2011年01月09日

素人ふるぽん自慢市@神保町ブックダイバー

先日の記事に書きましたが、早速行ってまいりました、神保町ブックダイバーの「素人ふるぽん自慢市」

深川いっぷく記事に「初日買いの良い点」を書いた手前、自分が行動しないわけにはいかないし、ダイバーの忘年読書会で「行きますよ」と約束もしたことだし、ビバ義理人情な駄々猫です。

いつもの市より、やや単行本が少な目かな〜と思いましたが、欲しかった本や、ゆるゆると探していた本がゲットできて、大満足。

女子市の定番だった「絵本」や「画文家本」や「料理関連本」は皆無で、ビジネス本や「東京人250円均一」があった点に目新しさを感じました。
参加するって知らなかったレインボーブックスさんが、急遽参加されていたことも、なんだか嬉しかったな。「あ、また出会えましたね」って感じで。

皆さんの箱からちょこちょこと10冊ほど購入。ダイバーさんの棚からも2冊いただきました。

いつも思うのだけど「買う側の私」と「売る側の私」は両立が難しい。
自分が出店していると「参加者が最初から買っちゃいかんのでは」とも思うし、「売上がないのに買ってる場合じゃないよ」とも思ってしまう。

屋外の一日だけの古本市だと、接客に忙しくて動けないこともあるし、「自分の荷物もあるし、これ以上重たくなるなんて無理」と体力的に諦めることもある。

その点、自分が参加していなければ、思う存分「お買い物」ができるのですわーい(嬉しい顔)
もちろん、予算の限界はあるのだけれど。(誰ですか?家のスペースの限界とかゆってんのは?)

古本友達のどんぐりさんとお茶して、お互い買った本を見せ合ったりできたことも楽しかったな〜。
本に限らず「戦利品報告」って、面白いし楽しいし、勉強にもなる。
「どうしてその本を買ったのか」等、お互いに聞くことで、世界が拡がる。
自分がまったく知らない本を教わったり、「こないだ●●って本でこの人のことが書いてあってさ」とか、「●●さんがこの本好きって書いてたから読んでみようと思って」とか。

それから、売り手でもあるどんぐりさんとは、箱の内容や構成、価格設定、ブックオフや古本屋で見かける本かどうかについても意見交換できる。
「薔薇宇宙さんの箱は充実していたね、前に売れた本をチェックしているのかな、同じの出してくるよね、そんなメジャー本じゃないのに、なんで見つけられるのかな?」とか。
「東京人の☆☆特集って、新しい方はたまに見るけど、90年代のは見ないよね」とか。
「あの本、買っておくべきだったかなあ?他で見かけたことある?」とか。

古本業を営んでン十年の御大たちに敵うわけはありませんが、ピヨピヨはピヨピヨなりに努力しているのであります!
古本市などへの出店者としては、他の方の箱や棚を見ることが本当に良い勉強にもなります。

22日まで開催していますし、補充入れ替えも随時していくということなので。
皆様、神保町へお出での際は、是非ダイバーにお立ち寄り下さい。

詳しくは↓
http://bookdiver.exblog.jp/

●参加イベント予定●

1月16日(日)11時〜16時頃 くにたちコショコショ市

詳しくは、コショコショブログへ↓
http://d.hatena.ne.jp/kunikosyo-market/

一緒にダイバー詣で?をした、どんぐり書房さんも出店します!
駄々猫舎のおおまかな出品内容に関しては、前日までに記事にする予定です。
本よりパパグッズが多くなりそうな予感・・・フリマ担当か?
posted by 駄々猫 at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 古本市・古本屋訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。