2010年05月14日

第10回しのばず一箱古本市★反省、残念だったこと編

PC絶不調(5年も使ったというべきか、5年しか使ってないのにというべきか・・・でも今壊れられるとマジ困る)ですが、続きです。

反省、残念だったこと編

・駄々猫舎Tシャツに余り気づいてもらえなかった

日陰で風もあったし、ちと肌寒かったんですよねえ。七部袖の上からTシャツを着ていたのだけれど、上着を羽織ってしまっていたもので。「ほらほら〜!」と見せない限り、気づかれていなかったような。
みちくさ市は「しま猫舎」出店なので、このシャツは着ません。次に着るのは、いつになるかな?

・痕跡本ツアーに参加したかったなあ

出店者側にいたので仕方がないのですが。痕跡本好きとしては、ちと残念でした。またどこかで機会があることを願っています。

・2日の方の出店時に、リストにあった本を持っていけなかった

「やっぱり本を読む人々。」メンバーのお薦め文庫リストがありまして。こちらはリストの本を揃えたわけではなく、参考というかSNSの存在アピールのための配布リストだったのですが。
リストアップされた文庫本で、持っている本があったことに、出店時に気づきました。
はい、予習を怠っていたわけですねーーー。

言い訳すれば、自分の店の出店準備で精一杯だったのも事実ですが。
モンガさんは、自分の出店を諦めてまでグループリーダー(世話人、まとめ役)をやってくださったわけで。
それほど活動的ではないにしても、「お手伝いします」と立候補した時点で、もそっと気合入れて望むべきだったかなあと。


こんだけ? こんだけか?
時間が経ってしまったこともあるし、なにせ楽しくて充実感で一杯だったので、あまり反省点を思いつかない。

トーク炸裂だったので、お客様によっては「うるさい店主だなあ」「押し付けがましいなあ」と思った方もおられたかも。
そう思われた方には、申し訳ありません。

リスト、「いらない」って方もおられましたが、本当は要らないけれど断りにくくて受け取ってくださった方もいたかもなー。すみません。

でもまあ、そういうのは相性みたいなもので。
万人に好かれようなんてずうずうしこたぁ思わない。

なんだか怒涛の出店をしているもので、ずっと前から古本市に参加しているような錯覚を起こしていますが。

駄々猫舎、まだ一年も経っていないのです、デビューから。
今年の7月でやっと一周年なのです。
まだまだ学ぶことが多いのも、当たり前だよなー。<自己肯定

そんなわけで、まだまだ発展途上の駄々猫舎ですが、「習いつつも慣れろ!」方式で、今後も積極的に出店して行きたいと思っております。

皆様、今後もどうぞよろしくお願いします。
posted by 駄々猫 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。