2010年07月13日

仙台>庄内の旅2★仙台一箱古本市 後編

>>>前編の続き(読んでいない方は、どうぞ前編からお読み下さい)

わめぞブース同様、「東京で買えるから」と購入はしなかったけれど、ドンベーブックスご夫妻にご挨拶。
「行きます」との連絡もしていなかったのでお二人、「え?」「あれ?」と軽く驚いてくれて、ちょっと嬉しい。(サプライズ好き)
東京から今朝の新幹線で着いたとか、荷物は事前に送ったとか、1泊付新幹線往復プランが安かったとか、「今後出店するとしたら」(<するのか?)のあれこれ情報をいただく。

東京外だからこそ、ミスター一箱=ナンダロウさんの店古本けものみちも覗きたかったのに、近くまで行った2回ともタイミングが悪く、取材の真っ最中だったふらふら

仙台短篇映画祭(仮)では、可愛い女子メンバーたちに薦められて、本ではなくちらしセットを購入。
「じ、じみぃの呪い・・・」とかつぶやきつつ。(<わかる人だけわかって!)
隣に来たお客さんに、みうらじゅん本を勝手に薦めたりもして。

映画友の皆様へ>仙台短編映画際、9月開催です、行って下さい!

店名を把握しないまま、2店でそれぞれ文庫を1冊ずつ購入。いずれも感じの良い女性が対応してくれた。
「男性店主には近づきにくい」わけではないし、「愛想良くして欲しい」わけでもないけれど、全体的にやはり女性の方が接客上手だと思う。

まあ、「あれこれ話しかけられたくない」ってお客さんもいるから、良し悪しはともかくとして。
せっかくの対面販売なのだから、個人的には「それ買ったばかりなんですよ」でも「●●さん、お好きですか?」でも、なんかちょっと話しかけてもらえると嬉しいな猫

★ブックブック仙台ブース★

仙台BBS事務局.JPG

屋外カフェ風になっている場所に本棚もあり、火星の庭さんはじめ、いくつかのお店の本が並んでいた。
私が行った時には、かなりの本が売れた後らしく、隙間だらけ。
欲しい本に価格スリップがなかったので(お客さんが勝手に見る方式だから、落ちてしまったのかな?)スタッフの方に聞いたら、忙しい中、とても親切に対応してくれた。

スタッフがお揃いの赤エプロンって良いアイディアだと思った。
色が目立つし、わからないことを誰に聞けばいいのか一目瞭然で。

★Makeby’s Cafe★

仙台スコーン.jpg

咽喉が渇いたこともあり、出張カフェで一服。
コーヒー、スコーン&クリーム、ピクルスのセットで600円。
ボリュームからすると、ちょっと割高感があったけれど、コーヒーも、スコーン&クリームもとても美味しかった喫茶店

★うさ蔵★

バスの時間も迫ってきたので、「もう行かなくちゃ」と思いつつ、名残惜しく最後に覗いたお店。↓看板に惹かれて。

仙台うさ蔵.JPG

「うさぎが好きなんですか?」
「はい。でも好きすぎて、うさぎ本は売れなくて・・・」

並んだ本たちは、私の守備範囲とはやや違っていたけれど、「ここで買い収めにしよう」と真剣に1冊選んだ。珍しく、料理本ではなくミステリの方で!

和紙で作られた、うさぎハンコ付カード入れをプレゼントしていただきました、嬉ハートたち(複数ハート)

ちょいと時間オーバー気味だったので、慌ててバス停まで早足、汗だくに。
滞在時間は本当に短かかったし、全部は廻りきれなかったけれど、深い満足感と重たくなったバッグを抱えて庄内へ向かったのでした。

ただ、仙台を堪能したとは言えないので・・・その内ゆっくり、火星の庭さん他、古本店や雑貨店、カフェ巡りをしたいものです。

>>>庄内の旅に続く
posted by 駄々猫 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 古本市・古本屋訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。