと思う。

原発に関する話題は出なかったが、帰りに寄ったファミレスで少し話せた。
今、この問題が一番気にかかっている。
前にも書いたが、自分は子供もいないし、長生きしたいわけでもないが、将来ある子供たちの未来が心配だ。

22日:谷中よみせ通りフリマ 2日目

http://dadameshi.seesaa.net/archives/20110522-1.html

24日:クラフトエヴィング商会&岸本佐知子&三浦しをん、トークショー&サイン会

http://dadameshi.seesaa.net/archives/20110524-1.html

トークショーの内容を、同じ彼らのファンに伝えたいと思うが、「何でもツィート、何でもブログに書くとかは止めて欲しい」との要請もあった。
一理ある。ので、このトーク(六本木分も)内容を聞きたいという方は、私に会った時にでも聞いて下さい。
いつも持ち歩いているメモ帖さえあれば、かなり再現できるかと。

26日:久しぶりに、一番近くの図書館へ

カード、再発行してもらった。
ツイッターでの「おとな絵本会」に久しぶりに参加したいと思ったのだが、課題本が絶版だったのです。
アマゾン在庫も少なかったし、「こういう時こそ図書館だぜ」と思った次第。
読まねばならない本が山積みなので、他の本を借りないように注意せねばなりませんが。

27日:吉上恭太さんのライブ「サウダージな夜」@古書ほうろう

ブラジリアン音楽と、「しのばず」関係の新しい楽曲とがミックスした、心地よい一時間でした♪
「今日は台湾写真ポスカだけ買おう」と思っていたのに、やっぱり古書も、新刊も、そして満福亭コーヒー豆も買ってしまったのだった。

●今後の予定●

28日:ピーマンTV「オカトーーーク ブックオフ芸人」出演

29日:「蔵ノ街デ タカラモノ サガシ」へ

31日:第22回大人絵本会 お題「やまのかいしゃ」スズキコージ作 片山健絵

22時〜24時、ツイッター上にて。 主宰:えほんうるふ(ehonwolf)さん
どなたでも参加できます。ROM専もOK

どこかで、写楽展に行かねば・・・あああ、混んでるだろうなー。
posted by 駄々猫 at 17:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

ほぼ週刊だだねこ:2011年5月14日〜20日

土日に目一杯動くと、平日はへろへろ。
読書だけは進んでいるが、感想を書くのが面倒で、メモもとっていない。
そして、記憶の中で、内容が混じったりしている。

一箱でのつん堂さん、いっぷくいっぱこでの脳天松家さん、高円寺縁台ふるほん市でのちびねこ家さん、UST「ぶっくちゅひろしま」でのnovinさんの決意表明などを目(耳)にし、神戸の女子古本市に向けて気合が入ったのだ。

今まで本気じゃなかった、というわけではないのだが、なんつーか「売りたくない本は、読むのも後回し」にしていた。
私は、自分が読んでない本を出品することはほとんどない(相方や父や友人の本は別)
つまり、「読んでないから、まだ売れない」本が一番多いのです。

一ヶ月で、女子古本市で売ってみたい本を全部読むべく頑張っております。

●だだねこ足跡●

14日:初夏のぺんぎん堂まつり>「一箱本送り隊」活動>古書信天翁>石英書房

http://dadameshi.seesaa.net/archives/20110514-1.html

ぺんぎん堂まつり、今回は文房具だけにしたのだけど(それでも重かった)、もっと色々な種類を出しても良いなあと。また開催するらしいので、グッズなどをためておこう。

15日:高円寺小さな古本博覧会>縁台ふるほん市

http://dadameshi.seesaa.net/archives/20110515-1.html

とうとう古書会館に足を踏み入れてしまいました・・・その内、五反田や神保町にも行ってしまうのだろうか。一度、家中を片付けてからにしたいが。

19日:INAXギャラリー>出光美術館>ヒナタ屋(4周年記念)>ブックダイバー

http://dadameshi.seesaa.net/archives/20110519-1.html

INAXの本屋は、小規模ながら余りにも好みのラインナップで、大金持ちだったら「店ごとください」と言いたくなる。

同じ本が、神保町某所均一に2冊あった。比較検討の結果、書き込みがある方を買い、五つ葉症候群に罹患したことを知る。

20日:NHK「熱中人」で、五つ葉文庫、古沢氏を見る

ナンダロウさんや、パンダ向井さん、古書ほうろう宮地さんなども出演。
関係者ツィートが賑わう。

●今後の予定●

21日:谷中よみせ通りフリマ

お友達のAちゃんと出店、私は、パパ不要品と委託品を売る。
コシヅカハムのアメリカンドッグが食べたい!

22日:谷中よみせ通りフリマ

みちくさ市で仲良くなった、雑司ヶ谷つーしんさんと出店。
天気がもってくれるといいなあ。

24日:クラフトエヴィング商会&岸本佐知子&三浦しをん、トークショー&サイン会

@青山ブックセンター本店。六本木にも行ったが、また行く。
だって、このメンバーということは、私がずーっとずーっと待っている例の計画が進んでいるに違いない。(「罪と罰は読まない」というテーマで冊子を作るという計画)
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

参加イベント他告知

駄々猫(舎)より、参加イベントのお知らせです。

なんで(舎)かといえば、フリマに参加する場合は、本を中心に売るわけでなし、「駄々猫舎」ではなく、個人参加だからです。

今週末のイベントもあれば、来月のイベントもあります。
21、22日のイベントに関しては、ぎりぎり告知になってしまって申し訳ないですが、お時間と興味があれば、足をお運び下さい。

★駄々猫(舎)参加イベント★

●谷中よみせ通り、わくわく大感謝祭フリマ●

5月21、22日(土日) 10時〜 雨天中止

明日21日は大丈夫そうですが、22日は「雨予報」も出ています。
心配な方は、お出かけ前に、サイトチェックなどをお願いします。
終了時間は未定です。(モノが売れたら、早めに撤退して良いとのことなので、体力とも相談の上、昼過ぎには終了する可能性もあります)

場所は、当日くじ引きで決まるそうですが、延命地蔵尊の周辺になります。
よみせ通りには、西日暮里、日暮里、千駄木の3駅からアクセスできますが、西日暮里寄り(道灌山通り寄り)です。

おおよその配置は「商店一覧」をご覧下さい > http://yomisedo-ri.com/ichiran.html

一箱古本市チームも出店されますが、私は友人とフリマ枠での出店です。
本は少しだけで、パパ服、靴下(まだあったのか!)、ハンカチ、雑貨少々、委託品の手作りブックマーカーなどを売ります。

一箱チームの皆様は、千駄木寄りの場所になりますので、本を目当てにいらっしゃる方は、そちらを是非。

通り沿いには、コシヅカハムや谷中コーヒー他、「おいしいお店」も多く、楽団の演奏やクイズラリーなど、盛りだくさんの内容ですから、一日いても楽しめそうです。

詳しくは > http://yomisedo-ri.com/index.html

●「オカトーーーク! ブックオフ芸人」●

USTREAMピーマンTVで、新しいスタイルのブック・バラエティートーク番組がスタート。
本好きが集まってワイワイガヤガヤ。思わぬ実用情報も飛び出します。

5月28日(土) 19時半〜21時半ぐらい

場所:清澄白河「深川資料館通り商店街事務所2階」

USTREAM生放送:ピーマンTV:http://p-man.tv/

<出演者>
司会=岡崎武志さん・Rengeさん

ブ芸人=ふぉっくす舎さん、退屈男さん、しまぶっくさん、くちびるごうさん、書肆紅屋さん、放浪書房とみーさん、駄々猫

私は「芸人」というほどブックオフ通いをしていませんが、ほかの皆様は凄い面子なので、古本好きの皆様は是非ご覧下さい。

USTでも見られますが、リアル観覧者も募集中です。

詳しくは> http://ippuku3.exblog.jp/12546687/

●「女子の古本屋」による「女子の古本市」●

古本ライターといえばこの方、↑上記の司会もしていただく岡崎武志氏の『女子の古本屋』が、6月にちくま文庫から刊行されます。
単行本刊行以来、女子の古本屋が急増したのは、この方の功績のよるところも大きいかと思われます。

この刊行を記念し、兵庫県神戸市にある名書店、海文堂書店にて、一大イベントが開催されます。

6月24日(金)〜26日(日) 10時半〜19時

場所:海文堂書店 2F・ギャラリースペース

全国各地から、なんと50店もの「女性店主の古本屋の箱」が集まるという・・・。
最初はリアル書店だけと聞いていましたが、せっかくならもっと、という話になっていったようで、駄々猫舎も声をかけていただきました。

神戸は、私にとって、大震災のあった年の4月から一年住んでいた思い出の場所。
貧乏寮生活でしたが、年の違うクラスメイトたちと麻耶山に登ったり、王子動物園や南京町、時には古本屋にも足を延ばしていました。

委託販売なので、店番はしなくて良いのですが、どうにも神戸が恋しくてたまらなくなったため、思い切って行くことにしました!

3日間いられるかはまだわかりませんが、西の皆様、現地でお会いできるかも知れない皆様、よろしくお願い致します。

詳細は> http://www.tonkabooks.com/event.html#110624

もうちょっと日が近くなったら、またご案内させていただきます。
posted by 駄々猫 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄々猫舎ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。