2010年12月15日

明後日17日から、石英書房古本市!

関西から帰京後も、何かしらの用事で出掛けていた、ここ半月。
さすがに疲れが溜まり、今日の「しまねこ工房」では、しましまさんに「大丈夫?テンション低いよ」と心配されてしまいました。
でも、頑張って、工房作業に精を出しましたよ。

さて、いよいよ明後日17日から、田端の石英書房さんで「冬の店内ミニ古本市」開催です。

詳しくはこちら↓
http://d.hatena.ne.jp/cloudy23/

4店主の「紹介文」も揃いました。
19日には、アル_アインさんによる「へナ体験」があり、最終日の23日には、似顔絵描きのトッピーさんがいらっしゃいます。

師走のお忙しい時期、寒くて外出したくない時期ではありますが、是非とも一度足を運んでいただきたくお願い致します。

今回の催しは、「諸事情により、普段は夜遅くまで開店していられない石英書房さんの本棚を、終業後や日曜祝日にしか来られない方にも是非見ていただきたい」という思いもあっての催しです。

出店者の箱や商品をご覧いただくとともに、石英書房さんの「江戸関係、町歩き関係、民芸関係、児童書と絵本に強い棚」や、店名の由来となった「ご自慢の石たち」も是非ご覧下さい。

さて、駄々猫舎、今回は一部だけでも「出品リスト」を作ろうと思っていたのですが・・・すみません、無理ぽいたらーっ(汗)

相方ちゅうたの本も少々混じり、所属SNS「やっぱり本を読むひとびと。」の本も出すので、ジャンル「ごった煮」です。

明日が搬入日なので、忘れなければ写真を撮って、少しは内容をご紹介できると思います。

駄々猫の店番日は、21日、23日、いずれも10時半〜16時ぐらいまで。
(23日最終日は、開店も16時半までです)

19、22日は、友人が来るので、「何時から何時まで」と断言はできませんが、お店かその近辺にいる予定。
これからでも「●日に行くから、お茶しよう」とか「あまり時間ないけど覗くよ」って方は、携帯メール、ツイッターDM、読メやmixiのメッセでお知らせ下さいまし。

そうだ、深川いっぷくの記事に書いたのですが、いらっしゃる方は遠慮なく「初日からわんさか買って」くださいましね。
「最終日に余っていたら」は、ある意味嬉しいけれど、補充ができないので。

それでは皆様、田端、石英書房にてお待ちしております。
posted by 駄々猫 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

奈良一泊一箱古本市終了&告知2件

奈良一泊一箱古本市を終え、京都をぶらぶらして、6日に帰京しました。
レポートは後日まとめ・・・られるか自信がないけれど、なんとか頑張りたいです。

関西遠征でお会いした方、お話した方、皆さん、お世話になりました&ありがとうございました。

今回は、仏像と城が好きなこの私が!
一体の仏像も、一つの城跡も訪ねなかったという「古本漬けの旅」になりました。
とはいえ、友人同行でもあるし、あまり欲張って廻るのは私向きではないので、ペースはゆるめ。力持ちの男性が一人でガツガツ廻れば、もっともっと多くの書店を訪ねられることでしょう。

古本屋レポートは書けそうにないので、ざっと順路を。

3日:このはな文庫>天三(エンゼル書房>駄楽屋書房>天三おかげ館即売会)
4日:奈良一箱に集中
5日:萩書房>恵文社一乗寺店
6日:ガケ書房>店名失念(不思議な店だった)>善行堂

奈良の智林堂さんには是非ともと思っていたけれど、今回はうまく時間があわず断念。
まあ、奈良にはまた行くだろうから、楽しみにとっておくことにした。

古本行脚の旅で一番嬉しかったのは、このはな文庫さん(あとりさん)にお会いして、ちょっと長くお話できたこと。時間を作っていただき、ありがとうございました!

一番気に入ったお店は、ガケ書房。
私には、かの有名な恵文社一乗寺店よりも、ばっちり好みにあっていた。
いろんな人が「古本」や「雑貨」「手作りもの」を委託している形式も好き。
はとさんのバッジもシートで売っていたみたいだけど、ほとんどなくなっていて「さすが〜」と思いました。

購入はかなりセーブしたのだけど、新本含め、やっぱり「重たい・・・」というぐらいにはなってしまう。安いってわけじゃないんだけど、欲しい本が多すぎるのだ。
次回の関西遠征時には、重たい本をどう運ぶか、どう送るかが課題かな。

さて、先日の告知に追加です。

★石英書房 冬の店内ミニ古本市★

12月17日(金)〜23日(祝) 10:30〜20:00(最終日は16時半まで)

一週間、田端の石英書房さんの店内に、4店が箱を並べ、店主留守時には「出店者が交代で店主代行を務める」システムになっています。

駄々猫の店番、だいたい決まりました。
21日の朝から15時半までと、23日終日(16時半まで)です。
また、22日は友達が遊びに来る予定なので、彼女とお茶する前後には店内にいる予定。
逆に他の用事があって行けないのは20日です。

駄々猫としゃべりたい方、駄々本の値下げ希望の方は、上記日程でおいで下さい。
また、「18日の夕方行きたいんだけど、駄々猫とお茶したいよ」とかゆーお誘いは大歓迎なので、直メールやツイッターDMでお知らせ下さい。

詳細は↓
http://d.hatena.ne.jp/cloudy23/

トップ記事が古本市と関係ないこともありますが、サイドバーのタイトルなどから探して下さい。

★神保町アミュレット 古本委託★

オリジナル雑貨や洋書絵本の店として有名な神保町アミュレットさんが、12月7日から1階部分をブックカフェにリニューアル。
リコシェさんからお誘いいただき、駄々猫舎も本を委託することになりました。
期間は4ヶ月の予定で、本が売れれば補充・・・できます。

他にも、東京セドリーヌさん、雑司ヶ谷のひぐらし文庫さん、ふるほん日和仲間の時間放浪社さん(放浪書房の紙モノ骨董系販売部)、甘夏書店さんなどが参加しています。
カレーやコーヒーも美味しいとの噂なので、お近くへお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
私も近々ご挨拶がてら伺う予定です。

アミュレットHP
http://amulet.ocnk.net/


もう一つ、石英書房古本市終了翌日の12月24日(金)、文京シビックホール(後楽園駅直結)のあるビル地下1階広場にて、フリーマーケットに参加します。

詳細がわかり次第、また告知しますので、古本にはあまり興味がない方は、こちらに是非。
クリスマスイブだけどな!
posted by 駄々猫 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄々猫舎ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

奈良一泊一箱古本市と石英書房・冬の店内ミニ古本市のお知らせ

深川いっぷくでの「いっぷくいっぱこ」記事を書かない内に、どんどん日数が経ってしまいました。関係者の皆様、大変お世話になりました&ありがとうございました&ごめんなさい。
そして、過去記事のコメントレスも遅くてごめんなさいです。

マジで忙しい・・・私、まだ「書籍商」=個人事業主ではないのだけど、12月のハードスケジュールは一体!?

28,29日と、静岡に秋漁の桜海老を食べに行っていました。もちろん「偽善の会」同志である、ハギノリ様にお会いするのが主目的。でも、古ツアさんの記事を片手に、うろうろ古本屋を探し歩いていたのも事実。
静岡古本レポは奈良から戻って書け・・・るかわからんが、清水書店は無くなってました。
何の張り紙もなかったけれど、古い本箱が数個、ガラス戸の向こうに見えた。「値段がついていない本の棚」を見て、すっとぼけたオヤジさんに「これ、いくらですか?」って聞きたかったなあ、残念。
静岡、栄豊堂書店古書部と安川書店は健在。安川書店では、痕跡本を買ってきましたよ!
(五つ葉症候群・・・?)

それはさておき、とり急ぎ、12月の出店ご案内をば。

★奈良一泊一箱古本市 in なら座★

12月4日(土) 12時〜18時ごろ

駄々猫舎、首都圏を飛び出しての初の「遠征先」は、前々から行きたいと思っていた「奈良」

もともと「奈良すきー」なので、カルラくん(阿修羅さまではなく)に会いにいったり、奈良博に行ったりはしていましたが、とうとう古本市参加だぜわーい(嬉しい顔)

たとえ持ち込んだ本が全部売れたとしても、片道の交通費にもならないって感じですが、「遊びに行くついでに本も売ってみる」「新しい古本仲間と知り合う」には良い機会だなと。

せっかくの関西遠征なので、古本市前後には、色々と企てております。まあ、どこまで実現できるかはわかりませんが・・・関西にはお会いしたい方も大勢おりますが、スケジューリングが大変すぎるので、今回は奈良と古本関係に絞らせていただきました、ごめんなさい。

詳細は↓
http://tamatehako.exblog.jp/11494891/

古本だけでなく、雑貨や食べ物も扱われるようなので、お近くの方は、是非足をお運び下さい。

★石英書房 冬の店内ミニ古本市★

12月17日(金)〜23日(祝) 10:30〜20:00(最終日は16時半まで)

一週間、田端の石英書房さんの店内に、4店が箱を並べます。

石英さんは一人店主でママ業も忙しいということもあり、通常は営業日時が限られていますが、この期間は、「出店者が交代で店主代行を務める」システムで、かなり長時間オープンしています。

今までなかなか石英書房を訪ねられなかった方も、この期間はチャンス!
是非、石英書房の充実した棚と、石英書房応援団、仲良し店主たちの箱を覗きにいらして下さい。
どすこいフェスティバルさんには男性もいらっしゃいますが、女子力炸裂ですよ、たぶん?!

まだ店番シフトが決定していませんが、直前には告知できるかと思います。
駄々猫は、この期間はなるべく用事を入れず、店番以外の時間でも、お友達がいらしてくださるなら駆けつけるつもりでいます。

「この日に行く!」と決められた方は、是非ご一報下さいまし。
駄々猫箱のラインナップは、直前までにはブログアップ予定です。(一部かも知れないけどねー)

詳細は↓
http://d.hatena.ne.jp/cloudy23/

トップ記事が古本市と関係ないこともありますが、サイドバーのタイトルなどから探して下さい。

さて、実はこの他に、フリマの予定と委託の予定があります・・・それで忙しさに拍車がかかっているわけですが・・・詳細決定次第、またこちらにてお知らせします。
posted by 駄々猫 at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 駄々猫舎ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。