2011年01月17日

1月10日〜16日の読書記録

先週書いた「読みかけ本」は、読書会用の村上春樹しか読了できませんでした。
並行読み派な上に「あれ?どこに置いたっけ?」となりやすいので「読みかけ本」マックス20冊ぐらいになるやも知れぬ。

くにたちコショコショ市に出そうと思った本を中心に読んだけど、結局忘れた本もある。。。(理由? 重い、とか、どこに置いたかわからなくなった、とか)

中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)

読書会課題本なので、再読。な、はずなのだが、なんかあまり記憶がない・・・必読の「午後の最後の芝生」やっぱり好きかも。他の短編も悪くない。「シドニーのグリーン・ストリート」も好きだな。羊男と羊博士と、なんだか能天気な主人公と。不親切ってのか「描ききらない」ところが好ましい。こちらの想像力をかきたててくれるってか、妄想世界を広げてくれるってか。そういや映画も「描ききらない」作品が好きだな。

もうひとつ別の東京―ひそかに愛し、静かに訪ねる55景

東京生まれ育ち在住だが、東京に詳しくない。建物も好きなんだけど、知らない建物がいくつか紹介されていて(しかも著者は建築物が好きらしく、設計者の名前が書いてある!)興味を持った。単なる「町歩きガイド」ではなく、著者が好きな場所やモノだけを自分なりに紹介している点が、このテのガイド的な本としては、頭一つ抜きん出て好ましい。

ばかもの

ああ。ばかもの、だ(笑)絲山作品の中では、内容的にそれほど好きではないが、しゃきっとした文体は健在で読みやすい。

物見遊湯

大田垣さんの体当たりシリーズにも食傷気味ではあるけれど、意外と悪くなかった。のんびり温泉旅行ができる身分になったら、お供に持って行きたい「ゆるいガイドブック」として役立ちそう。知らない温泉地もいっぱいあったし!

雨男、山男、豆をひく男

ダイバーで薔薇宇宙さんから購入。小池さんの著作はとりあえず読みたい。ものすごく好きというわけではないが、「詩」作品は、何度か繰り返して読みたい。音の並びが好ましい。タイトルも良い、「豆をひく男」にぴぴぴと来ました。私にとっての「豆」はコーヒー豆。

うちの器

「料理人やスタイリストのエッセイ本」って、一ジャンルになっているような。でもって、まあ私が器だの雑貨だのカゴだの料理だのに興味があるからだが、見つけると読みたくなる。正確には「眺めたくなる」だな。高橋さんの好きな器、同じのを欲しいって思うわけじゃないけれど、目に優しいというか、保養というか、そんな感じ。「私の大好き」を見つけるためのレッスン材料、みたいなもんか。

好きな理由

感想としては「同上」だが、こちらは「器」に限らず、「好きなもの全般」たとえば、高知旅行なんかについても書かれている。ジャンルを絞っていないだけに、より一層楽しめた一冊。

おんなのことば (童話屋の詩文庫)

童話屋さんの詩集シリーズは、小さいけれど、しっかり著者エッセンスを絞り込んだ編集になっていると思う。装丁が綺麗だし、手に取りやすいから、「ちょっと読んでみようかな」って気分で読める。初心者向けのシリーズだと思うが、私にはちょうど良い。茨木さんの言葉は「おんなのことば」でも、へんてこな色気とか媚がないのが良い。

●読みかけ本  増える一方である・・・

・折口信夫文芸論集
・ヨーロッパ本と書店の物語
・奇縁まんだら
・したくないことはしない
・踏切みやげ
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本記録・紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

明日は「くにたちコショコショ市」★チラッと出品情報

明日は、待ちに待った(?)国立にて「初めての一箱古本市」=くにたちコショコショ市、開催。

1月16日(日) 11時〜16時頃 雨天延期

天気が不安な場合の指示や注意事項がありますので、お出かけ前に、コショコショブログをチェックして下さいね↓
http://d.hatena.ne.jp/kunikosyo-market/

駄々猫は「しま猫舎」として出店します。
猫は寒さに弱いので、すぐに店番から逃亡する可能性も・・・「来たのに駄々猫いないじゃん!!」て時は、携帯メッセやツイッターDMで呼び出して下さいませ。
たぶん、近辺のカフェなどで温まっていると思われます。

で。前日の23時を廻ったというのに、準備が全然できていない。

一昨日から「遊びっぱなし」な自分が悪いです、ごめんなさい。
今日も、読書会から即帰れば良かったのに、皆さんでランチしちゃうわ、ダイバーで遊ぶわ、お茶飲むわで・・・ははははは。

しましまさん、せっかく材料届けてくれたのに、「ノート」作れませんでした、ごめんなさい。
出品物は「古本、古DVD、パパもの雑貨」といった感じになりました。

本は重たいので、あまり持っていきませんが、一部紹介。

・佐藤雅彦「ねっとのおやつ」
・養老孟司「バカなおとなにならない脳」
・北尾トロ「気分はもう、裁判長」
・松本典子「うさぎじま」
・小泉さよ「猫ぱんち」
・杉浦さやか「ひっこしました」
・高橋みどり「うちの器」
・木村衣有子「もうひとつ別の東京」
・小池龍之介「自分から自由になる沈黙入門」
・日野原重明「旅での人と自然との出会い」
・福島泰樹「さらば、立松和平」
・平田俊子「詩七日」 <3冊持ってるので1冊放出
・リービ英雄「千々にくだけて」 <2冊持っているので・・・
・坂口綱男「安吾と三千代と四十の豚児と」 <同上

文庫・新書は〜15冊ぐらいで100均。
新刊で購入した本もあり、赤字企画ですが、なんかもう「祭り」気分で。

先日、記事にしました通り、先着でご購入者特典があります↓
http://dadaneko-chat.seesaa.net/article/180396500.html

文庫1冊100円購入でも「購入者特典」は差し上げますので(すみませんが、雑貨は基本的に対象外です)「特に欲しい本ないけど〜カレンダー欲しい」って方は文庫でも買ってください(笑)

それでは、明日いらしてくださる皆様、防寒対策をしっかりしてお出かけ下さい。
これからスリップ書くべし・・・。
posted by 駄々猫 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

ほぼ週刊だだねこ:2011年1月8日〜14日

●だだねこ足跡●

8日:ブックダイバーの「素人ふるぽん自慢市」へ

珍しく単独記事を書きました↓
http://dadaneko-chat.seesaa.net/article/179857709.html

どんぐりさんと待ち合わせして、ホリーさんと3人で夕飯@古瀬戸
ごはん日記は「だだめし」へ > http://dadameshi.seesaa.net/archives/20110108-1.html

9日:お買い物@ABCマート

くにたちコショコショ市の「寒さ対策」用に、暖かいブーツを購入。ついでに「あったか下着」も購入。
それにしても、ABCマート、あっちこっちにあるのね〜いつのまに増殖したのかとビックリした。

10日:しまねこ工房の日

しましまさんの体調不良で、作業がはかどらず。
しまさんは申し訳ないと恐縮していたけれど、私が頼りっぱなしじゃなく、ボンドや厚紙も自分で買って、一人でも全工程をできるようになれば良いことなんだよなと反省。

11日:一日マンガばかり読んでいた

12日:だるだるデー

13日:映画>ランチ>ポポタム>うさこーひー >ぶっくちゅひろしま

まずは一人で「チェブラーシカ」を見にテアトルダイヤへ。14日までだもん、慌てました。
小さめの劇場に2人・・・日本語吹替だから、あまり期待していなかったけど、チェブはチェブでほのぼのと良かった。同時上映の「くまのがっこう」も可愛かった。

池袋ルミネで中華ランチ後、ぶらぶら歩いてブックギャラリーポポタムさんへ。
現在「EX LIBRIS BOOK METRO」、本の世界を旅するチケット「蔵書票」のグループ展開催中。
作品数も多く、展示方法も工夫されていて、見るだけでもとても楽しめる展示でした。そんで「蔵書票」を自分で作りたくなったさ。

詳しくはコチラ > http://popotame.m78.com/shop/

歩いて目白、うさこーひーさんに向かう。こちらでは「あけおめ展」開催中。
2月15日まで「皆さんからうさこーひーに送られた年賀状」を展示しています。

詳しくはコチラ > http://usako2010.cocolog-nifty.com/

私のつまらん賀状も展示されていて、なんだか妙に嬉しかった。
イラストレーターさんやアーチストさんだったら、こうして店内に飾ってもらえるってチャンスじゃないか?
うさこーひーブログを読んでいただければわかりますが、絵本界の著名人も来店する店なんですよ〜。

「だだめし」には、美味なるチーズケーキ&ホットケーキの写真入り記事をアップしたので、よろしければどうぞ。 > http://dadameshi.seesaa.net/archives/20110113-1.html

23時〜ぶっくちゅひろしまUST視聴2回目。
財津氏移動中のため、ノヴィンさんが一人で進行。なので「ベスト本」企画は来週送りになりましたが、大変有益な情報が得られました!

資生堂広報誌「花椿」欲しい。
ほむほむと大竹さんが連載しているなんて知らなかった〜!

しのばずの放送は「一箱古本市」関連の情報や「業界情報」を得るには良いけれど、一般の読書人としては、ぶっくちゅひろしまの方が役立つ情報満載な気がします。(個人的見解)

14日:石英書房さんへ

昨年から「置きっぱなし」になっていた「石英書房市の売れ残り本」を引き取りに行ったのですが、やっぱり!話し込んでしまいました。
それなりに「お互いにとって有益な情報交換」もしてはいますが、半分は営業妨害じゃないだろうか・・・毎回すみません>石英さん
居心地良いんですよね〜。
今日、私がいる時に入ってこられた女性も、真剣に本を眺めながら、結構長い時間本棚探索されていました。

●次週の予定●

15日:神保町読書会

昨年のダイバー年末忘年読書会で知った「神保町読書会」
もともと読書会には興味があったので、1月の定例会に参加させていただくことに。
課題本が『中国行きのスロウ・ボート』ってことも、参加を後押ししてくれたかな。
私は村上さんファンではないけれど、この短編集は読んだし、特に「必読」の「午後の最後の芝生」はかなり好きな作品なので。

16日:くにたちコショコショ市

11時〜16時頃 雨天延期

詳しくは、コショコショブログへ↓
http://d.hatena.ne.jp/kunikosyo-market/

また、明日にでもご案内します、はい。
posted by 駄々猫 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。