2011年01月06日

105円の愉しみ7:『死と生きる 獄中哲学対話』★池田晶子&陸田真志

思いたって再開。(になるのかどーなのか・・・)

今年の初買いは、1月3日ブックオフ成増店。
駅からちょっと歩くし、そもそも成増に用などないので、初めて行った。

1,2日にセールをしていたこともあってか、「お」と思うような本には出会えなかったのだが、私よりも相方好みな一冊を発見。




購入場所:ブックオフ 成増店  購入額:105円

池田晶子氏は、14歳からの哲学 考えるための教科書 などの著作で有名な在野の哲学者。
若くして亡くなったし、美貌ゆえの中傷もあったようだが、きちんと「自分の頭と心で考え、自分の言葉で語る(書く)こと」をしてきた人だと思う。(や、一冊しか読んでいませんが)

相方コネタ的には、爆笑問題の太田氏がとても評価しているとか。(彼は相当な読書家ですね)

陸田真志氏は、当時、収監中の死刑囚だった。(2008年に死刑被執行)

相方は、裁判制度などに興味を持っていて、時折「死刑の是非」についても語り合う。
そんなところから興味を持って、手に取ったのでした。

ぱらぱらとめくると、池田氏が、永山則夫氏からの手紙はスルーしたのに、陸田氏からの手紙には返事を書いたというエピソードが載っており、ヘンな話だが、死刑囚として著名な永山氏より陸田氏を選んだ(?)点にも興味が。

しかし、内容が重たそうなので、体調と心の具合が良い時(冬の間は無理ぽ)に読もうと「積読」箱に入れたのでした。
posted by 駄々猫 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 105円の愉しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。