2010年04月19日

第7回「ふるぽん秘境めぐり」に参加します!

第7回「ふるぽん秘境めぐり」@神保町ブックダイバー

4月20日(火)〜24日(土)

11:30〜20:30(最終日は18:30迄)


みちくさ市に続き、しま猫舎(しましま書房+駄々猫舎)での出店です。

先ほど、出品本の搬入、セッティングを終えてきました。
女子市の時よりかなり早く終わり、「おしゃべりがないからね」とか言われたりして。

確かに、並べる本にしても、準備する手際の良さにしても、皆さんプロっぽいなあと感心しきり。
どうも場違いな感じが否めませんが、まあ、とにかく明日からスタートです次項有

5日間開催なので、期間中、お時間がありましたら、是非お立ち寄り下さい猫

ただ、今回の駄々猫出品本は、今までになく「渋い系」のセレクトになっていますので・・・今までの感じを期待されると「あれ?」ってことになるかも。

先日ちょろっと書いた通り、ミニテーマが「詩人、歌人、画文家の本」

作家名だけ挙げますと。

金子みすず、谷川俊太郎、吉野弘、伊藤比呂美、茨木のり子、小池昌代、時実新子、穂村弘、枡野浩一、東直子、おーなり由子、大田垣晴子、益田ミリ、さかざきちはる、杉浦さやか、kmp、など。
加えて、斉藤美奈子、嵐山光三郎、佐野眞一、酒井順子・・・。

なんというか、純粋な小説家、小説だけ書いている(たまにエッセイぐらいは書く)作家さんの本がほとんどありません。

一回そういうのをやってみたかったので、今回やや強引にまとめてしまった感じ。

ちゅうた&テツ本(哲学思想暴動系? 同じような本がダイバーには多いように思われます)の割合も、やや多めです。

リストには100冊ぐらい載せているのだけれど、全部持っていったわけではないので。
「隙間があいたら補充する」ってことで、22日と23日にお店に行って、補充したり価格を下げたり、ひょっとすると本の入替えをする予定。

価格帯は、100円〜500円、新しめのムック本2冊だけ600円

日本の古本屋とスーパー源氏を参照しつつ、リアル店舗も見つつ、ブックオフとアマゾンもチラ見しつつ、自分の思い入れを加えて考えた、それでも良心的な価格設定にしたつもりです。

「え?ちょっと高くない?」と思う本があったら、絶版本か、ちょいレア本、または出版年が新しい本のはず。

24日(土)は、天気が良ければ、ダイバーから5分もかからない場所にあるカフェフルーク「路地裏ブックマルシェ」に参加しています。

こちらについては、また前々日ぐらいにご案内予定ですが、ダイバー出品本とはまったく毛色の異なる世界が展開する予定ぴかぴか(新しい)

守備範囲が広すぎる・・・かexclamation&question
posted by 駄々猫 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本市(出店・参加) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。