2011年02月03日

105円の愉しみ10:『大正幻影』★川本三郎

年末のしのばずぶっくすとりーむ放送で、塩山御大が「ブックオフなんかいかねーよ。オレは田村芸人だから。コミガレと田村でしか買わねーもん。」と発言。

どこ? どこですかそれは? と、探してみたところ。
神保町メインストリートの田村書店、行ったことはある、し、買ったこともある。
記憶を辿れば、たぶん高校〜大学生の頃からここで本を買っていたと思う。
でも「この店が田村書店」と認識してはいなかった。(そもそも、最近まで古本屋の店名を覚える気がなかった)

そんなわけで、祝★初認識★田村書店で、装丁買いした一冊。

本105円「大正幻影」.jpg

大正幻影

購入場所:田村書店 購入額:100円

ちくま文庫版もあるし、岩波現代文庫版もある作品ですが、装丁が良いのです、装丁が。
これを買ったのは、Tちゃんと会った日だったのだけど、彼女は「中味しか興味ない。外側なんかどうでも良い」との意見。

でも、石英書房市の時、脳天松屋さんと「『チャリング・クロス街84番地』は、リーダースダイジェスト版の装丁が良いよね〜」なんて話したので、装丁にこだわる人も少なからずいるはずだ。
ま、そんなコダワリで選んだ一冊です。

一方で、パンとペン 社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘いつながりで大正期を知りたい欲が高まっているので、タイトル買いともいえましょう。

内容的には、「大正期の佐藤春夫、谷崎潤一郎、芥川龍之介、永井荷風らの作品を論じた評論集」で、気軽に読める感じではないため、いつ読了できるかわかりませんが。


posted by 駄々猫 at 17:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 105円の愉しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。