2011年01月24日

1月17日〜23日の読書記録

くにたちコショコショ市後、大変酷い風邪をひいて寝込む。
最初の3日は、読書もできないぐらい頭痛やら熱によるだるさやらで苦しめられた。
快方に向かってからは、出かけられないという理由もあって、割合さくさく読めた、かな?!

虹色ドロップ

途中まで読んで、仕舞い込んでいた夏石さんのエッセイ集、今頃読了。前半は「そうだったそうだった」と記憶を辿りつつ、後半は新しい刺激にニヤニヤしつつ。連載時にも「おお!」と思ったけれど、「夫が若い頃出演した色っぽい系映画を見に行く」話がとても好きだ。まっすぐ書評も、偉そうじゃなく、説明しすぎでもなくて良かった。

可愛いモノ

こういう本を眺めるのが好き。婆になっても「可愛いモノ好き」でいたい。

したくないことはしない

津野さんから見た「植草さん伝」で、とても興味深く読めた。ややこしいコンプレックスの人だったんだなあ・・・一番病って(苦笑)昭和の下町、東京事情や映画館事情も見えてくるし、大震災と大空襲が東京に与えた影響みたいなものも少しわかる。津野さんの知識量がまたハンパないから「本」や「市民史」の勉強にもなる感じ。

風流江戸雀 (新潮文庫)

やっぱり杉浦さんの江戸もの漫画はピカイチ。本当は単行本で全部読みたい。

踏切みやげ

影響されて、踏切を訪ねて旅をしたくなる。季節感と温度や風を感じられるような文章。こういう時間の使い方をしたいものだと思わされる。都内でも、まだまだ知らない踏切、知らない路線があるなあ。

ほほえみにはほほえみ

川崎さんの詩は「いいなあー」と深く思えるものと、なんだかぴんとこないものがある。なんでだろう?

●読みかけ本  最初の3冊がいつまでも読めない。理由の一つは「すぐそばにない」

・折口信夫文芸論集
・ヨーロッパ本と書店の物語
・奇縁まんだら
・世界クッキー
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本記録・紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

くにたちコショコショ市(プレ開催)を終えて

体調不良を押して出店した「くにたちコショコショ市」、私の個人的失敗はともかくとして、イベント全体としては来客数も多く、各店の売上も悪くなく、「初回」「寒い往来での開催」を考え合わせると、大成功と言えるのではないでしょうか?

ご来場いただいた皆様、お世話になった他店主の皆様、主催者他ご協力くださった皆様、ありがとうございました&お疲れ様でした。

実行委員からの「お礼の言葉」はコチラ↓
http://d.hatena.ne.jp/kunikosyo-market/20110116/1295177022

今回は「プレ開催」ということで、実行委員が連絡先を把握しているメンバーになりましたが、次回からは(たぶん)公募もするのではないかと思われます。

古本屋、古本好きが多い割には、こういったイベントが少ないように思える中央線沿線の本好きな皆様、次回に向けて、「くにコショ」ブログチェックをお忘れなく。

くにたちコショコショ市ブログ↓
http://d.hatena.ne.jp/kunikosyo-market/


さて、個人的反省点としては、「体調管理ができなかったこと」に尽きる・・・かなあ。
正直、今回の出店に関して、私はあまり乗り気ではありませんでした。
見た目の元気さとは違い、あまり頑強な身体を持っていないことは自分が一番良くわかっているから。

でも「プレ開催」ってことでせっかく声をかけてくれたゆず虎嘯さんの気持ちがありがたかったし、しましまさんが一緒に出てくれるってことで「大丈夫かも」と思ってしまったのですね。

13〜15日まで、続けて外出していたことも関係あるかも。とりあえず元気だったし「何とかなるかな〜」と。見通し、甘かったもうやだ〜(悲しい顔)

前日の晩から「んー、ちょっとマズイ感じだな」とは思いつつ・・・当日、まずやってきたのは腹痛で、薬を飲んで何とかしのぎ、とにかくたくさん着込んで会場へ。

腹痛が治まったと思ったら、次は頭痛と寒気・・・お腹が不安でモノは食べない方が良さそうだし、さっき腹痛薬飲んだばかりで別の薬飲むのも何だしで、ああ困ったなな状況下、古本市スタート。

いつもの元気はまったくなく、接客もろくにできず、不景気な暗い顔をして「負オーラ」を出しながら、ただ座っているという有り様。
そんな状態で、相方のしましまさんにはご迷惑をおかけしたと思います、ごめんなさい。
くにコショご来店の皆様にも「負オーラ撒き散らしてすみません」です、はい。


こんなんだったら、おとなしく家で寝ていた方が良かったのでは〜、と思いつつ、午後になって日当たりが少し良くなり、お腹もおちついたのでベーグルを食べて薬を飲んでやや回復。
14時半ぐらいから、やっと動ける状態になりました。

終了後、重たい本を持ち帰る気力がなく、そのままゆず虎嘯さんの「棚貸し委託」に納めることに。

ここでね〜さっさと納めて、さっさと帰れば良かったものを、暖かい室内に入れたことでホッとしてしまい、トイレとの兼ね合いで我慢していた咽喉の渇きもあって、お茶を何杯もお代わりしつつ、ついつい長っ尻に。

更にニチニチさんでの「打ち上げ」にも参加してしまうという体たらく。単純にね、お腹がすいていたんですよ・・・どんぐりとシロクマちゃんとご飯食べて帰るつもりが、なんだか「飲みグループ」と合流してしまったんですよ。
はい、これに関しては後悔しています、ハッキリ!

やっぱり間違いでした。間違いでした。間違いでした。

さっさと帰って、風邪薬飲んで早く寝ていたら、ここまで悪化しなかったんじゃないかな〜。
ダメナヤツ・・・。

今回は、成績も非常に悪かったので、情けなくて記録も書けません。
出店料(250円、500円のところ、しましまさんと折半)と交通費と打ち上げ費は出たって感じかな。

まあ、これは自己責任です。冊数も少なかったし、「いつものアピールトーク」もできなかったし、客層に対する選書、価格設定も良くなかったんじゃないかな。

昨年だったら、「じゃ、次は方向を変えて」とか「安い本を揃えて」って工夫して再挑戦したかと思うけど、今年は古本市出店自体を控えめにする予定なので、次回のコショコショ市はお客さんとして行くつもりです。

以前から書いている通り、「買う側」としては、「参加のついで」より「お客さん」として行った方が、気兼ねなく買えるからね。

他、思ったことは、「やっぱり往来は人通りがあっていいな」とか「岡崎さん(古本界では著名人)がいるって違うよな〜」とか「クタロウさんのライブは良かったな〜」とか「つーしんさん&だーりん、じんたさん、差し入れありがとう」とか「安値競争はどこまでいっちゃうのかしら?今度はじまる「あいおいの里」をプロ指定にしたのって、みちくさ市が素人安値競争になっちゃったってことも関係あるんじゃないか?」とか。

●参加情報●

上記で書きましたが、ゆず虎嘯さんの店内に、3月末まで「委託」本を置かせてもらっています。
私だけでなく、10店舗が参加中。まだまだ良い本たくさんありますよ〜。
ゆず虎嘯さんの店内も、久々に行きましたが、ずいぶん本が増えていました。

国立方面に行かれた際には、是非お立ち寄り下さい。
開店日、時間はゆず虎嘯ブログをチェックしてね。

ゆず虎嘯deコショコショ市↓
http://blog.yuzukoshow.shop-pro.jp/?eid=385962
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

ほぼ週刊だだねこ:2011年1月15日〜21日

くにたちコショコショ市にいらしてくださった皆様、特にお買上げくださった皆様、お世話になった他店主の皆様、主催者他ご協力くださった皆様、ありがとうございました。

なんとなく予感がしてはおりましたが、やっぱり酷い風邪をひきまして、17日からずーっと寝込んでいました。
熱と頭痛と関節痛と眩暈を抱えたまま、なんとか19日にピーマンTVを見たのが精一杯。
それも、19時半〜だから見られたけれど、遅い時間だったら無理だったかと。

18日の「大人絵本会@ツイッター」、20日の「ぶっくちゅひろしま」はかようなわけで諦めました・・・無念。

?年ぶりの「酷すぎる風邪」に加え、精神的ダウンもあって、現在も「完全復帰」には遠い状態ですが、明日は出かけねばならぬ用事があるため、リハビリって感じでブログ書き。
相方に風邪がうつってしまったため(うつしたら治るはずが治らん・・・まさか別の種類?)看病(主にごはん作り周辺)もせねばならん。

いやー、二度とごめんです、冬の屋外は。
当日のみならず、二次災害(?)が酷すぎ。自分が弱いってわかってるんだから、義理人情とか意地じゃなくて、家族も含め「全体にかかる迷惑指数」を考えるべきでしたね、大人なら。

自分が出店しなくたって「行って買う」ことで協力はできるんだし、なんかちょっと「頭廻ってなかったのではないか?」と思われます、自分。

まあ、色々な意味で、非常に良い経験になったので(それに、やってみたからこそ「やっぱり私には無理なんだ」とわかったわけなので)今回の出店、後悔はしていません。
レポートは後日、元気になってからまとめたいと思います。
久しぶりに反省点が多く、ちょっと他のことがらみでも今後のことを色々と考えさせられた貴重な出店になりました。

●だだねこ足跡●

15日:神保町読書会

12月のブックダイバー忘年読書会で知ったmixiコミュ「神保町読書会」の1月定例会に初参加。課題本『中国行きのスロウ・ボート』(中公文庫)内の「午後の最後の芝生」

公的な読書会には初参加だったので、とても面白かった。前半は参加メンバーが「最近読んだお薦め本」紹介で、それも面白かったし(読みたくなったし)、後半の作品に関する意見交換も興味深かった。プロ、というか、日本文学の専門家で村上氏を深く研究しているという先生がいらして、全体の舵取りをしてくださったので、「単なる素人の意見交換」以上のものが得られたような。

時間があるメンバーでランチ後、ダイバーの「素人自慢市」へ。「薔薇宇宙さん」がいて値下げ中だったので、ついお薦め本を買ってしまう。その後、他をうろついていたら古本Tのかんからさんに会い、また一緒にダイバーへ。
「みちまろさん」とダイバーソファに座り込んで話に熱中していたら、あっという間に時間が過ぎて、店主に「長っ尻」を叱られる。叱ってくれる店主で良かった&ごめんなさい、以後気をつけます(って前にも一回叱られたような・・・学習してないのかヲレ、汗)

16日:くにたちコショコショ市

後日レポートします。

17日〜21日:寝込む

今回の風邪の嫌だったところは、頭痛と関節痛で集中して寝るのが難しかったところ。2,3時間ごとに起きてしまうのだ。風邪薬も飲んでいたが、途中で「痛み止め」に切り替えたぐらい。
あ、お腹は大丈夫です>コショコショ市関係の皆様

●次週の予定●

22日:Tちゃんと会う

5年ぶり?ぐらいでしょうか。某予備校で仲良くなり、一緒に「インド旅行」に出てからますます固い友情で結ばれ(?)20年を越えたおつきあいが続いているTちゃん。
ライフステージの変化やらお互いの引越しやらで一時的に「連絡しない状態」になっても、絆は結構固く、会えば話は尽きません。

古本市にも興味をもってくれているので、現在委託出店中の「神保町アミュレット」を紹介がてら、神保町ぶらぶら予定でしたが、なにせ私の体調がこんな按配なので、ただの「お茶会」になちゃうかもね。

27日:しのばずブックストリームを見るか、ぶっくちゅひろしまを見るか悩む


関係ないが、明日の「週刊ブックレビュー」のトヨザキ社長が羨ましすぎる。
だって、堀江さんといしいさんの間に座れるなんて・・・両手に花どこの騒ぎじゃないっすよ。いしいさんの「お薦め本」てば『ブタとおっちゃん』(<サイコーっす!)だし。



これで、いしいさんが池澤さんだったら、羨ましすぎて悶死する・・・。
posted by 駄々猫 at 21:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。