2011年04月27日

第12回しのばず一箱古本市:テーマ選びと選書について

駄々猫舎の「しのばず一箱古本市」出店は、5月3日。
本日から前日の2日まで、「しのばず一箱古本市」に関する記事を毎日書きます。

興味がある方はお読み下さい。
時間がない方は、最終投稿日=5月2日にまとめてどうぞ。
この日は、深川いっぷくに納品に行くため、記事アップは23時過ぎになるかもです。
割引情報などあるので、早起きな方は3日の朝、チェックをしてからお出かけ下さい。
一箱古本市は、全会場、11時に一斉開始です。

今日は、テーマ選びと選書について。

繰り返しになりますが、今回のテーマは↓

「Yonde!? 駄々猫舎の100冊」第3弾テーマは「この出版社、ご存知?」

超大会社ではない出版社、専門性の強い出版社、地方出版、リトルプレスなどから発行された本や雑誌で、自分が読んで面白かったものを100社から1冊ずつ選びました。


私は本好きですが、特に本に関わる何かを仕事にしているわけではないし、何か秀でているわけではありません。
でも、子供の頃から、自分で読む本は自分の価値観で選んできました。

●●賞受賞とか100万部突破とか、「今これを読め」的な宣伝は、私にとって何の意味も持たない。
なんとなく、大きな本屋の目立つ場所には、たいてい大出版社の本が並べられていることや、賞を取った作品ばかりがもてはやされる状況を少し残念に思っています。
売れる本ばかりが良い本というわけではない。

知る機会、目にする機会、手に取る機会がなかなかないだけで、面白い本は世の中にたくさんある。
漠然とそんなことを考えていた時に「そういう本を、並べてみたいな」と思ったのです。

駄々猫舎は実店舗がないし「目録」を作るほど稀少品を持っているわけではないので。
「一箱の宇宙で遊ぶ」この元祖しのばず一箱で、自分なりに考えた「世の人にもっと知って欲しい出版社(本)や雑誌やリトルプレス」を紹介してみたいなと。

UST出演時「意図はわかるけど、どうやって100社に絞り込むのか?」と聞かれました。
その時には「総合、有名出版社以外の本が、一般家庭にそんなに沢山あるもんかい!あるだけ出すのさ〜」と思いましたが。予想以上にあったんだな、これが。

なので、条件をつけて、なんとか100冊に絞り込みました。
前段階的な条件として「自分がまだ手放したくない本は売れない」ということがあります。
たとえば、どんなに『きのこ文学名作選』(港の人)が素晴らしく気に入っていても。
自分の分はキープしておきたいし、わざわざ2冊目を新刊で購入してまで箱に入れる、ということはしません。

新刊で購入した本もあれば、古本屋やネットで購入した本もありますが、並べる目的のためだけに、興味のない本をわざわざ買うこともしません。

100冊(100出版社、発行者)の内訳は。

A.本拠地が東京ではない出版社の本・雑誌 30冊
B.今はなき出版社の本 10冊
C.本業は別にある出版社(部門?子会社?)の本 10冊
D.店主お薦め出版社の本 15冊
E.大好きリトルプレス 15点
F.終了廃刊が残念な雑誌、小冊子 10点
G.もっと読まれて欲しい雑誌、小冊子 10点


A.は、30都道府県1冊ずつというわけにはいきませんでしたが、結構ばらけた感じです。
ご自分の出身地や、気になる土地の出版社があれば、手に取ってみて下さい。

B.は、廃業、倒産、吸収合併されてしまった出版社の本。京都書院のように、本はまだ売っている会社も含まれます。理論社は最近すぎて抵抗を感じ、あえてはずしました。

C.は、たとえば阪急電鉄グループやDHCの出版部門など。「なんでこの本がここから?」と「なるほど」が混在しています。

D.は、「この出版社の本なら、買い占めたいぜ」というぐらい私が好きな出版社。新刊案内をいつも気にしています。
一冊も持っていないなら是非一冊!とお薦めしたい。比較的新しくてこじんまりした出版社が多いかと。実のところ、15社に絞るのも大変でした。

E.は、お気に入りリトルプレスの中から、「皆に紹介したい!」と思ったものを。
『四月と十月』『レーズン』『野宿野郎』も入れたいところでしたが、それぞれ作ってらっしゃる方が「一箱店主」として出品されるので止めました。
上記3点は、いずれもお薦めですので、気になる方は各店主さんの箱からご購入下さい。

F.は、「終わってしまって残念だ」と思った雑誌、小冊子。奇想天外しかり、谷根千しかり、アルネしかり・・・。
だいぶ前に終わってしまったものから、最近終了したものまで。毎号とは言いませんが、時々買っていた雑誌たちです。今でも急に読みたくなることがあり、以前手放したものを買戻したりも。

G.は、「知っている人は知っている」けれど、もっと読まれて欲しい雑誌、小冊子。
そのジャンルに興味があっても、知らない方も多そうなので、紹介する感覚で。


今回は「駄々猫舎の100冊リスト」の配布をしないので、ブログで発表予定でしたが。
「行ってみて見る楽しみがなくなる」等の意見があったので、本に関しては、出版社名(発行者名)だけ発表することにしました。

100冊のお品書きボードは用意していますので、書名&著者名は、現地でそれをご覧下さい。
雑誌とリトルプレスに関しては、タイトルを記させていただきます。

100冊リストは、明日28日にアップします。
posted by 駄々猫 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。