2011年04月28日

第12回しのばず一箱古本市:Yonde!? 駄々猫舎の100冊

駄々猫舎の「しのばず一箱古本市」出店は、5月3日@往来堂書店。
27日から5月2日まで、「しのばず一箱古本市」に関する記事を毎日書きます。

順番が関係するので、27日分をまだお読みでない方は、一つ下の記事を先にご覧下さい。
時間がない方は、最終投稿日=5月2日にまとめてどうぞ。

2日は、深川いっぷくに納品に行くため、記事アップは23時過ぎになるかもです。
割引情報などあるので、早起きな方は3日の朝、チェックをしてからお出かけ下さい。
一箱古本市は、全会場、11時に一斉開始です。

今日は、「Yonde!? 駄々猫舎の100冊」vol.3 のリストを。

テーマは「この出版社、ご存知?」
本に関しては、タイトルではなく出版社名を、リトルプレス・雑誌はタイトルを記載します。

A.本拠地が東京ではない出版社の本・雑誌 30冊

柏艪社
季刊あおもり草子(雑誌)
無明舎出版
プレスアート
秋田印刷工房出版部
門土社総合出版
神奈川新聞社
山梨日日新聞社
静岡新聞社
風媒社
名古屋城振興協会
考古堂書店
銀河書房
東光社
橋本確文堂
修成学園出版局
西日本出版社
たる出版
なごみ 茶のあるくらし(雑誌)
京都新聞社
光村推古書院
サンリード
月兎舎
吉備人出版
今井書店
アトラス出版
書肆侃侃房
聖母の騎士社
春苑堂出版
カラカラ(雑誌)

ご存知の出版社、本を持っている出版社(だけとは限りませんが)、何社ありましたか?
私は正直、自分の守備範囲の広さと言えば聞こえは良いが、ちょっと面白そうだと思うと即買ってしまうという「節操のなさ」にやや呆れました。
ミニテーマをつけるとしたら「忍者から神父まで」ってとこか。

B.今はなき出版社の本 10冊

スコラ
朝日ソノラマ
京都書院(京都)
光琳社出版(京都)
リブロポート
社会思想社
ノーベル書房
伸光社
雄鶏社
六興出版

イコール絶版本、では、ありません。他社から文庫で出ている本もありますし、版権譲渡や、在庫販売を行っている場合もあります。

C.本業は別にある出版社の本 10冊

タリーズコーヒー
フェリシモ出版
サンリオ
ウェッジ
パルコ出版
DHC
阪急コミュニケーションズ
郵研社
ギャラリーフェヴ
三笠会館

「どういう流れで、この本を出版したのかな?」と考えてみるのも楽しい。

D.店主お薦め出版社の本 15冊

アニカ
JULA出版局
静山社(文庫)
ポトス出版
ミシマ社
リトル・モア
バジリコ
DAI-X出版
ブルース・インターアクションズ
青山出版社
WAVE出版
アートン
マーブルトロン
大空出版(ポケット文庫)
アノニマスタジオ

このジャンルは、本当に絞込みに頭を悩ませました。アスペクト、ペンギン社、ピエブックス、のら書店・・・まだまだあるのだけれど。
出版、本、印刷業界の方はご存知の出版社ばかりだと思いますが、一般にはそれほど知れ渡っているわけではないような。
静山社は「ハリポタ」で一世を風靡しましたが、文庫はまだそれほど出回っていないと思います。

E.大好きリトルプレス 15点

かたりべからす
なごやに暮らす
黒白
cho lon book
酒とつまみ
こけしの旅の本
そらあるき
FLAT HOUSE style
APIED
さはん
kino
カナカナ文庫
ユルリナ
はなうた
月刊ビル

こちらも頭を悩ませました。昨日の記事に書いた通り『四月と十月』他、製作者が今回の一箱に出店し、リトルプレス販売も行うとわかっているものは止めました。
他に、マーマーマガジン、d(ディー)、サルビア、大人の時間割、などが候補でしたが、バランスを考えて絞り込みました。

F.終了廃刊が残念な雑誌、小冊子 10点


谷根千
彷書月刊
ぐるり
無尽蔵
だるま
アルネ
奇想天外
助六
サントリークォータリー
is

上2つは、古本業界では「常識」ですが「初めて読む方」に手にとって欲しいなと。
1冊しかありませんので、読んで気に入ったら「谷根千」は往来堂さんで、「彷書月刊」は、古書ほうろうさんで追加購入をお薦めします。
雑誌に関しては、数冊ある在庫から「なぜこの号を選んだか」もポイントになっています。

G.もっと読まれて欲しい雑誌、小冊子 10点

TOIRO
Re:s
nid
百楽
どうぶつと動物園
リビングデザイン
民藝
ロケーションジャパン
江戸楽
カメラ日和

たとえば、写真やカメラがお好きな方なら、カメラ日和をご存知でしょう。でも、興味がない方は知らないのでは?
面出し積み上げや、中吊り広告どかーん!な雑誌、美容院や銀行、カフェに置いてある率の高い雑誌は、たとえ読まなくても知っている人が多いと思います。たとえば私は、オマケ付きの女性誌を買ったことがありませんが、存在は知っています。
ここでは、「あまり見かけないが、もっと拡がって欲しい」雑誌を選んでみました。

以上、少しでも興味を持っていただけたら、5月3日、往来堂書店前でお待ちしております。

明日29日は「購入者特典についてのお知らせ」をアップします。
posted by 駄々猫 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。