2011年04月30日

第12回しのばず一箱古本市:価格設定、割引について

駄々猫舎の「しのばず一箱古本市」出店は、5月3日@往来堂書店。
27日から5月2日まで、「しのばず一箱古本市」に関する記事を毎日書きます。

順番が関係するので、27日〜の分をまだお読みでない方は、↓下の記事を先にご覧下さい。
時間がない方は、最終投稿日=5月2日にまとめてどうぞ。

2日は、深川いっぷくに納品に行くため、記事アップは23時過ぎになるかもです。
割引情報などあるので、早起きな方は3日の朝、チェックをしてからお出かけ下さい。
一箱古本市は、全会場、11時に一斉開始です。

本日、30日の一箱古本市は、大盛況の内に終了しました。
ご来場、ご購入いただいた皆様、ありがとうございました。

私は、13時まで古書ほうろう前で助っ人をし、お昼ごはんも食べずにお客として会場を廻りました。このへんの話は後日(8日のみちくさ市が終わって一息ついてから)書きます。

今日は、価格設定、割引について。

今回、ホームラン本(1000円以上の本)はありません。
150円〜700円で、200円〜300円が中心です。
全部、割引なしで売れたとしても、3万円程度。

価格設定はいつも迷いますが、今回はとにかく「手にとって欲しい」「(お客さんが)知らない出版社や雑誌の最初の一冊を提供したい」という気持ちが強いので、自分としては「やや安め」に設定したつもりです。

リトルプレスは、バックナンバーがあっても定価販売が多いので、半額〜ちょい高めでも探す手間などを考えれば「お買い得」だと思います。バックナンバー、完売ってこともありますしね。

なので、今回「割引なし」にしようかなと思ったけれど。
やっぱり、ちょっと何かしたいってことで、2パターンの割引を致します。

A.条件に当てはまれば割引

一部の本に、割引条件を書いたスリップを挟みました。

古本市スリップ表.jpg古本市スリップ裏.jpg

←表は、毎度お馴染み「駄々猫ハンコ、タイトル、著者名、価格」
裏に、(約15冊ほど)割引条件が書いてあります。→


たとえば「楽器をやっているお子さん、またはお子さんがいる方は50円引き」とか「図書館勤めの方は50円引き」とか「鹿児島弁をしゃべってくれたら100円引き」とか書いてあります。

条件内容は様々ですが、その本と何かしらの繋がりがある条件になっています。
楽器の絵本だったり、主人公が司書だったり、鹿児島偉人伝だったりね。

条件に当てはまらない場合は「ごめんなさい」ですが、割引帯がついている本を探すことを楽しんでいただくのも一興かと。

B.閉店間際割引

15時から、状況を鑑みた上で、全品割引セールを致します。
もともと全体的に安めの設定なので、現段階では「半額に」とか「50円引き」とか「一部100均」とか決められませんが、フリペは20円>10円に。

あとは、その場の気分で決めますので、たいしたことない、かも知れないし「え?こ、この値段で!?」ってことになるかも・・・。


明日5月1日は、「100冊全部につけます!」宣言をしてしまい、少し後悔している「帯について」をアップします。
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。